再度思うYouTubeのあり方

更新日

再度思うYouTubeのあり方

おはようございます植田雅俊です。

これまで YouTube の事に関しては色々と書いてきましたが YouTube に関してものすごく不信感を持っているというのは言うまでもありません。10月には私自身のビジネスからユーチューバーを排除すると言ったことは何度も書いたように自分のビジネスと関係のない人間が本当にコメント欄であれやこれやと言うのはお門違いということで自分のコンテンツを発信しているのになぜ YouTube がこのような連中を排除しないのかという風に思いました。

コメント欄に関してはいろいろなことを書くのは自由ですが自分のビジネスに全然興味のない人間が来ても1円のメリットにもなりません。私自身も強く思ったのですが YouTube のあり方とは何かそしてユーチューバーというのは何かということを改めて考えさせられました。存在意義というのは何かということですね。本当にユーチューバーご自分はやっているのかそれともブロガーなのかどちらをやっているのかということにも悩んだこともありましたが自分はあくまでもネットビジネスをやっている人間です。自分のプロフィールを見ればわかるように著述家、アフィリエイター、情報販売というふうにこのように最近は書いていますが自分の仕事は主にこの三つを中心になっているのでユーチューバーはあくまでもサブに過ぎません。 YouTube の存在意義というのは活用方法を模索しているといったところでしょうか

 

 

もうあなたは悩む必要はない

 

あなたがユーチューバーだったとしたら私は悩む必要はないというふうに思っています。今の YouTube を見ているとあなたもご存知でしょうが反吐が出るような動画を作っていると言っても過言ではないでしょう。ユーチューバーが逆にブログを書くことを嫌いますし私自身は本当にやるやる詐欺みたいな人間がどれだけ YouTube にいるのか知らないですが基本的に自分のビジネスを行ってきた中でもフレンドエネミーについては先ほどの記事にも書いたようにこのようなタイプにまんまと騙されたというのも一番悔しかったという風に思っています。

つまり YouTube の存在意義というのは自分にとってはあくまでもビジネスの一環に過ぎないということです。ビジネスの一環に過ぎないということはビジネスの一つとして使っているだけに過ぎず収益化はできればラッキーというような感じでしょう。ウームのような事務所に入る、そんなことは100%にないでしょうけども自分自身は自由でネットビジネスをやりたいというのをコンセプトになっていますので自分のコンセプトがぶれてしまうとまたフレンドエネミーに近づかれてやられるだけです。あなたが YouTube を使う存在意義それを知ってほしいですね。

 

YouTube なしではビジネスはできない

 

YouTube なしではビジネスできないのは当たり前ですが YouTube の使い方を少し変えれば YouTube はものすごく戦力になるということを覚えておいてください。どのような使い方がいいのかは人それぞれ違いますしおかれてる環境も違うのでここでは何とも言えませんが私自身は動画を使って色々と今はやっています。ここではお話できませんがトラフィック生成に関することを今は YouTube を使って実験していますがこれを言ってしまうとフレンドエネミーがどこで邪魔をしてくるか分かりません。

ですので私自身は絶対に言わないです。そしてあなた自身も少し考えて欲しいことがあります。それはまず YouTube を使ってどのようにビジネスを展開するということかということですね。 YouTube を使ってビジネスを横展開にするということは非常に大変なことかもしれませんか、私自身は本当に YouTube をうまく使っていろいろとやっています。

 

健全な動画あげてこそ意味がある

 

何度もお話ししていますが健全な動画をあげられないユーチューバー、私は最悪だという風に思っていますしこういうユーチューバーのおかげで結局誰が一番迷惑を被るのか考えていただきたいなという風に思ってます。真面目にコツコツとやってきた人間が一番迷惑を被っているそれは本当にネットビジネスをやっている人間から見るともはや人格否定されたようなものであり YouTube という中でえらく口だけ番長とかフレンドエネミーのようなタイプの人間がいるということはどんなに健全な動画をあげたとしても全然面白くないという風に言われると胸糞悪くなってきます。

だからこそ私のビジネスからユーチューバーを排除したということです。私は基本的にネットビジネスをやっている人間ですしもちろん YouTube を使ってビジネスをやりますが最初から人を不愉快にするような動画を垂れ流してビジネスと言えますかね。そんなものはビジネスって言わないんですよ。ビジネスっていうのは本当に人に感動を与えるという風に言っておきながら健全な動画が作れないような人間に対して私は自分のビジネスに悪影響が出てくる人間を徹底的に排除します。

 

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です