YouTube

YouTuberがアマゾンビデオダイレクトを避ける理由

更新日

geralt / Pixabay

 

こんにちは植田雅俊です。

動画といえばユーチューバーというイメージが強いですか、私自身はアマゾン ビデオダイレクトも視野に入れています。なぜかといえば Amazon ビデオダイレクトは今後 YouTube のようなサービスを始めてくるからです。昨年から色々と噂されていますがすでには Amazon は Amazon Video Direct というものを進んでいますがおそらくこの中に YouTube のようなサービスを組み込む可能性が非常に強いです。

となればユーチューバーは Amazon ビデオダイレクトに移行するかと言うと私は移行しないと思います。理由は色々ありますがユーチューバーの中でも移行する人と移行しない人の二つに分かれたのではないかと思います。

 

Amazon Video Direct と YouTube の収益化は仕込みがそもそも違う

 

Amazon Video Direct と YouTube はそもそも仕組みが違うので言うならば私自身は Amazon ビデオダイレクトの方がいいと思うのは、 Amazon ビデオダイレクトでもちろん YouTube のような収益システムはありますが Amazon ビデオダイレクトはどちらかといえば動画を販売するということができます。そして Amazon プライム会員向けにビデオクリップという形でコンテンツの配信もすることができるということで収益化の形というのは圧倒的に Amazon ビデオダイレクトの方がいいと思います。

しかし YouTube の場合はどうでしょう。 YouTube の場合は収益するまでが大変で、チャンネル登録者1000人以上、総再生時間が4000時間をクリアしなければいけないという条件がありますので結局のところただ働きをしているような感じがしてたまりません。かといって Amazon ビデオダイレクトに全ての人がシフトするかと言えばそうでもないです。

 

税金の問題がある

 

 

Amazon ビデオダイレクトの場合は自分の作った動画が世界中で発信することができるのですが、 YouTube は日本国内のみです。また税金面の問題があるというのは Amazon Kindle をやっている方はご存知と思いますが「税に関するインタビュー」を必ずやらなければいけないということです。

これがネックになっているのでしょう。大抵のユーチューバーはこれがネックになっているのでおそらく参入してこない理由はここにあるのではないかと思います。私自身は別に Amazon ビデオダイレクトに参入しても構いませんかまだ YouTube を使わせてもらう以上はユーチューバーのままでいたいと思います。この税金の問題は非常に大きなウエイトを占めると思います

 

動画に審査がある

 

 

Amazon ビデオダイレクトは一本一本の動画に審査がありますが YouTube の場合は支援差がありません。ここが決定的な違いでしょう。1日1億本と言われる YouTube ときちんとした動画審査をしている Amazon ビデオダイレクトでは全く話にならないのはこの部分だと思います。

Amazon Kindle をやっている方ならご存知かもしれませんがすべての電子書籍は審査がありますので Amazon ビデオダイレクトも同じようにきちんとした審査があります。動画ごとですのでどれくらいで審査がおりるかどうかはわかりません。質の良い動画を作るためにも Amazon ビデオダイレクトの方が私はお勧めだと思っています。品性の悪い YouTube の動画を作るよりも動画を売るという意味で作るのであれば Amazon ビデオダイレクトお勧めします

 

好き勝手な動画が作れない

 

 

Amazon ビデオダイレクト動画をの作り方は YouTube よりもはるかに難しいです。ある人はドキュメンタリー映画のようなものを作るといったような感じですが、私2歳が見る限りでは10分ぐらいの動画もあれば25分の動画もあったのでどちらかと言うとドキュメンタリー風の映画をかもう買ったというのではないかと思います。やはり私は Amazon ビデオダイレクトに参入するべき理由はユーチューバーの品性の悪い動画を観たところで何の意味があるのでしょうか。

YouTube が健全化どころかどんどん悪くなっているということはよく聞きますが逆に言うならば Amazon ビデオダイレクトの方がまだマシです。著作権侵害がないとは言い切れませんが動画一本一本にそれなりの審査があるのであればAmazon ビデオダイレクトを選ぶべきだと思います。好き勝手な動画が作れないというのが Amazon ビデオダイレクトのメリットであり YouTube はどちらかと言うと好き勝手な動画を作っても報酬が得られるいい加減なところだと私は思っています。

 

Amazon ビデオダイレクトに期待すること

 

 

Amazon ビデオダイレクトがもっと進化すれば YouTube のような収益化プログラムもできてくるでしょう。ただ現状ではまだまだ認知度が低くハードルが高いというのが現状ではないでしょうか。巷で噂されている Amazon チューブというのが日本に来る日もそう遠くはないです。

私自身は Amazon が YouTube のようなサービスをすれば間違いなくユーチューバーの大半が Amazon ビデオダイレクトに流れていることは言うまでもないと思います。しかし現場を見ている限りではまだまだ意見は行かずに別れると思われます。

 

 

YouTube投稿&集客 プロ技セレクション (今すぐ使えるかんたんEx) [ リンクアップ ]

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です