サッカーワールドカップロシア大会日本対ポーランド結果的に負けたけども

mobinovyc / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

サッカーワールドカップロシア大会日本対ポーランドは残念ながら日本が0-1で負けたが、結果的にはフェアプレーポイントで日本が決勝進出ということになったのですが、これはあくまでも棚からぼたもちという感じで私自身はまだまだ反省するべき点があると思います。西野監督になってから色々とサッカー界も変わってきていますが今回の試合はまさに結果的には負けたとしても反省するべき点は反省してほしいと思います。

 

日本は結果的に負けていてもおかしくはなかった

 

 

今回ポーランド戦は確かに負けたかもしれませんが、結果的にはフェアプレーポイントで何とかセネガルがあるよりも上に行ったので決勝トーナメント進出になったのではないかと思います。しかし厳しい意見もあるのではないかと私は思うのですがそれに負けないぐらい試合をしたので次の反省点にするべきではないかと思います。やはり試合というものはやってみないと分かりません。

もしセネガルが一点でも入れればどうでしょう。この試合は完全に負けていたかもしれません。サッカーワールドカップはそれくらい厳しいのです。ですから個人的に言うならばこの試合は勝ってほしかったという風に思っています。

 

意見は色々と分かれますが

 

 

意見は色々と分かれると思いますが、こんなところで批判をしたところで何の意味があるのでしょうか。やはり選手が必死になってサッカーをしているのにネットで批判をしたところで何も意味がありません。国を背負って試合をするということはどれだけ重要なことでしょう。選手たちは日の丸を背負って自分たちの責任がどれだけ重大かということを考えて言っているのは当然です。だからこそ何があっても決勝トーナメント進出というのはやらなければいけないのです。

確かに私から言わせてもらえれば棚からぼたもちというような感じかもしれませんが、それでも決勝トーナメント進出をした事には間違いはありません。ですので今回色々な意見があるとは思いますが、それらの意見も選手から見れば当然受け入れることでしょう。

 

いい試合だったかもしれない

 

 

今回の試合はひょっとしたらいい試合だったかもしれません。観る側からすれば「何やってんだよ」と言いたくなるかもしれませんが、それでは日本はよくやったのではないかなというふうに思っています。私自身は日本を応援していますので当然ながら今回の決勝進出は結果的にはポーランドに負けたとしてもよくやった方ではないかというふうに思っています。

もちろん納得のいかない人もいるのではないでしょうか。勝って決勝トーナメント進出という方法が一番理想的ではなかったかと思います。しかし相手も必死になってきますからそう簡単にはいかないでしょう。だからこそオールジャパンで頑張っていけばいいと思います。ファンも選手も一体になって。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です