グーグル検索

グーグルが医療分野を検索から削除した理由

更新日

 

(2018年10月25日更新)

おはようございます植田雅俊です。

Google は医療分野に関してはかなり削除しているようですがこれはどういうことでしょうか。私が思うには Google は医療系のブログを書くと根拠もないことだからということで検索に上がってこないという風にしているのではないでしょうか。個人的に書けば抗がん剤は全く効かないという風に書いても Google にインデックスされないようにしているというのはおそらく何かの圧力ではないかと私は思っています。つまりこれがフェイクニュースだということを言いたいのでしょう。

Google にせよ YouTube にせよ都合の悪い情報は即座に削除したがる会社です。そういった会社に日本人は依存しすぎているのでまさに Google 依存と言っても良いのではないでしょうか。我々はそんな社会の中で入っていますから絶対に Google とは何かの関わりを持っているとしか思えないのです。そんな中で Google が医療分野を削除したということは既に無意味な医療だということを検索している人がたくさんいるのではないかと私は思っています。

つまり病院にとって西洋医学の無駄というのがだんだんと分かってきた時検索ユーザーがもはや病院を信用しないという情報を色々とネットでアップしている人が多いとなれば Google は躍起になって削除してくるのは間違いないでしょう。だからこそ Google は医療分野に関してかなりの確率でキュレーションサイトなどを削除したのです。確信犯的なことをしているのはまさに Google の方ではないかと私は思っています。

 

事実を削除したがる連中

 

Google はまさに事実を削除したがるような連中です。 Google の検索エンジンのアルゴリズムは常に変わっていますがそれまでやっていたアルゴリズムが全く通じないということは検索エンジンも所詮人がやっているということなので知られたくない情報がそこにあるとするならば即座に削除されるでしょう。削除されなくても上位表示されていたものが圏外に飛ばされてしまう、これはよくあることです。私も検索エンジン対策を結構やっていた中で医療系のサイトはほとんどが圏外に飛んでしまいました。

となれば Google が意図的にあったとしか思えないのです。医療分野にとって知られたくない情報がどんどんとネットにアップロードされそれを嫌う連中がいるんではないかと思われます。そうなれば不都合な真実というのがありますね。そのあり本当の情報が Google からは得られなくなるということでありなおかつ間違った情報があたかも本当の情報のようにすり替わるということがあってはならないことなのですからね。

 

SEO 対策をいくらやっても検索エンジン対策に答えはない

 

SEO 対策をいくらやったところで検索エンジンに Google がアルゴリズムを突然変えてしまえば水の泡でしょう。そのようなことを知っていても結局検索エンジン対策のノウハウが出回ってしまっているとなれば利用分野だってされてしまう可能性があるということはつまり無言の圧力で医療分野のことは書くなと言ってるようなものです。本当に私はこの事に関しては頭に来ていますし事実を隠蔽しようとしている Google のやり方に関しても色々な意味でおかしいと思います。

本当に起業分野にも役に立つような情報を発信すれば問題はないのになぜかそれが圏外に飛んでしまうということはまさに彼らにとって不都合な真実はそこにあるとしか思えないのです。不都合な真実とは何でしょうか。2018年8月現在で言うならばもはやがん治療が治るということです。しかし Google で検索してみると色々な情報が出てきますよね。ですがその大半はでたらめだという人もいますがそれで SEO 対策やったとしてもおそらく消されるでしょう。相手は質の悪い Google ですからね。

 

情報発信するのに医療分野は何もない

 

情報発信をするということは有益なコンテンツを提供するという意味で現在のコンテンツ SEO が終了になっていますが例えば医療分野であっても有益な情報を発信することに何が悪いのでしょうか。なぜ Google は医療分野だけを検索結果から消すのでしょうか。私にとっては不都合な真実がそこにあるそれは間違いなく言えることです。彼らが消したがるような事実例えば医療利権でしょう。医療利権を守りたいからこそ Google がまたは YouTube が医療関係の記事や動画を削除しまくっている理由の一つはまさにそこです。

「真実の知られては困る」

私自身に見えることはおそらくこの一点だと思います。ふざけた事ばかり言っているようですが検索エンジン会社というのは常に自分たちでコントロールできるので気に入らないことがあればなんちゃらアップデートとかって言ってすぐに消すこともできますので検索エンジン会社というのは特に質が悪いですね。

 

まとめ

 

いずれにしても Google が医療分野のことを消したということは間違いなく Google に知られたくはない真実がそこにあったのでしょう。ということは検索ユーザーが抗がん剤などが無意味だということに気付き始めてそして Google で一斉に調べたのではないでしょうか。また YouTube でもそのような動画がアップロードされていますがおそらく検索ユーザーが Google にインデックスされるのを恐れている医療系の記事や動画がされてしまったということがあるとなればこれは死活問題です。

彼らのやっていることはまさにたちの悪いことばかりではありません。医療利権を守るためならば何でもやっていいのかということです。私自身はこういった会社を本当に許さないですし言論表現の自由があるような国でもこうして検索結果から除外するというのはいかにもおかしいなやり方だと思っています

 

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です