電子書籍

Amazon Kindleで成功する方法

更新日

Pagebilder (1)

こんばんは植田雅俊です。

私は Amazon Kindle で電子書籍を100冊以上出していますが Amazon Kindle で成功するためには何が必要かといえば基本的には数をこなすということです。これはブログと同じように数をこなさなければ絶対に稼げないということは言うまでもありませんが Amazon Kindle に参入する人は最近多いです。電子書籍というのは一冊あたりの文字数が1万文字から2万文字という風に言われていますがブログが書けるようになればこの電子書籍も簡単に出せます。もちろん誤字脱字があると思いますがそれはあまり気にしない方がいいと思います。

完璧さを求めすぎると必ず失敗します。私もそうでしたが完璧さを求めすぎて電子書籍が書けなかった時期がありましたし完璧主義を唱える人もいますがそんな人が電子書籍を出せるわけがないです。完璧主義者と一緒にされたくないので今回は Amazon Kindle で成功するための話をします。

 

 

とにかくブログを書く

 

ブログを書くということは一見 Amazon Kindle と何の関係があるんだという風に言われるかもしれないですが、 Amazon Kindle で電子書籍を出すためにはブログで土台を作るということが一番重要です。つまり Amazon Kindle は電子書籍ですが一つ言えることはブログをパッケージ化したものが Amazon Kindle であるということを理解すればブログを更新し続けることができればあなた自身はバリエーションの効いた電子書籍が出せるでしょう。ブログというのは電子書籍を書くための基礎段階の部分だという風に思えば練習にもなりますしアフィリエイトにも応用ができます。ですので本当にブログをまず継続して書くその練習段階として私自身はブログを3ヶ月書きましょうということを常に行っています。

ブログが書けるようになれば必ずアフィリエイトは成功しますし個人的にあなた自身のスキルもアップします。ですのでアフィリエイトをまずやるためには何が必要かということをしっかりと考えてブログをどんどん更新するということが重要ですね。ブログ書けるようになれば自然にアフィリエイトも電子書籍をできるようになるのでまずは書く練習をしましょう。

 

どの分野で勝負するかを考える

 

あなたがどの分野で勝負するか電子書籍の売れ行きというのはこの部分が大きいですね。電子書籍が売れる売れないというのは本当にこの分野が一番大きいという風に私は思っていますが、電子書籍の参入分野を間違えると売れ行きが全然良くないところかモチベーションが下がってしまうのでできるだけあなたの得意分野でやるという風にしてください。あなたの経験談などももちろんいいですね。経験談ならば絶対に書けないということではないのであなたの経験談なども書くと良いでしょう。

ネットビジネス関係が一番無難だと思いますが私自身はネットビジネス関係のことばかりを書いてきました。その中で一番売れたのがブログのことでしょうか個人的にブログが書けない人やアフィリエイトで稼げない人などがやはり多かったので個人的にこの部分が成功したのかなという風に思っています。ですので大事なことは何かと言うとやはりアフィリエイトの部分が大きなウエイトを占めていたのではないかなという風に思っています。

 

カバーをサクッと作る

 

電子書籍の売り上げはカバーで決まると確かに言われていますが私自身はカバーをシンプルに作った方がいいと思います。それは凝ったカバーでももちろんいいのですがシンプルなカバーでもそれなりに電子書籍の中身が良ければ売れています。また価格帯も色々とテストした結果一番いいのは299円から399円の LINE が一番売れやすいというのが分かります。あまり痩せすぎる電子書籍というのはいかがなものかという思いますが私自身は報酬をまず第一に考えているので自分自身がまず考えるのは報酬をアップさせるためにはどのような方法が良いのかということを考えますね。

それであるならばカバーをサクッと作る方法が一番いいでしょうしこったカバーであれば業者に頼めばいいかもしれませんがそれなりにお金がかかるので自分で作った方がいいです。今ではキャンバーを使えば簡単に作れる時代ですのでそれほど難しいことはありませんが他にも色々な方法があるのでカバーにこだわってみましょう。

 

価格帯を考える

 

先ほどもお話ししたように価格帯を考えると私自身はやはりしっかりとした価格帯をまず考えるのであれば299円から399円のラインを考えた方がいいでしょう。 KDP セレクトに入るかどうかといえばもちろん入った方がいいです。圧倒的に売れているのは KDP セレクトに入っている電子書籍がほとんどです。これは2段階の収益システムがあるからこそ完全に売れていると言っても過言ではないです。ですので私自身は基本的に価格帯が一番重要かなと思いますしあまり高い値段をつけすぎても意味がないです

まずは価格帯を考える KDP セレクトに入っているのであれば400円 ライン も狙ってもいいと思います。とにかく価格帯にあった電子書籍を出すというのが一番いいでしょうし改訂版を出していくというのが一番いいのではないかという風に思っています。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です