世界はアマゾン中心に動いている

geralt / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

あなたは Amazon を使っていると思いますか、 Amazon を使わないという選択肢はおそらくないでしょう。世界最大のネットショップである Amazon がこの世からなくなるということはまずありえないと思います。 Amazon はアメリカではかなり進んでいると言われていますが日本でもおそらく考えられないサービスをするのではないかと思います。 Amazon GO が日本に来ていない近未来 Amazon に全ては奪われてしまうような2代がひょっとしたら来るのかもしれません。

Amazon のロゴが意味すA→Zの意味がいずれあなたにもわかることでしょう。Amazon はすごい勢いで莫大な投資をして事業を拡大しているのです。ですから今後もみ話せないということは言うまでもないと思います

 

 

アマゾンのサービスはどんどん増える

 

 

Amazon はもともとネット書店としてスタートしましたが、今ではいろいろなことをやっています。 Amazon プライムなど本当に色々なことをやっているので私自身も驚きました。宅配サービス、 Amazon Kindle などたくさんのサービスをやっているということで本当にこれから先 Amazon に依存してしまう社会になってしまうのではないかと思います。Amazon バンドリーなど私自身もまだ利用したことはありませんが独身車になればなるほどアマゾンで買い物をするということもあり得るのではないかと思います。

アマゾンのサービスがいいのはプライム会員とにかく安いという部分があるのではないかと思います。これは日本だけの話であり他の国ではおそらく安くはないと思います。自分自身もそう思いますけどとにかくはっきり言えることは Amazon がどんどんと大きくなっているということは間違いないでしょう

 

 

Amazon Kindle が日本に来てから5年私自身も電子書籍作家になって色々と変わりました

 

 

Amazon Kindle が5年前電子書籍を日本に黒船のように持ってきてから5年になりますが、それから本当にちょうど5年になってから色々と思ったのは時間の経つのが本当に早いなあというふうに自分では思います。とにかくはっきり言えることは Amazon が色々なサービスを展開している中で Kindle は今はもうはやアフィリエイターでもやっているぐらいですからこれから先 Kindle をやる人がどんどん増えるのではないかと私は思います。

日本でも電子書籍ブームはこれから広がるという風に言われていますが実際はどうでしょう。やはり実際にやってみないとわからない部分もありますが電子書籍がこれからどんどん広がっていってほしいなという風に思うのは私の願いかもしれません。

 

 

噂される Amazon チューブ

 

 

これは噂されているだけの話かどうかわかりませんが確実に言えることは、 Amazon が YouTube のようなサービスを展開するということかもしれません。テレビでは商標登録をしたという部分だけしかわからないのでおそらくサービスを展開するのではないかという風に思いますが、これはアメリカだけの話ではないかと思います。日本ではおそらく数年先ではないかなという風に思います。また Amazon ビデオダイレクトが少し緩和されてくるのではないかなっていう風に思いますし個人的には Amazon ビデオダイレクトのハードルがもう少し低くなればいいかなという風に思います。

現状では Amazon チューブを期待する人は多分多いのではないかと思いますが、私自身も Amazon チューブをものすごく期待している方なのでとにかくしっかりとしたことが言えるまでこのことについては情報発信をしていこうと思います。

 

 

Amazon は税金を払わない

 

 

Amazon は税金を払わないことで有名らしいですが、日本の場合を例えると日米租税条約という壁がありますのでこれは Kindle をやっている人がならばわかると思いますが、日米租税条約のおかげで Amazon Kindle は OK を受けているという風に言ってもいいのではないかと思います。しかしこの部分を取り払ってしまうと本当に私自身も困るので余計な手続きをしなければいけないということになればとんでもない話になるのでやはりアマゾンをやることはすごいと言うしか言えないでしょう。

しかし本当に税金を払わないというのは確かに悪いことではありますが、 Amazon だけではありません Apple も Google も同じではないでしょうか。そんなことを言い出せば訳グローバル企業はみんな払っていないというだけの話なので Amazon を敵対視する人間がこのようなことを言ってしまえば結局終わってしまうだけなのでそれでは何の意味もありません。こういった日米租税条約の影は仕方がないと思いますね。

 

 

やっぱり良かったと言えるのだろうか

 

 

日本人の8割ぐらいが Amazon に依存していると言われていますが、今や Amazon なしではまさに何もできないという状況ですね。やはり Amazon 一強の時代だからこそ大手 IT企業もいろいろな意味でも
生き残りをかけてやっているのではないかと思います。 YouTube をこの先何年残るかわかりませんが Amazon が YouTube のようなサービスをしてくるとおそらく YouTube に依存している人たちも Amazon にシフトするのではないかと私は思います。

Amazon がどんどん伸びてくると怖いですね。

 

 

Fire TV Stick (New モデル) | amazon amazonビデオ netflix hulu youtube AbemaTV DAZN dTV インターネットtv 映画 海外ドラマ Bluetooth ブルートゥース ムービー シネマ

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です