電子書籍

Sigilというツールは難しくはない

更新日

 

(2018年10月14日更新)

こんばんは植田雅俊です。

 

電子書籍マーケティングにおいて 電子書籍を作るツールというのはいろいろありますが私は Sigilというツールを使っています。このSigilというツールですが 電子書籍を編集するためのツールでありなおかつ非常に英語圏のマーケッターは結構使っているそうですが日本では結構嫌われているツールです。 どちらかと言うとでんでんコンバーターの方がかなり良いらしく 電子書籍を EPUB に変換するツールとしては 私はこのツールが一番いいかなと思っています。

Amazon Kindle でこのツールが使える理由の一つは練習ができるということです。Sigilは昔は 開発が止まったということで色々と話題になりましたが今はバージョンアップをしているので開発が止まったということはありません。 またこのツールは EPUB 2と3の両方に対応していますので amazon Kindle 出す場合はどちらでも対応しているというところがメリットです。 私は基本的に EPUB 3で出していますので できればこれからの電子書籍が EPUB 3で出すとほうがいいでしょう。

なぜこのSigilに こだわるのかということを今回はお話をして行こうと思いますがこのツールのいいところは本当にたくさんあります

 

タグを直接編集できる

 

Htmlソースを直接編集できるので 電子書籍で不要なソースファイルがあると kindle の場合は審査がその時点で落とされてしまう可能性がありますので私自身は不要な タグなどを編集しています。 特に過去の経験から 改行タグなどは特に 審査に落とされる可能性が非常に強いので私自身はこのSigilを使って改行タグなどをしっかりと削除して 綺麗なソースコードで 電子書籍を出すようにしています。

案外これができていない人が多いかもしれませんから電子書籍を出すためにはこのようなSigilのようなツールがなければ行けないのです。 ですから私自身も このツールを使って色々と電子書籍を書いていますが 最初の頃はものすごく使い方がわからないので youTube を使って色々と検索をしていました。

ただ使い方がわかってくると本当に楽なものです。 自分自身はこのツールを結構使っているのでSigilには それほど抵抗はありませんがやはり日本人のほとんどはこのツールが結構嫌いみたいですね。

 

目次も自動で生成できる

 

 

やはりこのツールが一番いいところは目次が自動で生成できるというところですが大抵の場合は手動で生成しなければいけないというところですがSigilのいいところは 目次を自動化してくれるというところです。 ですからほとんどの場合は初心者の場合でも慣れれば簡単に出来ますし個人的に言うのであればこのツールはめちゃくちゃ初心者向けだと私は思っています。 この書初心者向けのツールが意外と 簡単に使いこなせるのになぜかでんでんコンバーターの方がいいというのはどういう意味でしょうか。

確かに日本人が作ったでんでんコンバーターがいいかもしれませんが私自身は全然コンバーターよりもSigilを使います。 自分自身がSigilを使ってきたように 電子書籍のほとんどはこのツールを使って作ってきました。 もちろん改訂版もそうですがこのツールがなければ 電子書籍ができません。 ですからこのツールは非常に強力なツールだという風に思ってもいいと思います。

 

 

Sigilは難しいツールではない

 

Sigilを難しいツールか何か勘違いしている人は多いですがそんな事はありません。 私自身が使っているので このツール自体がそれほど難しいことはないでしょう。 電子書籍の編集などに簡単に使えるので別に一太郎など要らないと思います。 ほとんどの場合はこのツールで片付けられるので あなたの電子書籍ライブも結構楽しいと思いますよ。

最初は確かに使いこなせないかもしれませんが だんだん電子書籍を出していくうちにSigilというツールの面白さに 気づくのではないかなという風に私は思っています。 ぜひあなたもこのツールを使ってみて電子書籍を出版してみてください。

Sigilの入手先はこちら

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です