YouTube

YouTubeチャンネル登録やったことはシンプル

更新日

mohamed_hassan / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

YouTube で収益化を図るためには総再生時間4000時間、チャンネル登録者1000人以上が条件となります。しかし私自身はこのチャンネル登録者がまだ1000人に行っていないので結構苦労しますかそれでも一か月で50人近く伸ばしました。チャンネル登録者を伸ばすというのは非常に大変なことです。毎日毎日動画投稿してもつまらない動画だったら全く伸びないでしょう。

では私自身がどのようにチャンネル登録者を伸ばしてきたのか教えて行きたいと思いますので是非参考にしてください。

 

10分以上の動画を作った

 

 

今までは YouTube で動画を作ると言ってもせいぜい5分ぐらいの動画を作っていましたが。視聴者側の視点に立つとやはり5分の動画で何がわかるのだろうかというふうに考えました。今は個人的には10分以上の動画を作るように心がけています。10分以上の動画をすることによって総再生時間が少しずつ上がっていますが。個人的にはまだまだかもしれません。一番肝心なのはこの総再生時間をあげるためにも動画を10分以上いたずら投稿することが大事です。

とはいえ中身がスカスカの動画では全く意味がないです。しっかりとした内容でコンパクトにまとめられそして簡潔に話しているコンテンツの方がいいのではないかと思います。まずは10分の動画を作ってみることをお勧めします。

 

YouTube ライブをやった

 

 

私は YouTube ライブを基本的にやりませんでしたか、この YouTube ライブを毎日やっていることでかなりチャンネル登録者が増えたということは間違いありません。 YouTube ライブを毎日やっているということはどのユーチューバーでもやっていますが2時間も3時間もすることはまずないです。私の場合は40分ぐらいが一番コンパクトにできるのではないかと模索しています。

今は最低でも10分以上 YouTube ライブをすることがありますが個人的に言うならばこのやり方の方が一番合ってるという風に思いましたのでショートライブとミドルライブをやっています。チャット欄をあまり使わないのは結局ダラダラとしてしまうということがあるからです。私は他にも仕事があるので YouTube をやるのは基本的に長くても1時間短くても30分というふうに決めているのでだらだらとするのはあまり良いことではありません。だらだらとするよりはコンパクトにまとめた方が良いのではないかと思っています

 

チャンネルを特化する

 

 

あなたは誰のために情報発信をしているのでしょうか。 YouTube でチャンネル登録者が増えない原因の一つが何の情報を発信しているのかわからないということにあります。私はこの点を改善してネットビジネスに関することを情報発信してきました。個人的に言うならばチャンネル登録者が誰であろうとネットビジネス関係の情報を発信することにしています。当たり前ですがこのやり方は間違いではなければ正しいわけでもないです。

ただひとつ言えるのは特化型チャンネルというのはしっかりと作りこんでいくということが大事です。しっかりと作り込んでこそ意味があるのではないかと思います。私自身などしっかりと作り込んでいる理由の一つはチャンネル登録者をコツコツと増やすことにあります。特化型にすることでチャンネル登録者は少しずつでも増えるのではないかと思います。

 

誹謗中傷のコメントは削除とブロックする

 

 

誹謗中傷などのコメントはメリットがないことは言うまでもありません。これらはチャンネル登録者に対してあまりいい気持ちにはならないでしょう。私自身も個人的にはこういった被害コメントをするには容赦なく削除とブロックをやっています。チャンネル運営者はこれくらいのことをやっても当然だと思います。健全なチャンネルを運営するためにはやはりこれくらいのことをしないといけません。

誹謗中傷のコメントがあるということはチャンネル登録者も減りますし、個人的にはあまりいい気持ちはしません。ですので大事なことは何かといえば誹謗中傷のコメントは削除とブロックをするということが大事です。

 

動画の最後に「チャンネル登録お願いします」と言う

 

 

よく動画の最後の方で「この動画がお役に立てたらチャンネル登録よろしくお願いします」という風に私自身も言いますがこれはチャンネル登録を促しているということです。当然ですが私自身も動画を作る耽美にこの言葉を必ず入れるようにしています。この言葉が入っているかどうかでチャンネル登録者の数というのは全く違ってきます。ですから大事なことは動画の最後に「チャンネル登録お願いします」ということです。

たったこの一言があるかないかで雲泥の差が生まれることは間違いないでしょう。小さな積み重ねというのは非常に大事です。 YouTube でチャンネル登録を増やしていくためにはこういった小さな努力をしないといけないということを忘れないでください。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です