ブログ

ブログが続かない人に多いコンテンツない症候群

更新日

 

ブログが続かない人に多いコンテンツない症候群

 

こんにちは植田雅俊です。

ブログで書く記事がない どんなコンテンツを書けばいいのだろうかというふうにあなたは悩んだことがあると思いますが私も実際は非常にコンテンツを書くときに何を書けばいいのかということについては悩んでいるという一人です。 確かにコンテンツを書くとなると非常に面倒臭い事がいっぱいありますね。 それは顧客の視点に立って書かなければいけないということもありますが 難しく考えすぎると本当に書けなくなってしまうからです。

売上が上がらないのじゃないのか
役に立たない記事じゃないのか

このような思い込みが逆にブログをかけなくなってしまい最後には 放置プレイになってしまうということになってしまうのではないかと思います。 こうなったら何の意味があるのでしょうか。 あなたがレンタルサーバーを借りてドメインを取得したのであれば非常にお金がもったいないということは言うまでもないです。 こうならないためにもどのようにするべきかということについての話です。

 

量をこなす

 

 

私は量をこなすというのは間違いではないと思っていますが 質より量という言葉は非常に大事ではないかと思います。 ある程度量をこなしそして質で勝負するということが私自身の一番のスタイルです。 しかし今見ているとどう考えても完璧な記事を書かなければいけない というような流れを持っている人が非常に多くてたまったもんじゃないですけも これははっきり言えば 間違いです。

Amazon Kindle だってそうだと思いますが完璧なものを作れと言っても作れません。 電子書籍を作るというのももちろん書くということには変わりありませんので私自身は最初は 下手くそでもいいのにとにかく出すということを勧めています。 そこから少しずつ修正していてそして量で勝負すると 言うことをすればいいのではないかという風に思います。 つまり量で勝負するということは後で質で勝負すればいいことなので まずは量をこなすこれが一番重要ではないかなという風に思っています。

 

ライティングスキルは心である

 

よくコピーライティングに関する ことを話しますが私はコピーライティングに関しては色々な考えを持っています どちらかと言うと否定的な考えというよりもコピーライティングというのはやはり心で書くものだという風に思っています。 それは心のないコピーライティングを書いたとしても すぐにバレバレでありなおかつを信用を失ってしまうのは言うまでもありません。

ネットビジネスで本当に稼ぎたいのであれば心のあるコピーライティングを身につけるべきでしょう。 ブログ記事が書けないそれは言うまでもなくあなた自身が続かない理由があるとすればこのコピーライティングも大きく関係してきます。 ですからこのコピーライティングをきちんと学ぶのであれば心のこもったコピーライティングを学びましょう

 

経験が浅い

 

私が一番ブログが続かない人に多い理由は経験が浅いということではないかと思います。 つまり社会経験が浅い人は自分の経験を語れないからです。 経験が豊富な人は自分の経験を語れます。 この違いは何かといえばやはり経験が語れる人と語れない人の決定的な違いというのは自分の経験というのがいい経験ばかりではなく悪い経験をしてきたからでしょう。 ですからそのような経験を語られるということは非常に重要であり 今後ネットビジネスをやるにしても 社会経験が豊富でなければやはり良い記事は書けないでしょう。

ですから大事なことは 社会経験が豊富な ことを記事に書いていけばブログは長く続くというのは当たり前です。 アフィリエイトをやっていて思ったことは記事が長く書けない またはブログが続かないと言った人に共通するのは 楽しめないというのももちろんありますか 自分の経験をブログに書けないというところが致命的な事にあると言えます。 最初は 質より量をこなせばいいんです。 そうすればブログだって稼げるようになるでしょう。

 

コンテンツをどのようにして量産するか

 

例えばあなたが1記事書いた時 そのひとつの記事を 色々な方向から見て 切り口を変えて書いてみてはどうでしょうか。私は記事を書くのであれば やはりコンテンツというのは一つの記事を 多方向から見て色々な角度で書いていくというのは非常に面白いと思います。 つまり一つのネタを 二つ三つという風に それだけでも3記事できていますので これでコンテンツの量産というのはいくらでもできます。

切り口を変えれば 記事というのは別にまたできますのでそのようにしてコンテンツを量産していけば 私はいいと思っています。 丸パクリはダメですけども 切り口を変えてあなたなりに考えをまとめたものを書けばいいのではと思います。

 

完璧に書くよりも 70%ぐらいの確率で書けばいい

 

 

ブログ記事と言えば完璧に書かなければいけないっていうような完璧主義者がいますかそれは違います。 完璧に書けば書くほどろくな記事はありません。 ですから私自身が言いたいのはまずは 量をこなす そしてある程度の量をこなせば質を高める それでいいと思うんですよね。 最初から 完璧な記事を書こうとするからブログが続かないんですよ。 だからこそ大事なのはまずは記事を書く練習をするためにブログを作ると言ってもいいかもしれません。

私は非常にこの辺りが 大事なことでありなおかつ自分自身のブログを書いている人間なのできちんとしたブログを作るのであればまずは徹底的に 量をこなすことをお勧めしたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です