アマゾン

アマゾンアソシエイトのサイト審査に通る3つのポイント

更新日

Amazon アソシエイトの審査というのはこれまでも書いてきた通りですが非常に審査は難しいという風に言われています。もちろんグローバル企業ですので当然ですが国内のアフィリエイトとは全く違うということはご存知でしょう。 Amazon アソシエイトの審査に通るためには最低でもサイト審査がどのようなものかを理解しなければいけません。当然ですが難しいのは当たり前ですがどのようにして再度審査を通すのかというのはテクニック論ではありません。

私自身は Amazon アソシエイトに再度審査で三つブログを通しましたがこれも本当に審査が一発で通ったのは言うまでもありませんが本当に苦労しました。ほとんどの場合は教えてくれないでしょうが今回は私自身の経験から言えることをお話ししていこうと思います。ただしこれが絶対とは言い切れませんのでその点はご了承ください。

 

ブログは WordPress を使う

 

当然ですがアドセンスも Amazon アソシエイトももはや WordPress の時代になってきているのは言うまでもないでしょう。独自ドメインを取ってレンタルサーバーを借りるこれはもはやアフィリエイターには必ずやらなければいけない義務と言っても正しいかもしれません。独自ドメインを使ってそして WordPress を立ち上げるというのは常識になってきたのは世界標準規格の WordPress を使ってアフィリエイトをやるというのは常識ですから当然ですがこれができないと正直に今は稼げないという風に言われています。

ですので大事なことは何かと言うと基本的にアフィリエイトで稼いでいくのであれば自分自身が何をするべきかということはここに書いたようにまずはレンタルサーバーと独自ドメインを取得するということです。そこから先はどのようなブログを作っていくのかはあなた次第です。

 

サイトポリシーとプライバシーポリシーをつける

 

通常、プライバシーポリシーというのは WordPress ブログでは絶対に付けなければいけないという風になっていますがヨーロッパデータ保護規則によってこの WordPress には必ずと言っていいほどプライバシーポリシーを付けなければいけません。あなたはつけているでしょうか。おそらくつけていない人がいるとするならば私自身はつけなさいという風に言います。プライバシーポリシーの書き方についてはいろいろありますがテンプレートというのは出回っていますのでそれらをリライトして書けば問題はないと思います。

「このブログは何のブログであるか」
「 画像素材はどこを使うのか」

などなど細かいことを書けばそれだけこのブログが信頼されているということではありませんがきちんとしたルールを自分で作るという意味では Amazon アソシエイトのサイト審査が通りやすいと思います。サイトポリシーとプライバシーポリシーは必ず書きましょう。この二つはなければ Amazon アソシエイトでアフィリエイトすることはできません

 

アマゾンでの購入履歴があるかどうか

 

要するに Amazon との取引があるかどうかが問われてきますが正直8 Amazon を贔屓していないとなれば Amazon アソシエイトはできないという風に言われています。ここは言うまでもなく Amazon アソシエイトを利用するためにはあなた自身が Amazon を利用するということを前提に考えて行った方がいいですがほとんどの人はアマゾンを利用するのは言うまでもありませんので Amazon の購入履歴というのは必ずあると思います。

私自身もそうですが基本的に Amazon であなた自身が色々なことを購入すると思うのですがやはり大切なことは何かあっということをしっかりと考えた上でやるべきじゃないかというふうに思っています。

Amazon Kindle をやっている人

 

Amazon Kindle をやっている人は特に有利かなという風に思うのはあなたの電子書籍が世界中で売られているのであれば Amazon Kindle を利用するべきでしょう。またそれに付随して Amazon アソシエイトを利用する場合はサイト審査は結構有利になる可能性があるかもしれません。しかしこれも本当に実際のところはわかりませんので断言はできませんが Amazon Kindle をやっている人が Amazon アソシエイトをやらないという方法はありませんのでまずはやるべきでしょう。

とにかく私自身も Amazon Kindle をやっている人間ですから色々な視点で考えるとまず自分で電子書籍を書いて出版している人間ですので本当に色々な意味では Amazon Kindle をやっている人間です。ですので大切なことはまずあなた自身が Amazon Kindle で電子書籍を出しているかどうかそこがポイントになってくるかもしれません。

著作権侵害をやってないかどうか

 

これはアドセンスもそうですが Amazon アソシエイトに関してはそこまで厳しいことは言いませんが特に嫌うことがいっぱいあるとするならば AdSense 以上に著作権侵害というのは非常に質が悪いものだというふうに考えていただきたいという風に思います。先ほどプライバシーポリシーに画像素材についての部分を明記した方がいいと言ったのは著作権侵害を起こさないための対策として私自身は書いていますがこれは明記しておいた方が審査に一番通りやすいということで私自身はやっています。

ただしこれははっきりとしたことが言えませんのであなた自身が本当に Amazon アソシエイトでアフィリエイトをやっていこうというのであればもちろん色々な考え方があるとは思いますが大切なことは何かということを考えた時に私自身は基本的に Amazon アソシエイトを使ってアフィリエイトをやるのであれば著作権侵害は気をつけた方が良いのではないかと思います。 この五つのポイントを押さえておけば必ずと言っていいほど審査に通るわけではありませんが普通であれば1時間ぐらいで審査に通る可能性もあるということを覚えておいてください

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です