電子書籍

キンドルからの稼ぐ仕組みを作るということ

更新日

 

 

(2018年10月20日更新)

こんばんは植田雅俊です。

Amazon Kindle で電子書籍を出して仕組み化をする人が最近多くなってきていますがあなたはご存知でしょうか。 Amazon Kindle もようやく電子書籍としてアフィリエイターに認知されるようになってきましたがそれまではほとんど認知されていませんでした。アフィリエイトで稼ぐといえばやはり無料レポートを出してリストを集めるというようなイメージがありましたがそれが Kindle に変わっただけに過ぎません。その上 Kindle は稼げるというところがあるのでそこに目をつけたアフィリエイターが仕組み化をしているという風に私は思えるのですがあなたはいかがでしょうか。

これから先のネットビジネスといえば必ず Kindle を使って仕組み化をしていくというアフィリエイターが非常に多くなってきますがこの中で勝ち残るためにはあなたにしかない仕組みかを考えなければいけません。普通になっていては何の意味もないのです。確かに Kindle は放っておいても売れますが逆にライバルが増えれば増えるほど売れない傾向にもあると私は思っています。放置しておいても売れるというのは逆の話であり仕組み化をしておかなければ駄目だということだということです。

 

とにかく 電子書籍 を量産する

 

とにかく電子書籍がこれだけ簡単に出せる時代になったからこそ個人作家が生まれているのは間違いありません。私は一年にそれほど Kindle 本を書いていませんが、仕組み化をまず作るためには Kindle 本を出し続けなければいけないということになります。そのためにどのような Kindle 本を書かなければいけないのかというところが問題のネタになってきます。一番肝心な部分は電子書籍でしょう。ネットビジネス分野の電子書籍ならはものすごく出ているのでライバルが多いですが、ネットビジネスと言っても幅広いのでランチェスター戦略をとるのが一番良いでしょう。

ランチェスター戦略とは簡単にいうならばニッチな分野を攻めるということです。つまりカテゴリーの部分をもっと絞り込んでライバルがほとんどいないところでトップを狙うということが一番いいのではないかなという風に私は持っています。このランチェスター戦略をうまく使えばあなたの電子書籍はかなり売れるかもしれませんし正直一位を獲ることができるかもしれません。とにかく Kindle 本を量産するというのは非常に大切なことです。

 

不労所得の仕組み化をする

 

元々キンドル本は不労所得の仕組み化にすごく向いているのは KDP セレクトに登録すれば収入源が二つに増えるので最も私自身が KDP セレクトに登録している理由の一つは収入源を二つにするということでつまりどういうことかといえば一つは有料購入からの収益、もう一つはキンドルアンリミテッドなどからの読まれたページ数×0.5という金額が入ってくるので一冊で二つの収入源が入ってくるというおいしいメリットがあります。

この KDP セレクトをうまく利用すれば Kindle 本は一旦出せばほとんど放置していても収入はある程度入ってきますしメンテナンスをすればするほどさらに収入源が増えるのではないかという風に思っています。KDP セレクトの使い方を間違えればものすごく損するのは KDP セレクトに登録しているのに35%ロイヤリティにしている人もたまに見ますがこれではシャレになりません。 KDP セレクトに登録したのであれば必ず70%ロイヤリティにするのが当たり前です。不労所得の仕組みを作るのであればこれくらいのことは覚えておきましょう。

 

メルマガリンクを入れる

 

あなたの電子書籍の中にメルマガなどの購読リンクを入れておきましょう。いちいち言うまでもありませんがメルマガの購読者リストを作るための電子書籍だけ考えればたとえ売上がそれほど大したことはなくてもリスト収集のための電子書籍と考えるのであればそれはそれでいいのではないかと私は思っています。ただし内容はしっかりとしたものを書いた方がいいのは当然ですね。これは言うまでもなく Kindle からリスト収集をするということなのであなた自身がどのような Kindle 本を出すかによりますが私はだいたいネットビジネスに関することを書いているのでそこから見込み客を集めるということを常に行っています。

ですから大事なことは何かと言えば Kindle 本を使ってどのように集客するかということを常に考えましょう。そして Kindle 本を量産するということは先ほどもお話ししたようにリスト収集を常にやらなければいけないということはお話しした通りですが本当にこれは大変ですのでどんどんと電子書籍を書いてやることをお勧めします。

 

印税は二の次

 

Kindle 本を出すということは印税がかなり入ってくると思いますが私自身も5年間かなり Kindle 本を出してきましたが当たり外れというものがありますのでよくて2万円から3万円というところが理想的ではないかと思います。もちろん量産すればするほどKDP セレクトからの収入は大きくなってくる可能性はありますがやはり有料購入をされなければ意味がありません。有料購入をされるためにはまずは質の良い電子書籍を出すということは大事です。

そして Kindle 本もページ数が多い方がいいですね。文字数に換算すると大体2万文字は最低かけるぐらいの Kindle 本が一番売れやすいという風に言われていますが実際のところは分からない部分もあります。私はだいたい2万文字前後の Kindle 本を出していますがそれでも売れるか売れないかは本当に分からない部分があります。しかし諦めずにコツコツと出し続けるというのはそれはそれでいいのではないかという風に思いますね。

Amazon Kindle で仕組み化を作るというのは非常に大変だとは思いますが私の仕組みかに向かってどんどんと秋以降に色々と自動で収入が入ってくる仕組みを作っています。ただ今すぐ仕組みを作ったからといって入ってくるわけではなく色々なパターンをテストしてみてどのパターンがいいのかということをやっている最中なのであなたも是非色々なパターンをテストしてみてこれがいいと言ったパターンを仕組み化していくことをお勧めしたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です