リセールライト

リセールライト商品の仕入れ方と作り方

更新日

 

 

(2018年10月25日更新)

こんばんは植田雅俊です。

リセールライト商品の仕入れ方と作り方についての話ですがリセールライトについては私のブログで散々書きましたが、日本でもリセールライトビジネスが少しずつ定着してきましたがまだまだリセールライトを知らないという人が多いのは言うまでもありません。しかしリセールライトビジネスは仕入先がどこなのか、どのように作るのかということを知らないと全く意味がありません。

リセールライトビジネスをする上で仕入先をどのようにするのか、そしてどのように作るのかに関してお話ししていこうと思います。これをきっかけにリセールライトビジネスが盛り上がればいいと思いますね。

 

仕入れ先その1インフォカートから

 

リセールライト商品を購入するとライセンスが色々ありますが大抵の場合はマスターリセールライトが付いているのであなた自身も再販売店が続いていますがではそのマッサージセルライトのあるリセールライト商品はどこにあるのでしょうか。答えはインフォカートです。もちろんサブライムストアにはインフォトップにはありますが私自身はインフォカートの方がいいと思います。インフォカートのリセールライト商品が結構ありますので掘り出し物のリセールライト商品がある可能性もなきしもあらずなのでもしプライベートラベルライト商品であればあなた自身が商品を作ればいいだけですのでこれに関しては後で話しますがマスターリセールライトの商品は基本的にインフォカートにあります。

色々な販売方法がありますが会員制の場合があります。私は インフォブルーリセールライトクラブがおすすめです。他にもインフォカートにある単体で売っていますが基本的にはインフォブルーリセールライトクラブから購入するのがいいでしょう。

 

仕入れ先その2サブライムストア

 

仕入先のその2としてサブライムストアがいいと思いますが私自身は本当にサブライムストアにでも結構いい商品はあります。リセールライトビジネスをやっている私でしんはサブライムストアにもリセールライト商品を出しているので結構良い商品はありますよ。

サブライムストアでプライベートラベルライトの商品を探すというのも一つの手でしょう。ですからまず大事なことはサブライムストアで見つけるというのもひとつのアイデアではないでしょうか。私自身はサブライムストアなどでリセールライト商品を出していますが個人的に言うならばインフォカートやサブライムストアで購入するのが一番安全だと思います。

 

オリジナル商品を作る

 

オリジナル商品を作るというのはかなり大変ですが私自身もオリジナル商品を作ってきているライトをやっています。しかしオリジナル商品を作るためにはそれなりの時間と労力が結構いるのでリセールライト商品を再販売する時とは訳が違います。かなりの自由度がありますがデメリットも結構多いので私自身は最初からリセールライト商品を再販売したりするほうがいいと思います。

オリジナル商品のいいところは自分でライセンスがコントロールできるのでまずショットが安いことと色々なことが書けるので正直言うとリセールライトをやるよりもオリジナル商品で勝負する方が良いのではないかと思われます。このあたりはあなた自身がコントロールしてやっていくのが理想的ではないでしょうか。

 

まとめです

 

リセールライト商品はオリジナル商品を作るという方法もありますが基本的には再販売商品をそのまま使うというほうがいいでしょう。だらしが尿も多いので差別化を図るためのマーケティング戦略をしっかりとしなければなりません。このあたりをしっかりとやらなければリセールライトビジネスは全く稼げませんし話にもなりません。これができるかできないかでリセールライトビジネスの有無は問われるのではないでしょうか。

私は非常にリセールライトビジネスが日本で進行してくれればいいと思っていますし人から感謝されるビジネスになっていただきたいというふうに思います。

 

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です