YouTube

呆れたYouTuberの実態は承認欲求がほしいだけ

更新日

Yokkyuu

こんばんは植田雅俊です。

最近は YouTube をやっていますがユーチューバーの呆れた実態というのは本当に色々とありますが個人的に言うとコメント欄をクローズに来ていましたが最近解放しました。コメント欄を開放するというのはあまり私自身は好きではありませんでしたがやはり ユーチューバーというのはコメント欄を解放しなければ承認欲求がすごく強いというのがわかりました。

もちろん、コメント欄を解放した方がいいに決まっていますが不用意なコメントが非常に多いので私自身はクローズにしましたし自分のビジネスにユーチューバーはいらないということはすでにお話しした通りです。呆れたユーチューバーの実態について色々とお話ししていこうと思います。

最近のユーチューバーはとにかくたちが悪い

 

昨年あたりからユーチューバーの事にかんしては 色々と情報発信をしてきましたがとにかくユーチューバーというのはたちが悪いというのは言うまでもありませんが数の論理で成り立っているというのは言うまでもありません。 ユーチューバーの何がいけないというのかといえば常識知らずの人間が偉そうにしているということでしょうか、私は非常にビジネスとして成り立たないというふうに考えています。

もしビジネスとして成り立つのであればユーチューバーは絶対にまともな人間だけが動画投稿をしてその品質性のある動画が認められるはずなのですが品性のない動画ばかりが YouTube 上にあるというのが問題ですね。 まだこのような品性のない動画が問題になってくるというケースもあります。チャンネル登録者の有無で人の人生を左右するようなことを言ったりするような品性のないユーチューバーが増えている中で私自身をビジネスとして認めるということはまずないです。

 

自分のビジネスにユーチューバーは必要ない。

 

自分のビジネスにとってユーチューバーは本当に必要ないです。彼らにどんな情報発信をしても彼らの言うことを聞いてくれるのは自分より上のユーチューバーでしょう。弱小ユーチューバーと言われる人達は全く聞いてくれないということでしょうかね。または底辺ユーチューバーと思いますが私は底辺ユーチューバーの類に入るのかもしれませんが個人的にこういう意見を聞かないような人間が非常に多いです。

しかし本当に情報発信をしている人間から見れば真面目に考えてせっかく動画を作ったとしても皮肉ったコメントや興味のないようなことばかりを書いてくるアホがいます。このような人間がどうして迷惑をかけているのかというのも考えればユーチューバーというのは自分のビジネスにとってはた迷惑な人間ばかりの集まりだという風にわかりました。

 

それでも収益化に拘る。

 

収益化にこだわる理由の一つは理不尽に外されたことへの悔しさです。今の YouTube は質が悪いほど本当にアホなユーチューバーに対しての優遇措置ばかりをしているのが私にとった胸糞悪いこと気に入らないですね。それが本当に正しいかどうかは別としても今の YouTube のやっている行為はどうでしょう。トップコントリビューターの中にもタチの悪い奴はいますしね。

正義ヅラしたどこかの舌足らずなと言ったらどうでしょう。私自身はユーチューバーのではないと言っても過言ではないですが自分自身を YouTube の使い方をタダネットビジネスに活用しているだけに過ぎません。しかし収益化をするというのは個人の自由なので個人でやっている以上はせっかくここまでチャンネル登録者を増やしたのであればこれからも諦めずになっていこうというふうに決めたわけです。ですので自分自身がここまで来たことをここで諦めてたまるかという風に今やっているわけです。それでも収益化にこだわりたいのが自分の本音ですね。

 

どうすればチャンネル登録者が増えるか。

 

これは本当にわかりませんがチャンネル登録者が増えるためには毒性のあるユーチューバーを目指すしかありませんが基本的にネットビジネスの情報を発信していても間違って関係のない人間がチャンネル登録者をしてしまえば全く属性が違うのでいくら情報発信をしても かまってちゃんのタイプのような人間が出てくるでしょう。ですので私自身は基本的にこのようなタイプの人間がいつまでたっても出てくるのでチャンネル登録者を邪魔している類と見てもいいのでとにかくブロックしています。

よっぽど YouTube が面白くないんでしょうね。だからこそ私自身の努力というのを邪魔して楽しんでいるような連中がたくさんいると思いますがどんなことでも努力をすれば報われるということを知らない世の中、呆れたユーチューバーの実態というのは本当に邪魔することなのかというふうに私自身は思ってなりません。

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です