YouTube

YOUTUBEの収益化にこだわる必要はない

更新日

 

(2018年10月20日更新)

こんばんは植田雅俊です。

YouTube の収益化というのは本当に遠いものですが私は楽しく YouTube をやっていると言ったら本音は全然違うところにあったというふうに考えています。どちらかといえば私は YouTube の収益化なんてどうでもいいように思います。なぜかといえば YouTube の収益化というのはコロコロと変わってしまうところがあるので本当に今のままの収益化プログラムが変わることはないなんてどこにも保証はありませんし無料で使っている以上は仕方がないでしょう。

世の中のアホ動画を何とかしてくれと言っても著作権侵害やコミュニティガイドライン違反の動画がどんどんと増えるたんびに誰にツケが返ってくるのかといえば結局のところ収益化されていないユーチューバーに返ってくるんではないかと私は思っています。

 

別に収益化を目指しているわけではない

 

収益化を目指していないということではないのですがなかなか思うようにいかないというのは本当に私自身も感じていますがチャンネル登録者がなかなか増えないという理由の一つには色々とあります。非常にアンチが多いのかなという風に思えばどちらかと言うと本当に馬鹿みたいな動画が増えているというのも現実です。

ではこのような時どのような対処方法があるのでしょうか?

それは一番いいのは無視するということが大事ですが真面目にコツコツと動画を投稿していても結局のところは真面目な人間に跳ね返ってくるということが分かっているのでこういったユーチューバーがいる限りは真面目にしている人間の方がよっぽど馬鹿を見るでしょう。収益化を目指すとは言っても私にはそこに楽しさや面白さといったものが逆になく何のために YouTube をやっているのだろうかという疑問だけが残ってしまいます。

 

とにかくアンチが多いね

 

とにかくアンチが多いというのは非常に嫌な感じがしますが個人的にはアンチは別にどうでもいい話ですが私にとってアンチにはうんざりするぐらい色々とありますね。でも一番大切な事って何でしょうか。継続することが大事ですが私は YouTube のアカウントが停止するまで継続するだけの話であり YouTube で収益化がされなくてもやることには変わりはありません。収益化目的というのは確かに色々な考え方がありますが、それ自体は悪いわけではないです。

問題は楽しさがあるかどうかです。楽しいことには労力を惜しまないというのが人間の考え方でありますが YouTube を投稿しているとどうしても楽しさがないと言うか何を伝えればいいのか分からないというのかライバルが多すぎると言うのか私には非常に分からない部分があります。少しでも休めばチャンネル登録者が減るのではないかという風に思いますがそれであればブログをやっていた方がまだマシです。とにかくアンチの多いチャンネルになってしまっていますがまあ気にしませんね

 

いったい自分は何のためにやっているのか

 

いったい自分は何のために YouTube 動画を投稿しているのかということを見失った部分もあります。もちろん収益化を目指しているのは間違いありませんがただそれは結果論でありあくまでもそうなって頂ければありがたいなという風に思いますね。ただし世の中はうまくいかないほうが多いのでやはりそのようにはいかないかもしれません。でも私自身は諦めずにコツコツと動画を作り続けることをとにかくやって行くので自分が発信したい情報を発信すればいいだけですので視聴する人間がどれぐらいいるかはわかりませんがチャンネル登録者が増えるかどうかは別問題です。

YouTube の世界に本当に厳しくなったことは確かですがこれからもっと厳しくなるでしょう。バカなユーチューバーが増えすぎると世の中というものは本当に自分自身を見失うことがあるかもしれませんがそれでも私自身は諦めずに動画を作り続けるということはやると思います。

 

余計なお世話

 

時々収益化を諦めると言うと必ずうるさいようなやつがいいますね。収益化した方がいいですよとかいう人間がいますがうるせえなという風に思います。本当にそういう風に言う人間なんてろくな奴はいません。私は自分自身の経験から言えることはやめろやめないは自分の勝手でありあんたに何か言われる筋合いなんてねえよっていうふうに考えています。人に左右されるのではなく自分で決めるネットビジネスの世界でもそうですが誰に決められるのではなく自分自身が信じた道をただ進むというのは基本中の基本です。

こんなアホだって分かることが分からないと言うのであれば最悪ですが私自身はどんどんと作業をしているので YouTube の動画発信にももちろん大切ですが収益化にこだわっているかといえば全然こだわっていないと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です