タグ: アカウント停止

ツイッターの規制はGDPRの影響にもよるだろうか

No Comments
ijmaki / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

Twitter がアカウントを停止してきたということはご存知かもしれませんが最近は Twitter 自身も かなりアカウントを規制してきましたね。 これは言うまでもなく複数アカウントの所持を禁止しているということは言うまでもありませんか ヨーロッパデータ保護規則= GDPRに 準拠していなければいけないということは間違いないでしょう。 おそらくこのヨーロッパデータ保護規則が Twitter の規制をさらに厳しくしているのではないかと私は思いますが日本ではほとんどこのことに関しては触れられていません。

13歳以下のアカウント停止というのは当然ながら親の同意がなければ Twitter ができないということです。 つまり親権者の 同意がなければできないということなのでこれは非常に厳しいと家が厳しいですネットビジネスをやっている人間から見れば 別にこの辺りは問題はないですがただ私が言いたいのは twitter自身もかなり厳しくなっているということです。
Twitter そのものがもともと厳しくなったのは昨年あたりからですが私自身もその 規制の厳しさというのはよく知っています。

やはりヘイトスピーチなどこのようなものを夜中からなくしたいというソーシャルメディアというのはどこでも多いですが 特に Twitter などはメディアがよく使うので 規制を強化しているということは間違いないでしょう。 アカウントを作ってしまえばいいやこのような甘い考えが あったのかどうかわからないですがさすがに 日本人は twitter の利用規約プライバシーポリシーなどをもう一度見直す必要がありますね。

 

アカウント停止を食らったのは自業自得

 

 

Twitter のアカウントは一回アカウント停止を食らうと複数アカウントを作れないはずですが現在は複数アカウントを作っている人間を調査して発覚した場合はそのアカウントを永久凍結するということを安いですが私はこの意見には大賛成ですね。 なぜかと言えば複数アカウントを作って同じことをするような輩を少しでも減らすということは Twitter も健全化に走っているということです。 もちろんフェイクニュースやヘイトスピーチなど そのような物が無くなって欲しいのは当然ですがアカウント停止を食らった人間などはっきり言って自業自得だとしか私は思っていません。

言うならば その人がアカウントをきちんと管理していなければいけないのにルール違反をやっているだけの話であって 悪い言い方をすれば単なるアホでしか思えないでしょう。 ルール違反を犯した人間に Twitterが「 どうぞこれからも使ってください」 なんて大盤振る舞いを 古いようなことは絶対にありえませんしね。 これくらいの規制をしなければもはや世界中でヘイトスピーチがなくならないというのは言うまでもないと思います。

 

ヨーロッパデータ保護規則の対象になる調査も行っているのではないか

 

 

先ほども話したようにヨーロッパデータ保護規則=GDPRの 調査も同時に行っているのではないかと私は見ていますが正直 今のところは分からない部分もあります。 13歳以下の twitter のアカウントが不正に作られていないかどうかが分かったら おそらくこのアカウントも凍結されるでしょう。 こういうことすら知らないのかという風に私は言いたいぐらいですが 利用規約をもう一度見直すべきだというふうに私は思います。

もちろん間違ってアカウントを止められたというのであれば異議申し立てをすることはできますが ただ今の現状を考えるのであればかなり難しいのではないかなという風に思います。 ですので私自身が言えることがある twitter の規制どころかもはや SNS そのものが厳しくなっているということは事実です。 今後は SNS との付き合い方を考えなければいけない時期に来ているのではないかと思います。

 

下手なことはツイートできない

 

 

当然の話ですが下手なことはツイートできませんね。 twitter がアカウント凍結をする基準というのは正直わからないですが下手なことをツイートすれば誰に通報されるかわかりません。 いろいろ言いたいことはありますが特に Twitter はネットビジネスをする人間にとっては欠かせないツールとなっています。 その Twitter のアカウントを停止されてしまうということはかなり痛いということは言うまでもありません。

ヘイトスピーチや その他 性的なコンテンツなどこのようなものは当然許されないことですがもはやこういったものを twitter がどんどん 規制しようとしていることは間違いありません。 そうなれば 迂闊なことは喋れないということは言うまでもないでしょう。 あなたがツイートすることが全て悪いとはいませんかまかり間違っても変なことはツイートしない方がいいです。 恣意的な判断で削除されたりすれば それでアカウント停止にならなくてもアカウント停止回避になってしまうと永久凍結になってしまいますので注意しましょう。

 

まとめです

 

 

今回の要点をまとめて見るとこのような感じがします

ヨーロッパデータ保護規則=GDPRによる アカウント規制または削除
過去にアカウント削除された人間または回復した者

このいずれかに該当する人間が調査されているのではないかと思われます。 いずれにしてもヨーロッパデータ保護規則などは特に厳しくなっていますのでこれは言うまでもなく twitter に限らずどの SNS でも 言えることなので私自身は 今後は SNS との付き合い方を考えなければいけないなということは言うまでもないと思います。 アカウント停止は自分の責任であるということを自覚しなければいけないと思います

 

 

Twitterツイッター基本&便利技改訂4版 (今すぐ使えるかんたんmini) [ リンクアップ ]

Amazonアソシエイトでアカウント停止が続出する原因

No Comments
Javier-Rodriguez / Pixabay

 

おはようございます植田雅俊です。

 

Amazon アソシエイトでアカウント停止がされるこれは何が原因かがよく分かりませんが一つだけ言えることがあります。あなたはどれかのアソシエイトの規約に違反しているということです。 Amazon アソシエイトは基本的に再度審査などを通さなければいけませんがそれだけではありません。本当に細かい契約まで読んでみるときりがないですが Amazon アソシエイトは ASP の中でも一番きついでしょう。

ただ Google AdSense と違うところは AdSense ほどアカウント削除されるということはないと思いますがでもあなたが Amazon アソシエイトのアカウント停止を食らうということはどういうことでしょうか。これはよっぽどのことがない限りアカウント停止はないはずなのでいくつか原因を考えてみたいと思います。

 

サイト審査を通したか

 

 

ご存知のように Amazon アソシエイトでアフィリエイトする場合はサイト審査はを通さなければいけません。これは言うまでもなく私自身のブログでも書いてきましたが Amazon アソシエイトの審査は一番厳しいという風に言われていますがどれくらい厳しいかが支援さする人間によって違います。少なくとも言えることは Amazon アソシエイトのサイト審査を通していないブログを使ったことは間違いないでしょう。

そうすると Amazon アカウントが停止されてもおかしくはないです。つまり Amazon が認めたサイト以外でアフィリエイトをやったということが原因でアカウントが停止になったということが考えられますね。これはやってはいけないことです。サイト審査に通す場合 WordPress ブログで独自ドメインをとらなければいけないということはこれまでも説明してきました。しかし年齢は Amazon アソシエイトのサイト審査は違ってきた部分がありますので今回はついでに書いておこうと思います。

 

プライバシーポリシーを書いているか

 

 

このプライバシーポリシーがないと Amazon アソシエイトのサイト審査通りません。プライバシーポリシーを書くということは非常に大事なことであり尚且つあなた自身がどのようなサイトの目的で運営しているかなどを明記しなければいけません。これは WordPress を使っている人にとって義務化されているのでこれがないと再度審査はほとんどが落とされてしまうのが2018年5月以降の現場だと思ってください。

プライバシーポリシーのないサイトはおそらく審査に落ちてしまいます。ですから大事なことはプライバシーポリシーをまずしっかりと書いておきなおかつヨーロッパデータ保護規則に合わせてちんとした WordPress ブログを運営するということを心がけましょう。

 

サイトの目的がはっきりしない

 

 

サイトの目的がはっきりしないものは確実に落とされます。特化型ブログなのかざきがた付録のなのかこれは言うまでもありませんがどちらにしても審査自体がしてくれますがサイトの目的がはっきりしないようなブログは間違いなく落とされます。

私自身もこの経験がありますのであなたに当てはまるかどうかはわかりませんが断言はできます。この二つのどれかに一致しないようなブログを書いてある場合適切なコンテンツとみなされるケースがあります。要するに何のブログかということをきちんと明記しておくことが大事でしょう。この場合はサイトポリシーというのを作っておけばいいと思います。つまりプライバシーポリシーとサイトポリシーの二つを作っておけば何のブログでありどのようなポリシーで運営しているのかということが相手側に少なくともがありますのでこの二つはしっかりと作っておくべきですね。

 

サイト内のどこかに「 Amazon アソシエイトのブログである」ということを書いていない

 

 

Amazon アソシエイトのサイト審査に合格した努力は必ずサイト内のどこかに「 Amazon アソシエイトのブログである」というような文言を表記しなければいけません。この書き方までについてはそこまで細かいことは言っていませんが少なくとも明記せよということは規約上はなっています。

爪にほとんどの人が「 Amazon アソシエイトのブログである」と言う言葉を明記していないからこそ落とされるのではないでしょうか。これは言うまでもなく Amazon の規約違反になりますので再度審査に通った場合必ずと言っていいほど明記することをお勧めします。

 

不要なサイトを削除するためには

 

 

Amazon アソシエイトでせっかくサイト審査を通ったのですが不要なサイト削除をするためには勝手にやってはいけません。一旦 Amazon のカスタマーサービスに連絡してどのようにすればいいのかというのを書きます。大抵の場合はリンクを全部削除してくださいというのですがここで言うリンクとは全てのリンクを削除するということです。全てのリンクとはアフィリエイトリンク、画像リンク、テキストリンクなど全てのリンクを削除してからリンクのない状態でサイト削除の要請をすることが大事です。

つまり Amazon アソシエイトでサイト削除をするのにもわざわざ連絡して審査をされるということですからたまったもんじゃないですね。もちろん削除してくれる人もいますがたいていの人は削除してくれないのが現実です。だからこそ大事なのは Amazon アソシエイトのルールを守ってアフィリエイトすることが必須です。私はアフィリエイトをやる上で一番大事なことはまずルールを守ることだと思っています。アカウント停止にならないためにもきちんとアフィリエイトをやりましょう