夢を叶えるネットビジネスライフ

植田雅俊のネットビジネス全般サイト。リセールライトやアフィリエイトなどネットビジネスに役に立つ情報を配信中

危険な情報商材とはアドセンス系でしょう

TheDigitalWay / Pixabay

 

インフォカートを始めるの中には情報商材がたくさんありますが、危険な情報商材というものも
あります。今何が危険な情報商材かはわかりませんが、少なくとも断言できるのは AdSense 系の
情報商材は危険だと言えるでしょう。

なぜ危険なのかといえばアドセンスの子役は結構変わっているからです。昔の基準で情報商材が作
られているとすれば現在の基準になっていない情報商材で作っても意味がないでしょう。情報商
材とはそういうものです。作るものに悪意があればあくどい情報商材だけが残りますし仮にそう
でなくても販売者が販売停止させれば問題ないだけですからもしあなたがアドセンス系の情報商
材を持っているのならば今一度確認することをお勧めします。

 

 

現在のアドセンスは ブログと YouTube

 

 

一般的にアドセンスといえばブログをイメージしますが私自身はブログのアドセンスはやってい
ませんのでここでは割愛しますがブログのアドセンスは以前は無料ブログもできたかもしれません
が現在はかなり WordPress など有料ブログにかけられていると思われますが、 個人的にはもう WordPress の時代だと言われていますので WordPress がなければアドセンスもできないと思って
います。あなたが持っているは AdSense 系の情報商材がもし古いとなればその情報商材をいくら
実践したところで意味はないです。

AdSense の規約は頻繁に変わりますので私自身も分かりませんが今ですら AdSense といえば YouT
ube というイメージもありますしブログのアドセンスもありますのでどちらに転んでもアドセンス
系の情報商材というのは言い方を変えれば地雷みたいなものです。

 

 

YouTuber の情報商材も特に気をつけた方がいい

YouTube 系の情報商材は非常に気を付けた方がいいのは YouTube の規約は常に変わるというこ
とです。いつかあるかなんて本当に Google の社員でもない限りわかりませんし個人的に収益化
すらまだ元気されているという話もありますので YouTube 系の情報商材というのはもはや役に
立たないと思っています。

あなたは何万円も投資したのに全く稼げなかったというのはおそらくその情報商材に書かれてい
る内容が数年前の内容ではないかと思います。その場合は通常販売者が削除しなければいけない
と思いますが大抵は放置しているケースが多いです。このような情報商材にあたらないためにも
しっかりと情報商材を見極めてから購入するしないを決めるべきでしょう。

 

 

別に情報商材なんていらない

 

 

YouTube をやるのであれば別に情報商材がなくても楽しくやればいいのではないかと私は思っ
ています。収益化のことに関してもかなり色々と変わってきていますのでこれから先どのよう
になるかは私も分かりませんが、はっきり言えることは情報商材に書かれているようなことに
は絶対にならないでしょう。ただでさえ YouTube はものすごく厳しいですしブログのアドセン
スですら普通のクリック型課金で稼ぐよりも結構難しいと言われていますのでうかつにに手を
出さないほうがいいのではないかなと思います。情報商材を購入しなくても稼げるのであれば
問題はないと思います。

ワードトゥウェブページの販売停止を今年中に行います

 

インフォカート、サブライムストアで私がリセールライト商品として販売していたワードト
ゥウェブページですがこのツールは今年いっぱいで販売停止にしたいと思います。理由は い
くつもありますが、 最大の理由はこのツールがもはや使えないツールになったからです。
活用シーンは本当に色々と模索しましたが、 やはり購入者のことを考えると私自身はこの
ツールを使って購入者には損したということにはさせたくはないので 販売停止を決めました。

もちろんこのツールは色々な考え方がありますし使い方ももっとあるかもしれませんが、
現場で言うならば私自身はこのツールはもう古いと思うので 今年中には販売停止にする
ことにしています。

 

 

アドセンスサイト量産ツールとしてはもはや役に立たない。

 

 

ワードトゥウェブページは本来アドセンスサイトを量産するツールでしたが現在はアドセン
スの金額が随分変わっているので このツールを使ったとしてもあまり大した意味がありませ
んし逆に言えばアドセンスの規約違反になる可能性が強いですので私自身は仮に他の使い方
があるとしてももはやそれは購入者の責任で持ってしかないと思いいろいろ悩みました。

自分でも検証してきましたがやはりこのツールにはもはや役に立たない部分が多すぎますし
購入者の視点に立ってみれば、 せっかく投資したのに何の役にも立たなかったというような
ことを言われても仕方がないので このツールは12月までには販売停止にしようと思っています。

 

 

顧客の視点から考えてこそ私はどのようにするかいろいろ悩んだ。

 

 

私は販売者として色々と情報商材を出してきましたが 全てが今の時代に使えるというツールや
ノウハウというのはごくまれに限られていると思っています。 ですからまず考えなきゃいけな
いのは購入者のために何ができるかということです。 購入者が望んでいないツールを販売する
べきではないというふうな結論に至ったのは そこにもう需要がないということかもしれませんが、
このツールはもはや時代には合わないツールだというふうに私自身が感じたかもしれません。
もしこのツールが他の使い方があるというのであれば私の方に教えて欲しいのですがおそらく
このツールの使い方をわからないという人が多いのではないでしょうか。

ワードファイルを HTML として吐き出せツールですが、ホームページビルダーで編集すればや
はり編集するのが難しいのではないかなと言うふうに感じました。ですので私自身はこのツール
は販売停止にしますので年末までにはまだインフォカート、サブライムストアに販売したいと
思います。