夢を叶えるネットビジネスライフ

植田雅俊のネットビジネス全般サイト。リセールライトやアフィリエイトなどネットビジネスに役に立つ情報を配信中

アフィリエイターの役割とは何か

bernswaelz / Pixabay

 

アフィリエイターの役割とは何でしょうか?

販売者と購入者をつなげる中間的な役割と私は思いますが、あなたはどう思いますか。ネットビジネ
スにおいてアフィリエイトは常に購入者に役に立つコンテンツをどんどん書いていかなければいけな
いということはこれまでも書きました。マインドのことももちろん大事ですが大事なことは知りたい
ことがなにかということです。

情報商材のことを知りたいのかそれとも悩んでいる事を解決したい記事を書きたいのか色々あります
が私は基本的に悩んでいる人の事を解決したいということであれば悩み系の記事を書いた方がいいと
思います。

 

 

悩みは永遠に保つもの

 

 

アフィリエイターの役割は悩みを抱える人たちに対する解決するための記事を書くのが一番いいと思います。
完璧な答えはないとしてもその人たちが役に立つのであればそれでいいのではないかと思います。逆に良い
コンテンツをかけばかくほどあなたは信用され商品も購入されるでしょう。アフィリエイターの役に立つ記事
というのも難しいものですが逆の視点に他ではどうでしょうか。

普段あなたが困っていることはたくさんあると思います。あなたは何に困っていますか
あなたの困っていることをメモにでも書いてみてください。

困っていることがたくさん出ると思いますが何に困っているのでしょうか。それが顧客が困っていることで
ありあなたが解決するべき問題なのです。アフィリエイトをするということは情報発信をするということは
何度も書きましたが、その情報発信をする内容というのは困っている人を助けるという意味です。

どうでもいいようなコンテンツをいくらかいたところでその人の悩みが解決するところではありません。
自慢話をしても不愉快に思うのは訪問者の方ではないでしょうか。

 

 

解決するノウハウを書く

 

 

自分が経験したことはもちろんノウハウにしてもいいのですが、全ての人があなたの経験したノウハウを
受け入れるかどうかはわかりません。私自身も自分の経験したことをこのようにして書いていますが全て
の人が受け入れるということはまずありえません。

多少考え方の違いはあるとはいえそこは色々と切り口を変えて書いてきます。その方がいいですし個人的に
は 色々な意味でもメリットはあるでしょう。しかし多くの人は何か勘違いしているのではないかと思います。

完璧な記事を書こうと思えばやはり自分自身も思うのですが難しいことをすぐに想像するということですが
それはやめたほうがいいですね。難しいことを求めているのではなく、人は悩みを解決してほしいというこ
とを求めているのですから簡潔に記事を書けばいいのです。

 

 

YouTube を使う

 

 

YouTube を使って記事を内容を補足するという意味では動画はかなり説得力があるのではないかと思
います。私自身も動画を使っていますが、個人的に言うならば動画を使った方が圧倒的に良いと思います。

特にノウハウ系のものに関しては動画を使った方が分かりやすいですし、解決も早くなるのではないか
と思います。ですので動画をフルに使うということはとても良いことですし私自身もその方がまだいいの
ではないかと思っています。

 

 

胡散臭いレビューに騙されるな

世の中には胡散臭いレビューをする人間が多いですが、私は胡散臭いレビューをする人間にアフィリエ
イトをしてほしくないという風に販売者の立場としては思っています。なぜ胡散臭いレビューなのかと
いえば、それは報酬目的だからです。単純に言うならばその人は報酬目的で完全にどうでもいいような
レビューをしているとしか思えないからです。

メリットデメリットなんてどうでもいいような感じで書いていますし販売者を詐欺呼ばわりしているぐ
らいですからそんな人が報酬をくれなんて虫のいい話ありますか?

私はないと思います。アフリエイターはコミッションを販売者からもらうのであればまず販売者の作業
がありするというのはおかしいと思いますね。その商品をアフィリエイトしている以上は販売者と同じ
ように責任があるということを忘れてはいけません。なぜならばアフィリエイトはビジネスですから。

 

 

アフィリエイターは常に信用されなきゃいけない

 

アフィリエイターは常に顧客に信用されなきゃいけないということは言うまでもありませんが、信用され
ないアフィリエイターほどろくな記事を書いていないということは言うまでもないでしょう。本当の意味
でもあなたが稼ぐにはどのようにすればいいのか考えるべきです。

メリットデメリットをはっきりと書き、その人にとって商品が合うのかどうかの判断基準をしっかりとする
ような記事を書かなければダメです。報酬目的のようなことを書いているとあなたは信用されなくなってし
まうので気をつけた方がいいでしょう。アフィリエイトは信用があってナンボです。信用されないアフィリ
エイターにならないように気をつけてください。

不正なアフィリエイターにはアフィリエイトをさせない

Pantanea_ / Pixabay

 

よく情報商材アフィリエイトでレビューをしているアフィリエイターをみますが、色々な
レビューのやり方があるとしても明らかに偏ったレビューを見ますがこの場合私はその人
にアフィリエイトをさせないという方法を取ります。例えばこのリセールライト商品が稼げ
ないとか詐欺だとかっていうのは何の根拠があっているのかわかりませんが個人的な意見
としてこのようなアフィリエイターを野放しにすると必ずろくなことは起きません。

販売者としては一番やるべきことはまともにアフィリエイトをしてくれる人を選ぶというこ
とです。インフォトップでは時々アフィリエイト報酬が1円になっているというのがあります
があれはアフィリエイトをするための権利を購入してアフィリエイト報酬が現れると言う
簡単に言うならば高齢者アフィリエイト権というものです

 

 

不正のアフィリエイターを防ぐためには

 

 

アフィリエイターの中にはレビューのひどいものがありますがこのようなアフィリエイター
には絶対に情報商材をレビューをさせないということが大事です。販売者はせっかくインフ
ォカートやサブライムストアに納品しているのにこのような不正なレビューをされると販売
者がまるで詐欺やってるような誤解を招くので私自身は本当にリセールライト商品を販売し
ている人間から見るとこういうアフィリエイターにはまず販売させないようにします

アフィリエイターのコミッションを払っている人間としては常に大事なことは真面目に取り
組んでくれるアフィリエイターを選ぶことです。適当なレビューでお金をくれと言っている
ようなアフィリエイターにアフィリエイトしてもらう必要はないです。それは業務妨害に近
く他の販売者の情報商材を売るためのまるでどこかの国の工作員のような感じがしてたまり
ません。

 

 

きちんとしたレビューは実際に購入したかどうか

 

 

購入者をだましているのはおそらくアフィリエイターの方でしょう。まともに言うならば販売
者が全部悪いかのように思いますがもちろん販売車の中にもタチの悪い人はいます。ですが全
てが悪いというわけではなくアフィリエイターが悪いと言っているだけの印象操作によって間
違った情報を購入者に伝えている可能性があるのです。

購入者は当然情報商材が欲しいはずですからリセールライト商品に例えるならばこのリセール
ライト商品は本当に大丈夫なのかという心配をするのは分かります。それならば直接販売者に
聞けばいいだけの話です。

 

 

情報商材のレビューをしているアフィリエイターの見分け方難しいです

 

 

情報商材のレビューを正しくしているアフィリエイターは10人いれば一人ぐらいかもしれませ
んがその見分け方は本当に難しいくらいです。中には利益欲しさにろくでもないレビューをし
ている人もいますがこれは本当にどのようなレビューをしているのかわかりませんが断言でき
ることは販売者の視点から見るとこのようなアフィリエイターに紹介してもらっていいのかと
いう点で考えるならば微妙な話ですが私自身は少し考えます。

販売者はコミッションを払う立場なのでアフィリエイターの力というのは非常に必要ですが購
入者を騙して金儲けするようなアフリエイターにコミッションを払うつもりはありませんので
今後はインフォカートとサブライムストア出しているリセールライト商品に関しては全てアフ
ィリエイターの審査をするべきかなと思っています。