夢を叶えるネットビジネスライフ

植田雅俊のネットビジネス全般サイト。リセールライトやアフィリエイトなどネットビジネスに役に立つ情報を配信中

電子書籍を出版するメリットありますよ

pixel2013 / Pixabay

 

最近電子書籍を出版するメリットって何がありますかって言われると正直私はブランディン
グがつきますよっていうことは動画でもお話ししていますがそれ以外にもあなたが著者とし
て活動できるというのが電子書籍を出すという意味では大きなメリットではないでしょうか。

電子書籍といえば Amazon Kindle をイメージしますが Amazon Kindle に電子書籍を出すとい
うことは大きなメリットはあります。 Amazon という巨大なプラットフォームで電子書籍を
出すのですから少なくともあなたの電子書籍が売れないということはありません。

 

 

少なくとも1万円ぐらいは稼げる

 

 

電子書籍を量産すればするほど Kindle では売り上げは量産に比例して稼げると思いますが
Kindle の場合は KDP セレクトに入るか入らないかで大きな違いが出てきます。 KDP セレク
トは簡単に言うならば無料のキャンペーンが使える代わりに Amazon 以外のところからは出
せないというデメリットもありますがそれでも電子書籍= Amazon Kindle という大抵の方の
イメージはほとんど変わらないでしょう。

またこの KDP セレクト二つの収益源があると思いますので本当に楽といえばらくですね。

 

 

トラフィック生成などに使える

 

 

Amazon Kindle で電子書籍を出すとあなたのことを知ってもらえる他にトラフィック生成な
どにも使えます。なぜならば色々な電子書籍を出しますが基本的にレビューが低評価であっ
たとしてもあなたに関心があるということで売れる売れないは別としても検索エンジンに非
常に強い Amazon ですから検索エンジン対策にはなります。

またあなたがブログなどを持っている場合はトラフィック生成にもなりますのでブログにア
クセスを呼び込む場合にはこの電子書籍というのは非常に有効なツールとして私は使えると思
います。

 

 

アフィリエイトの売上に直結する

 

 

最近アフィリエイターが電子書籍を出版しているというのはよく動画で見ますがこれはア
フィリエイターにとって電子書籍化メリットがあるから出版しているのでしょう。という
ことはアフィリエイターが徐々に電子書籍に関心を持っているのか行動しているのかどち
らかですが私は行動していると思います。

昨年の段階ではまだ技電子書籍には関心が無いなとは思っていましたが徐々にアフィリエ
イターも電子書籍を出すようになったからこれは来年あたりになれば飽和状態になる可能
性があります。もちろん Amazon Kindle だけではなく楽天 kwl など他の電子書籍のプラッ
トフォームを使えばもっと稼げるのではないかと私は思います。

 

 

ローカルビジネスにつながる

 

 

あなたが電子書籍を出版してある程度稼いでいるのであればローカルビジネスにはなりませ
んか。つまりあなたにを知っている人が近くに住んでいるのであればセミナーなどを開いて
ほしいという依頼が来ます。もちろん来ないことはないと思いますが私自身はそのようなぐ
らいまで稼げるようになればもちろん依頼は受けます。

一番魅力があるのはこのローカルビジネスにつながるということではないでしょうか。電子書
籍を出すことは非常にメリットがある反面デメリットもありますか出さない人よりはあなたの
ブランディング力がつくことは間違いないです。失敗を恐れずに対してはいかがでしょうか。

電子書籍=アマゾン・キンドルではない

Javier-Rodriguez / Pixabay

 

電子書籍=アマゾン・キンドルというイメージがあなたにはありますがたしかに
アマゾン・キンドルは私も出していますし多くの人はKindleを勧めますが私は
別にアマゾン・キンドルではなくてもいいと思っています。とはいえアマゾンは
電子書籍に力を入れていますのであなたのノウハウを一度Kindleにだすのもあり
です。

しかし楽天も楽天KWLをやっています。私は日本のアカウントでやる以前はカナダ
のアカウントで日本に向けてやっていました。そのころは日本ではまだやっていませ
んでした。なぜ楽天KWLなのかということを話します。

 

楽天KWLは税金面の心配がない

 

一番多くの方がアマゾンキンドルをやって苦労したのは税金面ではないでしょうか。
アメリカのアマゾンとの契約なのでどうするのかという人は多いと思いますが私は
2013年当時は全て紙でのやり取りだったので本当に大変でした。この頃から
もうキンドルはかなり出版のハードルが高いなと言う人もいますがそんなことは
ないです。

今は日本のアマゾンで出す場合はこういう税金面もクリアしていますし正直楽です
その面楽天KWLは日本ですので税金面は殆どクリアできます。勿論確定申告などは
行かないといけませんが。

しかし今はそんな心配はありません。アマゾン・キンドルも楽天KWLもうまく使え
ばかなりの報酬になるはずです。

 

なぜ楽天KWLなのか

 

楽天KWLはあまり参入者がいないのでここに電子書籍を出せばかなりの確率で稼げる
からです。アマゾン・キンドルと併用する場合は35%のロイヤリティーしかない
ですがここは本当に私はいいと思います。

楽天KWLの場合はEPUB3という規格しか受け付けていないのですが英語圏のKWLの
場合はEPUB2でも大丈夫です。電子書籍はネットビジネスを変えるツールとしては
新たなる意味でも可能性を秘めていますがあまり私自身も人には教えたくはないこと
もあります。

 

アマゾン・キンドルのほうが売れるのだが

 

アマゾン・キンドルはたしかに売れます。放置していても2種類の方法で収益を
上げることができます。

1つは購入することから
2つはキンドルアンリミテッドからの収入です。

この二つの収入源はかなり大きいです。今電子書籍を参入する人はみんなキンドル
をやりましょうといいますが勿論それでもいいと思います。これから私は楽天KWL
とアマゾン・キンドルにあまり書かないノウハウをどんどんと出版していきます。

 

ブログでかけないことも書いている

 

ブログではかけない事も書いていますが個人的にはもう少し先ですが今は経験談を
先に書いています。電子書籍のマーケットといえばキンドルのイメージがどうしても
強いようですがたしかにキンドルは放置してもあるていどは売れます。

しかしレビューいかんではかなり売上が落ちる可能性がありますのでこのあたりについて
はまた書きたいと思いますのでぜひアクセスしてください。

 

情報商材のレビューは下記ブログへどうぞ

Masatoshi Factory

https://lifework.tokyo