タグ: ブログ

アドセンスを辞めたほうがいい理由

No Comments
JuralMin / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

Google AdSense といえばやはりアフィリエイターの収入源ですが私は今すぐやめたほうがいいと思っています。 Google アドセンスの一番ダメなところはとにかく規制が厳しいというところです。 記事を書くときは何を書けばいいのか分からないですしいつ規約違反になっているのかということも分かりませんのでアドセンスで規約違反に引っかかってアカウント停止になってしまうとたまったもんじゃありません。

もちろんこれは YouTube にでも言えることですがアドセンス広告というのは本当に いつ剥がされるかわかりませんので 私はアドセンス収入がセックスに依存するのは やめておいた方が絶対にいいと思っています。 それならば電子書籍を出したりアフィリエイトをやったりという風に自分がもっと収入源を増やす努力をすればいいのに なぜかアドセンスばかりにこだわってしまうアフィリエイターやユーチューバーが非常に多いですね。 これでは身が持ちません。

正直言うとアドセンスだけでは稼げない時代がやってきてと言ってもおかしくはないでしょう。 アドセンスで稼ぐというのはもはや難しいみたいになってきているというふうに思っています。

 

そもそもクリック単価が低い

 

 

私はアドセンスで稼いでいるわけではありませんがそもそもクリック単価が低いアドセンスでやるよりもアフィリエイトで確実に成果報酬を出した方が良いのではないかと思います。 ブログアフィリエイトをやっているとなぜ AdSense ばかりにこだわるのかということが気になりますが AdSense は確かにクリック率が上がれば上がるほど収入になることは間違いありません。

しかしそれは裏を返せばアカウント停止になってしまえば収入が全部 なくなってしまうのでこれはあまり良いことではないです。 AdSense に依存している人ほど自分の収入がなくなった時のことなんて全然考えていません。 私はアフィリエイトで稼ぐのであればブログアフィリエイトで情報発信をしてしっかりと稼ぐというほうがいいでしょう。 adSense 自体を否定しているわけではありませんかただアドセンスだけで稼ぐというのは時代の流れから言うとかなり難しいと思います。

 

成果報酬型アフィリエイトの方がまだ早い

 

 

アフィリエイト売れるのであれば成果報酬型のアフィリエイトをやった方が絶対にいいです。 あなたがブログを開設して半年ぐらい頑張ってやっていけば結果は出てくるでしょう。 私自身も半年ぐらいこのブログが開設してから 経過していますが個人的に言うのであれば色々な変化が出てきています。 まったくそれまで稼げなかったブログがどんどんと稼いでいるので個人的には良い方向に行ってるのではないかなという風に思っています。

エーハチネットでも 楽天アフィリエイトでも個人的にはどこでもいいですが稼げるアフィリエイトサービスプロバイダーを使ってやるのが一番いいでしょう。 私の考えから言うならば A 8ネットでやるのは一番近道だと思っています。 Google アドセンスだと結局のところクリック単価が低いとなれば最低報酬額の8000円まで待たなければいけないというのがデメリットです。 これは YouTube でも同じことが言えます。 YouTube でもアドセンスを使っているので結局のところは動画の販売はできない YouTube でのどこか私自身は ユーチューバーになるよりもブロガーの方がまだいいかもしれません。

 

電子書籍出版も考えた方がいい

 

 

私がお勧めしているのは電子書籍出版ですか 電子書籍出版であれば Google アドセンスよりも稼げるのは間違いないです。 それは言うまでもなく Google アドセンスよりも 電子書籍出版をすればするほど 確実に稼げるのではないかと私は思っています。 不労所得でも 確実に電子書籍の方が 少しの金額でも入ってきますしアドセンスのように 8000円まで待たなければ駄目だということではないです。

アドセンスの場合だと何ヶ月待たなければいけないのかという風にバカバカしいほど規制が厳しいということが あるということは言うまでもないでしょう ですから大事なことは何かと言えば まずは電子書籍を出すということが一番肝心要ではないでしょうか。 私自身も電子書籍を出している人間としては 収入源の一つに考えれば電子書籍が大きくなると思いますよ。

 

そもそも収益化の道のりが長い

 

 

YouTube の場合でも収益化の道のりがとにかく長いので 私自身は YouTube で収益化をやることは今のところは考えていませんがブログの場合もそうですね。 個人的にブログの場合もアドセンスで稼ぐというのは非常に厳しくなっていますが レンタルサーバーやドメイン代が必ずかかってくるので この辺りの事をしっかりと考えなければいけないというのは言うまでもないでしょう。

無料ブログでできた時代はもう終わりました。 そして書く記事の内容によって 一見何もない日記ブログでも 場合によってはアカウント削除というのはあり得ます。 これはアドセンスのポリシー違反だと 言えば簡単な話ですし私自身もいい加減してくれと思っています。ですのでとにかく言えるのは 収益化の道のりは長い YouTube や ブログのアドセンスは非常に効率化が悪いので私はお勧めしません。 どうせやるのであれば 他のアフィリエイトをやった方が良いのではないかと思います。

 

 

しっかり稼げるGoogleアドセンスの教科書 現役アフィリエイターが教える! [ 三木美穂 ]

有料記事が嫌いな理由は価値がないから

No Comments
fotoblend / Pixabay

(2018年8月3日更新)

おはようございます植田雅俊です。

 

よく電子版の新聞で途中までは無料ここから先は有料ですよという記事がありますが私は有料記事に関しては色々な考え方があるとは思いますが正直言って迷惑です。有料記事ということは無料以上に価値のあるコンテンツがあるということだと言えますがはっきり言ってその先が有料以上のレベルのことを書いてあるかどうかは私はわかりませんがいち新聞社の貸すことなんてたかだか知れています。

「全部無料にすればいいじゃん」

あなたの中にはこのように感じたのではないかと思いますが私もその一人です。私はこうしてブログを運営している中で有料級の記事ももちろん書いています。自分が有料級の記事であるというのは正直ありませんし別に無料にして会って損はないと思います。

途中までを無料にしてそこから先を有料にするといういわゆる会員制のビジネス自体は否定しませんが、何かそのようなやり方をされるとちょっと嫌な感じがしますね。。

 

無料でもいいじゃないか

 

 

別に無料でもそれなりの情報を終わりますしどうせ有料にするんだったら電子書籍にすればいいだけの話なんです。電子書籍であればそれなりに有用なコンテンツがあったとしても250円から500円ぐらいで売っているものが多くほとんどの場合は有料かどうかは分からないにしてもそれほど投資しても納得はいくものだと思います。ただ継続課金となると本当に有料かどうかも分からない価値あるコンテンツなのかもわからないものに対してずっと継続課金されるわけですから訳の分からないままお金を取られるということ自体が納得できないでしょう。

私の場合基本的にブログで情報発信をしているのでブログの記事を有料化しようとしたことは何度かありましたが結局バカバカしいので無料で情報発信をするのが基本原則だと思っています。自分がリセールライトビジネスに関する情報もほとんどの電子書籍でまとめていますしこうしてブログで情報発信をしているのであればわざわざ有料記事を書く必要もないでしょう。それであれば電子書籍を書けばいいだけの話です。

 

結局のところ誰も読んでくれないケースが多い

 

 

私はリセールライトビジネスで継続課金をしているインフォブルーリセールライトクラブに入っていたことがあります。ここは今でも月額2980円と安いことは安いのですがそれなりにコンテンツの質はすごく良くリセールライトビジネスをやっているリセラーから見ると非常に価値あるコンテンツを提供しているなという風に感じますし投資してよかったなという風に言えるのではないかと思われます。

しかし有料記事を新聞社が電子媒体でやってしまうと結局のところ何をやっているのかということよりも途中まで無料で記事を読めたのにそこから先が有料っていうことは別に有料にしなくてもいいじゃないかっていうふうに私は思っています。つまりは有料にするほどのない記事でもとにかくお金を取るというのはおかしいのではないかなと思います。

ですから誰も呼んでくれないというケースが多いのではないかと思われますし個人的には全て無料にすればいいと思います。その方が読者がつきやすいですし私自身もおそらく読むでしょう。しかし今の段階で見ていると読みたい記事もそこから先お金を払わなければ読めないというのは馬鹿げていますね。ふざけんなよっていうふうに思うのが一般常識ではないでしょうか。

 

価値ある有料記事であれば電子書籍化する方が早い

 

 

有料記事にするのであれば電子書籍で出した方が早いでしょう。いちいち継続課金にするより Amazon Kindle などに電子書籍を出した方が私自身はいいと思いますし個人的な意見としては非常にメリットがあるのではないかと思います。そうすることによって Amazon Kindle である程度売れればいちいち有料にすることでもAmazon という巨大なプラットフォームで売っているっていうブランドがつけばブログで宣伝してそして自分の書き溜めた記事をリライトし直して Amazon Kindle で売るという方法が一番いいのではないでしょうか。

ただ新聞の電子媒体に関しては本当に面倒くさいですね。会員登録したり途中からお金を払って月額費を取られたりするということ自体が私自身も嫌ですし先ほどもお話ししたようにそれであれば Amazon Kindle で電子書籍を出した方が良い一番速いなというふうに思います。

一時期は継続課金というのも考えたことはあったのですが今はさすがにその仕組みを作るだけでも大変なので Amazon Kindle なのに電子書籍を出した方が一番早いのではないかと私は思います。

 

会員制ビジネスには向いているかもしれませんが

 

 

会員制ビジネスの一番の大変なところは毎月毎月きちんとしたコンテンツを提供しなければなりません。つまり新しい情報を常に発信し続けなければ定額制の料金を取って古い情報だったという風にクレームが来たら意味がありませんね。だからこそ大事なのは課金する場合情報が古いと絶対にろくなことはありませんのでまずあなたがするべきことは有料記事を発信する場合は会員制ビジネスの方が絶対に向いていると思います。ただ私の中ではお金を払いたくない方なので自分が会員制ビジネスをするのであればそれなりに価値あるコンテンツを情報発信できる力があるかどうかですが今のところはありません。

やはり自分自身がそれなりの力を貯めていれば問題はないですが情報がない上に同じことをただ単に言っているというのであればせっかく会員になってくれた人も不満に感じるでしょう。また詐欺師呼ばわりされるのも嫌いなので会員制ビジネスをする際には新しい情報をどんどんと更新できるぐらいの力を持っている人がやったほうがいいと思います。

 

まとめです

 

私の結論から言うと途中まで無料その先は有料というのはあまりお勧めはしません。どうせならば全部無料にすればいいじゃないですか。無料で全てが揃うのであれば価値ある情報を提供したことにもなりますしお客さんも喜んでくれるでしょう。しかし風もないコンテンツをいきなり見せられてそれでお金を取られると言うとあまりいい気はしませんよね。

価値ある情報を発信するっていうことは私は無料でも十分できますしこれだけブログで色々な情報を発信できるのであればわざわざ有料記事なって作る必要はないと思います。それならば Amazon Kindle で電子書籍にすればいいだけの話ではないかと思います