日本では進まないGDPR対策

TheDigitalArtist / Pixabay

 

(2018年9月10日更新)

こんばんは植田雅俊です。

ヨーロッパデータ保護法(GDPR)対策は世界中では対策は進んでいるとは思いますが、日本では全くと言っていいほど対策が進んでいません。私は一か月前に対策を講じましたが、これが全てではないでしょうが何かをやらなければいけないということは間違いないです。日本では民泊事業が許可され、ヨーロッパからの訪問客が考えられる点、この GDPR対策は必ずやっておくべきでしょう。

対策といっても個人、法人では全く違います。ヨーロッパデータ保護法というのはヨーロッパ域外にデータを持ち出すということの厳格な法律ですのでどの企業が当てはまるのかということは正直わかりません。当サイトではよくある質問集の中に簡単な質問集を作っていますがこれはあくまでも個人事業の旬家の質問集ですので絶対ということではありません。

 

もう一度おさらいしておきましょう

 

 

ヨーロッパデータ保護法はあくまでも、ヨーロッパに支店などがあるグローバル企業やまたその関係企業などは完全に対象になりますが自治体ももちろん対象になります。もっと単純に言ってしまえば市役所だろうが感謝だろうが関係ないということです。

ただしどれが除外されるかは本当に分かりませんが以下の三つの条件がある人はおそらくヨーロッパデータ保護法の対象にはならないでしょう。

日本国内で取引をしている
日本円での取引
日本向けの情報発信

つまりヨーロッパデータ保護法の対象はあくまでもヨーロッパですので国内で取引をしている場合に関しては対象外となるかもしれませんがインターネットでどのような取引をしているかというのがポイントになってきます。例えばあなたがペイパル決済を使っている場合または Amazon Pay など明らかに国際決済のようなものを使っている場合はヨーロッパデータ保護法の対象にはなります。またインターネットの場合はヨーロッパからの情報を遮断するという方法もありますが今のところこの方法が正しいかどうかはわかりません。私のブログは全てヨーロッパからの情報を遮断しています。

日本の場合本当にややこしいのは日本政府が公認でヨーロッパデータ保護法をほとんどメディアで報じていないということです。

 

どう対処すればいいか

 

 

どう対処すればいいかは業種によって違います。例えば旅行会社の場合国内旅行だけを取り扱うという方法がありますがそんなこと絶対できないと思います。しかしあくまでもヨーロッパデータ保護法の対象はヨーロッパからのデータの持ち出しということになりますのでこの事を考えると旅行会社をが考えるべきポイントは国内旅行のみを取り扱うしか今のところ対策はないでしょう。

しかしそんなことができるのであれば苦労はしませんし旅行業界からも反発があるのは仕方がありません。また個人で WordPress を所有している人は必ずGDPR対策をしておきましょう。サイトポリシーと、プライバシーポリシーは最低明記しておかなければいけません。これは言うまでもありませんが私自身が思ってるのは WordPress は全てこれをやらなければいけないということです。

 

WordPressプラグイン「WP GDPR Compliance」を導入する

 

 

WordPressプラグイン「WP GDPR Compliance」の使い方に関しては当方が動画解説を作りましたので参考にしてください。今後GDPR対策関連の記事も書きますが、やはりこの対策をしっかりとしておくべきです。何がどうなるかはまだわかりませんので。

 

GDPRに準拠したプラグインを使う

 

今ヨーロッパデータ保護法に準拠した WordPress のプラグインがほとんどないといったところですが今後はおそらくGDPRに準拠したプラグインがどんどん出てくると思いますがこれを使わないと WordPress をやっていけないという風に言われるかもしれません。現場は何とも言えませんが断言できることがひとつあるのは WordPress でネットビジネスをやっている人は必ずGDPRをしておくことです。日本だろうがアメリカだろうがGDPR=ヨーロッパデータ保護規則の対策をするのは当然ですし個人的に言うのであればこの対策をしっかりとしておけば大丈夫です。

私のブログも基本的にはGDPR対策をしています。人それぞれブログの作り方は全く違いますがこの対策をしておかなければ稼いでいるアフィリエイターほどGDPR対策を怠ったとして莫大なリスクを背負うことになるでしょう。ですのでしっかりとしておくのが大事ではないかなという風に思います

レンタルサーバー探していますか

lakexyde / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

 

あなたはレンタルサーバーを探しています。レンタルサーバーのサービスはたくさんあります
がレンタルサーバーを借りてドメインを取得し WordPress を立ち上げますが、ネットビジネス
を始めるためには必ずと言っていいほどレンタルサーバーを立ち上げるのは王道です。私自身
はコアサーバーを使っていますが個人的に言うならばまだ安い方です。もちろん高いプランも
ありますが今は容量はそれほどいらないので自分自身にあったレンタルサーバーというのも色
々と比較して使っています。

WordPress でジャージなのは転送量を見なければいけません。容量が少ないともちろん意味が
ありませんが何よりも見なければいけない部分は転送量です。この転送量というのは1日にどれ
だけレンタルサーバーに負荷がかけられるかということでしょう。あまり重いものをアップロ
ードしてしまうとレンタルサーバーからクレームが来るので本当に大変です

 

おすすめはロリポップ

 

 

私にとっておすすめはロリポップだと思います。なぜロリポップがいいのかといえば初任者向
けのレンタルサーバーですので非常に安いというところがメリットです。またドメインの会社
もロリポップと同じ会社なのでレンタルサーバーとドメインが同じ会社っていうのは非常に安
心できますね。とにかく安くて一番いいところで言えばロリポップがおすすめでしょう。

私ね年もロリポップを5年以上使いましたが最近はコアサーバーに移転しました。コアサーバ
ーの場合はロリポップと同じ会社の運営をしているところがやっているので個人的に言うなら
ばお勧めですが一番いいのは安さがメリットではないかと思います。

 

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB
WordPress専用高速サーバー Z.com WP

 

レンタルサーバー分散する

 

 

レンタルサーバーを分散する理由の一つが色々と使ってみてどれが高いか安いかということを
比較してみるのもいいかもしれません。私の場合コアサーバー、バリューサーバー、スターサ
ーバーの3つをつかっていますが、やはり使いやすいレンタルサーバーというのはコアサーバ
ーではないかと思います。もちろん WordPress を立ち上げればそれほど大したことはありませ
んが、個人的に言うならばやはりレンタルサーバーの分散というのはやっておいてもおかしく
はないと思います。

その理由の一つが同じレンタルサーバーでクラッシュが起きた時にその WordPress が使えな
くなった時にどうするかということです。私の場合は特化型ブログと雑記型ブログを分けてい
ますので個人的にはそれほど困らないですがやはり分散というのをきちんとやっておけば問題
はないでしょう。レンタルサーバーの分散というのは非常にコストがかかりますがここはしっ
かりとやっておくべきですね

 

常時 SSL 化やってますか

 

 

今では常時 SSL 化は当たり前ですが、これからの時代は http から https になるのです。つまり
常時 SSL 化をやっていないとこのブログは危ないですよと言われるような感じです。そしてこ
れらのことをきちんとやっているアフィリエイターはほぼ多いですが私自身も昨年はこれらを
全くやらなかったので今が全部のブログに対してこれらをきちんとやっています。

常時 SSL は本当にコストがかかるのでレッツエンクリプトを全てにおいて投入していますがこ
れでもまだ安いほうかなという風に自分自身は思っています。とにかくやるべきことはしっか
りとやる、これからの時代ワードプレスは常時 SSL 化が当たり前になってきますのでこの部分
はしっかりとやりましょう。

 

GDPR対策をやってますか

 

 

GDPR対策=ヨーロッパデータ保護法の意味ですが5月25日からヨーロッパデータ保護法が施行
されました。これはどこに住んでいようと関係ありませんが当ブログではこのヨーロッパデー
タ保護法に準拠してブログを構成しています。 WordPress 4.96からプライバシーポリシーが追
加されたことはあなたもご存知かと思いますがではヨーロッパデータ保護法の対象にならない
のはどういう人かをここでは暫定的ではありますが書いておきます。

日本国内で情報発信をしている人

日本国内で日本円で取引をしている人

情報販売などを日本国内のみに販売している人

この三つに該当する人は恐らくヨーロッパデータ保護法 =GDPRには該当しないと思いまます。
ただし暫定的なものでありますので今後変わってくれば分かりませんので私のブログでは全て
GDPR対策をやっています。最低限プライバシーポリシーやサイトポリシーなどをきちんと書
いておきましょう。 WordPress を持っている方はこれらを最低限やっておくべきです。やり
方については当ブログを参考にしてやってみてください

 

まとめです

 

 

レンタルサーバーを持っということは基本的にあなたが投資をして回収をするということはこ
れは動画でもお話ししましたように、 WordPress を持って運営をするということはあなたが管
理をすることですからあなたが辞めない限り確実にアフィリエイトをやり続けるということは
間違いないと思います。しかしせっかく投資したのに全く何もやらないというのはもったいな
いです。

アフィリエイトで稼ぎたいと言うのであればレンタルサーバーを借りてドメインを取得し Wo
rdPress を設置してアフィリエイトをやるというのが王道ではないかと思います。