タグ: 動画

PinterestとYouTubeの活用方法

No Comments
kirstyfields / Pixabay

 

おはようございます植田雅俊です。

 

ピンタレストといえばこれまで色々な使い方を説明してきましたがピンタレストと YouTube が最近は英語圏のマーケッターが非常に相性がいいと言っています。 最初は何のことか私もわからなかったのですがピンタレストを使って YouTube の 動画を保存するということです。 もちろん自分の動画をお気に入りのように保存するということができるのは今のところピンタレストしかないでしょう。

ピンタレストでの使い方というのは色々な方法がこれまでありましたが YouTube を使ってのピンタレストというのはなかなか目から鱗でした。 こういう使い方もある 人はいろいろな使い方があるからこそピンタレストを私自身も使っているのですが YouTube を保存できると考えたとき Instagram ではできないことがピンタレストではできるという風に思いました。 つまりピンタレストがすごく日本では敬遠されているかもしれませんが使い方が色々と分かってくればものすごく戦力になるということはお分かりでしょう。

ピンタレストはストック型のソーシャルメディアなので 当然ですが YouTube の動画も ピンすることができます。 今日はこれについての話をしていきたいと思います。

 

一つ一つ整理していく上ではピンタレストを使えば YouTube 動画も簡単に整理できる

 

 

YouTube 動画が投稿すればするほど溜まってきますがやはり過去にどのような動画を投稿したのかということは正直わかりません。 しかしあなたの動画がたまってくるとやはりどうしても整理したくなるということは言うまでもないですね。 その時にピンタレストというのは非常に役に立ちます。 YouTube を開いてシェアボタンを押せばいいのですが最近ピンタレストのシェアボタン がどこかないので私自身は非常に ピンタレストのボタンを アプリで ダウンロードして 作っていますがこのようにしてピンタレストで YouTube の動画が 整理できるというのはある意味いいことではないでしょうが。

もちろん YouTube だけではなく他の動画共有サイトの動画も整理できます。 カテゴリー分けにして ピンすれば結構色々なカテゴリーに分けられるので ひょっとすると再生回数がピンタレストを経由してアップするかもしれません。 このような活用方法というのは今まで私自身もあまり経験してきませんでした。 貞子の活用方法は日本ではあまりやられていないので今のうちにやっておくことをお勧めします。

 

百聞は一見にしかず

 

これが実際にピンタレストで YouTube をピンした ボートですがいかがでしょうか。

 

 

YouTube をこのようにしてピンタレストに保存できるということは非常にありがたいということですが 私は2400本近くの動画を作っているので全部をピンタレストに保存しようとすると結構時間がかかるというのは言うまでもありませんが これらを全部保存すればピンタレストを経由して アクセスが集まるかもしれません。

そうすればメリットよりもデメリットの方が 私は少ないように感じます。 すっきりとした意味でもピンタレストを使ってネットビジネスをやっている自分から見れば YouTube を整理できるということはある意味素晴らしいことだと思います。

 

英語圏のマーケターのトラフィックの流入

 

 

英語圏のマーケッターのトラフィックの流入がこれから考えられるということは YouTube にピンタレストでピンしているということが一番の原因かという風に思います。 インタレストのほとんどは女性なので 英語圏といってもアメリカがほとんどですので私自身がアナリティクスで調べたところ やはり女性のピンタレストの使用率が高くどこか本当にピンをしている人はほとんどが アメリカの場合 女性がほとんどだったので 女性向けのコンテンツを作らなければいけないということがわかります。

ただ YouTube を使った SEO 対策というのが色々ある中でピンタレストを経由して YouTube をピンしていてSEOをしておくのは 非常に良いのではないかなという風に私自身は思っています。 今のところは何とも言えませんが結果的に良い方向に出ているのではないでしょうか。 やはりチャンネル登録者を増やすという意味でも英語圏のマーケッターがピンタレストを経由して YouTube にアクセスするというのが一番いいかなという風に思っています。

 

ピンタレスト誰もやってないからこそチャンスがある

 

 

ピンタレストに関してはこのブログでも散々お話ししてきましたが日本ではほとんど行っていない ニッチマーケットと言ってもおかしくはないです。 私はピンタレストに関しては7月に ビジネスアカウントに切り替えていますので自分自身がネットビジネスをできるようにピンタレストを戦力化して 色々な方向からトラフィックを集めたりアイデアを集めたりなど 日常的にピンタレスト戦力として使っています。

ですから今のうちから ピンタレストをやっているとメリットは結構あります。 今回の事例は ピンタレストで YouTubeもピンできますということを話しました。 是非あなたも参考にして実践してみてはいかがでしょうか

YouTubeのチャンネル登録者が伸びないそんなときに考えたある経験

No Comments
pixel2013 / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

YouTube でチャンネル登録者が伸びない
YouTube でチャンネル登録者が減る

あなたは何かの悩みを持っているのではないかと思いますが私自身も最近はチャンネル登録者が減ったり増えたりの繰り返しで本当に悩んでいますがこのような悩みを持っている時あなたはどうしていますか。 大抵の人は動画投稿をやめているかもしれませんが私もそうかもしれません。 しかし動画投稿していかなければいけないのは言うまでもありませんが私は動画投稿の数を減らして様子を見ています。

鬼のように動画投稿をしてきたのですがそれでもチャンネル登録者が増えない、 しかし動画投稿を減らしても大して変わらない 状況的に変わらない点から入ると何が考えられるのかというのがいろいろとわかってきます。 チャンネルのコンセプトは間違えているのか、 それともそもそも興味のない人間がチャンネル登録者をしたのか 色々ありますが今回は自分の経験から話せることを話してみたいと思います。

 

 

チャンネルのコンセプトがずれている

 

 

あなたのチャンネルのコンセプトは何でしょうか。 あなたのチャンネルが例えばネットビジネスの場合ネットビジネス関係の動画を発信しなければいけないのにどうでもいいような雑談ばかりをしていると当然ながらチャンネル登録者の解除はあっても当然です。 私の場合はどちらかというと雑談の方が多かったかもしれませんが個人的に言うのであればネットビジネス関係の動画を発信していますが反応がほとんどないと言っても正しいです。

なぜ反応がないのでしょうか。 ここが問題だと思います。 せっかく視聴者のために作った動画が全く反応がない、 第三者の影響力を受けなければ結局意味がないということで誰かが口コミで広げてくれない限り私自身は何も分からない状況でチャンネル登録者が急に増えたりする理由の一つは全然わからないのです。 しかしライブをやったとしても 普通に動画を投稿したとしても 全く変わりません。 私の場合はチャンネルのコンセプトは全く 間違っていないと思っていますし個人的には何度も見直しています。

もしあなたがチャンネルのコンセプトを間違っているのであれば修正するべきです。 チャンネルのコンセプトがずれていれば 全く関係ない話をしてしまう雑談動画になってしまうので雑談動画がチャンネル登録がやりにくいということがあります。

 

アンチがそもそもいる

 

 

動画をアップした途端に低評価がつくこれはそもそもあなたのチャンネルにアンチがいるのではないかと思いますが正直アンチがいれば必ずと言っていいほどチャンネル登録の解除というのはありえると思います。 やはりあなたのチャンネルのことを理解するよりもただチャンネル登録をしただけという人が多いのかもしれません。

このあたりもしっかりと考えるとチャンネル登録者をただ増やすだけでは意味がありませんし属性に関係のないチャンネル登録者が意外に多いのかもしれませんね。 私はおそらく属性に関係のないチャンネル登録者が意外に多いのではないかと思います。 つまり言い換えればネットビジネスと関係のない チャンネル登録者の増加が一番ネックになっているのではないかと思われます。

この場合改善される方法としてはチャンネル登録者の属性をもっと考えるということが一番大事でしょう。 ですから一番問題になってくるのが どうでもいいようなユーチューバーのチャンネル登録というのがやはり問題になってきます。 そもそもアンチがいるということはアンチのチャンネル登録者が非常に多いということではないかと思われます。 この点もしっかりにするべきでしょう。

 

内容がつまらない

 

 

あなたの動画の内容がつまらないということがありますかこれは先ほどお話ししたように属性の違うユーチューバーのチャンネル登録が原因だと思います。 それであれば自然にチャンネル登録は解除されるはずですが ネットビジネスと関係のないチャンネル登録というのが非常に多いということはアナリティクス目を見ればわかるでしょう。 私の場合は若者よりもどちらかと言うと中高年の方が 多いのでもしかしたらそれが原因かもしれません。

はっきりとわからない部分もありますが 一つだけ言えることは 属性に合わないユーチューバーのチャンネル登録者が意外と多いのかもしれません。 この場合はチャンネル登録の解除というのはおそらくあると思います。 内容がつまらないというのは まずありえないと思いますがどういった動画に反応するかというのも色々調べてきましたがやはりユーチューバー関係の動画が一番いいと思います。

ネットビジネス関係になればほとんどの反応しないということは 彼らが求めている需要と供給のパターンから計算すると ネットビジネスの 動画よりも ユーチューバー関係の動画を投稿しろと言ってるようなものでしょうか。 この辺りはしっかりとしたデータがまだ分かりませんが考えられることは考えられます。

 

ライブが少ない

 

 

私がチャンネル登録を大きく伸ばすようになったらライブをするようになってからですが 基本的にライブをやったとしてもあまり変わらないなという風に思ったのは日本人の特有の悪い癖が出ているという風に思います。 つまり有名ユーチューバーの場合だと ライブをやってもそれなりにチャンネル登録者が増えますが私のような人間がライブをやったとしてもつまらないと言った感じで全然増えないです。

逆にアンチが増えるところでしょうか。 原因を探って行くと結構色々な所にあたりますがそれでも考えられる点としていろいろ 模索した結果 自分自身は かなりチャンネル登録者を伸ばすために色々やってきたのにですが ライバルが多いのではないかというふうに結論付けました。 ただ自分はネットビジネスをやりたいということなのでそれほど収益化にこだわっていませんが本当に収益化にこだわりすぎるとどこかろくなことはないと思ってます。

 

結論

 

 

チャンネル登録者は 自然に増やす方がいいと思いますがやはり無理やり増やそうとすると ろくなことはありません。 私自身が考える方法としては 動画の質にこだわる方がいいと思いますが 投稿する時間帯を変えるという方法もあります。

ネットビジネスをやっていると色々なことに気づかされますか動画の投稿時間帯を変えればいかがでしょうか。 もしあなたの動画がチャンネル登録者が全然増えないという時に一番やってほしいのは動画の投稿する時間帯を変えればいいと思います。 そうすることによって動画の投稿で質が良ければある程度のチャンネル登録者は増えると思います。 色々模索して思ったのはチャンネル登録者ばかりに目を取られて 物事の本質を見抜けなかったということでした。 これが一番経験して 足りなかったなという部分かもしれません