夢を叶えるネットビジネスライフ

植田雅俊のネットビジネス全般サイト。リセールライトやアフィリエイトなどネットビジネスに役に立つ情報を配信中

漫画村権利侵害していいもんじゃない

mohamed_hassan / Pixabay

 

この世でやってはいけない行為が著作権侵害ですか、日本は著作権侵害に関することについて
は本当に甘い国だと私は思います

なぜそう思うかといえば、 皆さんもご存知のように漫画村のことが 例に挙げられます。たった
数百円出せば買える電子書籍を 無料で読もうなんていう根性が気に入らないと言っているとこ
ろです。 漫画村による被害額は3000億と言われていますが、 これだけの被害額を出したという
ことが当然ながら損害賠償請求では済まないということです。

もはや刑事事件に発展してもおかしくはないのですがなぜこのようにして日本人は 楽をする
ことばかり考えるのでしょうか。 私はリセールライトをやっている人間なので権利ビジネス
をやっている経験上言えますがこんなことはありえません。ですからこんな日本人の権利侵害
はバカすぎます。

 

 

著作権侵害は犯罪行為に等しい

 

 

著作権侵害は権利の泥棒というものですが、 お金を盗んだのに等しいのです。 なぜお金を盗ん
だかといえば 例えば電子書籍を作った場合 その人に入ってくる印税を横からごっそりと結んだ
ということになりますのでこれは当然ながら 泥棒と同じことをやっているのに気づかないので
しょうか。 しかし多くの日本人は著作権侵害を平気でやっています。 これは電子書籍に限らず YouTube でも同じことなのです。 漫画村に関して言えば グーグルから削除申請をさせられてい
るのでもはや見ることはできませんが 根本的な解決というのがまだないでしょう。

漫画村は 海外からはアクセスすることができるそうで本当にこれでは何の解決にもなっていな
いということです。 著作権に関する犯罪というのは特にたちが悪いのは 親告罪でないところが
あるということですね。

 

 

クリエイターはバカをみる

 

クリエイターがバカを見る社会なんてもうごめんです。 せっかく作った著者やクリエイターと
いう人たちは 自分たちがアイデアをかき集めてせっかく作った作品を 他人に横取りされるとい
うことは 本当に悔しいと思います。 しかしそういう輩がネット上にいるということは 今後もエ
ンドレスに続くということでしょう。 それを防ぐためにはどのようにするべきかということを
政府も真剣にかんがえないといけないということです。 ですから大事なことは何かと言えば ク
リエイターを守るための法律を作らなければいけないということでしょう。

ネット社会でおいてこのような 著作権侵害などが永遠に起こると思います。 しかしクリエイター
が馬鹿を見るような時代を作ってしまっては意味がありません。 いつの時代もクリエイターが
苦労してこそ 新しい商品などが出てくるのではないでしょうか。 特に漫画村というのは 昔で言
うならば戦後の闇市のような感じでなんでもやっていいというような 感じが私にはしました。

 

 

自分のオリジナルを活かせ

 

 

自分のオリジナルを活かすということはとても大切なことですが なぜか日本人はそれが出来な
いというのが残念です。個性がありそしてなによりもいろいろなアイデアがあるのであればど
んどん形にすればいいのですが他人のものを パクるということはとてもだめです。これは窃盗
よりもタチの悪いものだと考えてください。 著作権侵害= 権利収入を盗むということにつなが
るのです。つまりあなたはお金を盗んだのと同じぐらい質の悪い犯罪をしたということです。

犯罪をへらすためにはまずは何が必要なのかをしっかりと吟味していきそして予防をするべき
だと思います。

写真素材を購入する理由は安全に使うため

955169 / Pixabay

 

写真を購入する理由あなたは何だと思いますか。写真を購入するわけにはいろいろあり
ますが有料の写真を購入するには著作権の問題があります。私はブログにほぼ写真を使
っていますが CC 0の写真を使ってるのですがこれは簡単に言うならば著作権放棄をした
写真ですのでほとんどの場合が安全です。

しかし中には私のように写真を直接購入して使えるライセンスの範囲でやる人もいるで
しょう。

 

 

写真素材の会社によっては違う

 

 

写真素材のサイトによっては購入金額が全く違いますがだいたい写真素材一つあたりの価
格がだいたい250円から1000円あたりという風に高いというのもありますけどもこれはラ
イセンス上どこまでが使えるということなのでブログぐらいであれば250円から500円あた
りがベストでしょう。

私は写真素材にこだわっているわけではありませんが記事の内容によっては写真素材を有料
に変えたりするというほうが安全だと思っています。やはり著作権が絡むとなればとんでも
ない話ですがネットビジネスどころではありません。ですので写真は慎重に選んでできるだ
け安全だと言える部分を使うといいでしょう。

 

 

ピクサベイなどはおすすめ

 

 

日本でもピクサベイやアンスプラッシュなどこのような cc 0の取り扱ってる写真サイトとい
うのはたくさんありますが私はこのようなサイトを積極的に使うべきだと思っています。も
ちろん警戒心があるというのも分かりますがそれであれば日本の有料写真サイトを使えばい
いのではないでしょうか。

写真素材はネットビジネスにとって欠かせないものですが著作権の問題というのはいたちごっ
こに続くと思います。もちろん自分で撮った写真をそのまま使うというほうが理想的かもしれ
ませんがブログを書く程度であれば写真素材を購入するかライセンスの許容範囲内で使うとい
うほうがベストでしょう。

 

 

人物が写ってる写真はぱくたそなどを使う

 

 

個人的には ぱくたそをあまり使っていませんがやはり写真素材に関することだったらぱくた
そは使いやすいと思いますが私はフォトライブラリーを使っていますのでどちらかといえば人
物が写っている写真素材というのはできるだけ避けた方がいいのかもしれません 。

ただ私の場合はぱくたそを使ったことがないので分かりませんけども無理に使うことはない
と思います。何度も書いていますが一番ベストなのは自分が撮った写真を使うということが
一番著作権上安全ではないかと私は思います。写真のないブログよりも写真のあるブログの
方がいいですね

 

シークレットウェビナーをはじめました詳細はこちらから