タグ: 詐欺師

情報商材が詐欺だとかいうのは責任転嫁をしているに過ぎない

No Comments
ribkhan / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

Google で情報商材を検索するとどうしても寒いという言葉が出てきますが、確かに情報商材の中には詐欺という言葉があってもおかしくはないでしょう。しかし情報商材をひとくくりに詐欺というのはいかがなものかと思います。それは私自身も販売者として YouTube できちんと顔出しをしている人間としていたいのですが、情報商材を詐欺というのは責任転嫁をして自分を正当化しようとしている部分もあります。

ネットビジネスをやっている以上は自責思考で購入しなければいけないというのは何度もお話ししました。つまりすべてはあなたの責任なのです。わざわざこのような責任を放棄して情報商材は詐欺だというのは実におかしな話です。本当に作業するつもりであればあなたを騙します。騙す人間は情報発信などしません。それこそ間抜けな行為だからです

 

購入した情報商材に関しては自分で責任を持つ

 

 

自分で購入した情報商材に関しては自分で責任を持つことが基本中の基本です。もちろん販売者に色々なことが言いたいのは分かりますがあなたがアフィリエイトで成功したいのであればきちんと返金保証があるのかないのかを理解しないまま購入してしまうと販売者はこう言うでしょう

「特定商取引法を読んだのか」

しかし読んでいない場合はあなたの責任になってしまいますので基本的に言うならば泣き寝入りするしかありません。もちろん販売者によっては真摯な対応してくれる人もいればそうでない人もいます。私は基本的に自分の販売している情報商材に関しては特定商取引法に書かれている通りになります。それ以上でもそれ以下でもありません。やはり購入者にも責任があるので全てを販売者やアフィリエイターに責任を押し付けるというのは極論おかしな話です。

 

アフィリエイターのレビューをあてにするな

 

 

アフィリエイターのレビューを父にあてにならないぐらいろくなことは書いていません。書いてあることは何かといえば5段階評価みたいなことをしているレビューサイトばかりです。きちんと実践したかどうかというよりもその人の価値観だけで購入する判断を誤ってしまうととんでもない方向に行ってしまいます。たとえあなたがこの情報商材は稼げないという噂があったとしても実際にやってみると稼げるかもしれません。

もしそれで稼げるのであればラッキーパンチです。その人のレビューがでたらめだったということも証明できるのがついでにあります。実際にやってみないと分かりませんのでとりあえず購入して実践する最低でも一か月はやってみてください。

 

販売者はきちんとサポートをします

 

 

私は自分の公式サイトでもサポートをしますという風に記載していますが、サポートをしない販売者は特に危険です。それらは特定商取引法に書かれていますのできちんとその特定商取引法を見なければわかりません。一番見なければならない特定商取引法を見ないまま購入してしまうとあなたの責任になってしまいますのでそれが詐欺だと言う前に販売者がきちんとどんなサポートをするかというのを確認の上分からないことがあれば販売者に聞けばいいのです。

販売者に聞いてはいけないということはありません。インフォカートやサブライムストアはそこまで口うるさくありませんし私自身ももしそのような質問があればきちんと聞かれたことには答えます。これが普通の販売者のあるべき姿です。販売者がきちんとやらないから結局詐欺商材だと言われるので販売者にも責任があるのは当然ですが購入者にも責任があるということを忘れてはなりません。

 

情報商材詐欺はほんのひとくくりです

 

 

情報商材の作業品のひとくくりにすぎません。私自身はそう思いますしあなたがどう思うかはわかりませんか、基本的に出そうと思えばいつでも騙せるのです。しかしすべての情報商材を販売している人が詐欺師というわけではないです。高額塾を運営している人だって YouTube で顔出ししている人はたくさんいます。その人たちが詐欺師と言えるでしょうか。

もし詐欺師ならばその場で逮捕できるはずですよ。しかし彼らは堂々とはやっていますよね。詐欺師は絶対に堂々とやりません。それが決定的な違いだと思います。情報商材の詐欺師というのは本当にタチが悪いですが私自身は撲滅して欲しいと思っていますし二度とこんなやつらを出さないためにもどうするべきかを考える時期に来ているのではないかと思います。

現代人は考えないから騙される

No Comments
TheDigitalWay / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

ネットビジネスをやっていると本当に色々な情報商材を見ますが現代人は考えずに情報商材を購入しているのではないでしょうか。これが原因となって詐欺商材を掴まされる可能性が十分あるといえるます。やはり大事なことはきちんと考えて購入するということです。

「目的は何か何のためにするのか」

言われなくてもわかるとは思いますが情報商材を購入するということはネットビジネスで稼ぐということですからそれに向けて購入するはずが逆に向かって何もしないということではお金をドブに捨てたようなものですからたまったもんじゃありません。考えないということは脳が退化しているということになります。考える人になっていけば詐欺まがいな商材もなくなるでしょう

 

騙される人に多いのは疑う心を持たない

 

 

日本人はお人好しと言われますがまさにその通りです。このお人好しに騙されるということをまさか誰も知らないとは思いますがお金になると思ったらその人をカモにしてくることは言うまでもありません。私自身も情報商材ですなんとか詐欺商材を購入したことがありますが騙す方から見ればカモリストに入っているのは言うまでもないでしょう。

しかしあなたを騙して何の得にもならないことを彼らはやっているのです。ネットという匿名性を使えばバレないだろうという昨今、もはや弁護士などを使えばれるという時代になってきているのです。私は基本的にこういうやり方は卑怯だと思ってますし騙されやすい人はきちんとした防衛策を作るということを念頭に置きましょう

 

詐欺まがいなレビューに気をつけろ

 

 

情報商材アフィリエイターの中には金儲けのために詐欺まがいなレビューをしている人もいます。こういう人は特に気をつけるべき点は販売者をボロクソに叩いてるところでしょうか。私も販売者として一言言いたいのはこのような人間にアフィリエイトをさせないということです。自分の情報商材が詐欺詐欺まがいだとレッテルを貼られてしまうと甚大なダメージを受けてしまいます。

風評被害と言ってもいいかもしれません。このような風評被害を出すアフィリエイターに関しては適切な処置をとらなければいけませんし御代田アフィリエイトをさせないというような措置もとらなければいけません。詐欺まがいのレビューをしているアフィリエイターは売れればコミッションがもらえると思っていますが私はそんなことはさせません。現在は色々と試行錯誤をしていますがこのような詐欺まがいなレビューをするアフィリエイターに関しては私の商品をアフィリエイトして欲しくはありません

 

購入者側の意識

 

 

購入者側もきちんとした情報を集めて情報商材を購入するかどうかの決断をしないといけません。最近の購入者が他責思考になってしまい何でもかんでもあいつが悪いというようなことばかり言います。このようなことではアフィリエイトをやっても一生稼げないでしょう。自責思考よりも他責思考が多くこれでは全く話になりません。いつも言ってるように自責思考を持つ購入者になりましょう。

購入者が賢くなれば騙されることもありません。どれが詐欺商材なのかどうかは一目瞭然なのであなた自身も少しは賢くなるでしょう。ですからしっかりとした意味でもアフィリエイト系の情報商材を購入するためにも私は基本的には騙されない意識を持ってほしいと思います。