タグ: 電子書籍

電子書籍からどのようにあなたのビジネスに横展開するのか

1 Comment
MariaStichert / Pixabay

 

こんにちは植田雅俊です。

 

電子書籍といえば Amazon Kindle をイメージしますが Amazon Kindle からどのようにしてあなたのビジネスに 横展開して 売上を確保していくということですが amazon Kindle だけでもちろん売上を 確保するというのはできないことはありませんがそれでも複数の収入源を得たいという人はいるでしょう。

色々な方法がある中で私自身が Amazon Kindle を使って色々な収入源を 作っていますが基本的にあなたが初心者の場合まず何をするべきかということが大事です。 Amazon Kindle で電子書籍を出すということはこれまでは話ししてくださいですが並大抵のことでは あなたのことを知ってもらえないということは言うまでもありません。 電子書籍作家として 一応あなたの方が気がつくのですが 最近はライバルが多いということが非常にわかってきているので どのようにすれば電子書籍が売れるかということもありますし 電子書籍を使った活用方法というのを今回は色々と話していきたいと思います。

 

まずは Amazon Kindle で電子書籍を出す

 

Amazon Kindle で電子書籍を出すということは言うまでもありませんがまずは Amazon Kindle で電子書籍を出さなければ何も始まりません。 電子書籍を出してあなた自身がある程度印税だけで食べていけるということがあればそれでいいですが 印税だけで食べていくということは 逆に言うならばライバルが増えてくると ベストセラーを出した時に あなたから購入してくれる人が減ってしまうかもしれないのです。

まずあなたがやるべきことは Amazon Kindle から電子書籍を出すこと それが大事 ではないかと思われます。

 

ブランディング力をつける

 

 

アフィリエイトをやっていてもブランディング力をつけるということは非常に大事ですか電子書籍をやっているとブランディング力がさらに付きます。 電子書籍をやるということは他の人がなかなかやっていないことをあなたがやりますから一冊二冊電子書籍を出しても 全く意味はありません。 あなたが電子書籍をある程度かけるようであればそれなりに 売れてくるようになったら やるべきことはあるでしょう。

電子書籍は出しただけでは当然ですがブランディング力をつけることはできますが 売れるということではないです。 売れるためにはさらに電子書籍を書くということをやらなければいけません。 私自身も電子書籍を100冊以上変えてきましたが まだまだ発展途上の段階で何とも言えませんが電子書籍はとにかく不労所得を作るための ツールだと考えていてもおかしくはありません。 もう少し簡単な言い方をすれば自動販売機を作っていると言っても仕方がないですね。

 

ある程度利益が出たら 活用シーンを考える。

 

 

Amazon Kindle で電子書籍を出している場合ある程度利益が出ていればいろいろな活用シーンが出てくると思います。 私の場合は基本的にアフィリエイトに結びつけるように色々と工夫をしていますが どのようにして行っているのかというのは色々と 迷う部分もありますが基本的に Amazon Kindle で書く内容を全てネットビジネス系の電子書籍にして今は書いています。

そうすることで自分のブランディング力を上げることができるそしてまた 今まで知らなかった人に知ってもらえるというようなメリットがあるのではないかと思います。 このようにして色々な意味で私自身は電子書籍を 量産してきていますがなかなかうまくいっていないのも現状かもしれません。 しかし諦めずにどんどんと電子書籍をよろしくということは 自分自身のためにでもあります個人的に言うならば 電子書籍からどのように 他のネットビジネスに発展させるかということを考えなければいけないというのが第一命題でしょう。

 

あなたが初心者ならばまずは ブログの誘導に使う

 

 

電子書籍の一番使い方の簡単な方法としてはあなたのブログに誘導するという方法があります。 この方法は非常に簡単であなたが一番わかりやすいと思いますが 電子書籍の 中にあなたの ブログの URL を貼っておくなどすれば問題はないと思います。 正しい Amazon Kindle 以外のところ のマーケットプレイスで出せば リンクを貼ることが禁止されているところもありますので気をつけてください。 特に楽天KWLに関しては 全てのリンクが禁止されていますのでここはやめておいた方がいいと思います。

圧倒的に Amazon Kindle で電子書籍を出すというメリットはお分かりと思いますがまずはブログの誘導をするということが一番簡単かもしれません。 ブログの誘導をするっていうのは非常に難しいということはありえませんが、 初心者としては一番やりやすい方法ですのでぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

まとめです

 

 

今回は まずは電子書籍を出してからの話になりましたが 最初に電子書籍を出さなければ何も話にはならないということです。 つまり電子書籍を出してからある程度印税収入を入れることができれば 次にやるべきことがアフィリエイトを使ったり情報販売をしたりしている人はそこから横展開をするということを考えてもいいと思います。 今回は一例としてブログへの誘導というのをお話しさせていただきました。

何か物足りないなーと言うかもしれませんが 確かに物足りない部分があったかもしれません。 しかし今回の事例だけではなく私自身も色々な事をやっていますので とにかく言えることは あくまでも 電子書籍は入り口に過ぎないということに 気が付いていただきたいと思います

アマゾンレビューに思った低評価オタクの虚構

No Comments
Tumisu / Pixabay

 

おはようございます植田雅俊です。

少し前に私自身が Amazon レビューの事を色々書きましたが Amazon レビューに関してはなかなかなくならないのが低評価レビューです。 低評価レビューと言うとどうしても youTube の誹謗中傷と同じぐらいたちが悪いですね。 半年前 私の電子書籍も誹謗中傷の雨あられでした。 今でもそうかもしれませんがなぜか特定の人間をレビュー するというよりも低評価をつけるためにレビューをするというのは いかがなものかという風に感じました。

なぜ自分が出すたんびに低評価ばかりが作れないだろうかというふうに最初は思いましたが 低評価よりも何を求めているのかといえば私を Amazon Kindle から追い出そうということばかりを考えていたのではないかと思われます。 本当にそういう人間の根性が一番汚いのは何かと言えば 偽善者ぶっているところでしょう。 今回このような偽善者に会わないようにするためにはどのように対策をすればいいのかという事を皆様にお話ししていきたいと思います。

 

偽善者はあなたの周りにもいる

 

 

Amazon レビューをしている人というのは誰なのか分かりませんが正直言うとあなたの周りにいる可能性だってあります。 一間仲の良さそうなお友達、 近所付き合いのいい ママ友 などなど本当にたくさんの人があなたの電子書籍を購入しているとします。 そうするとその中の一人があなたの電子書籍に対して低評価を付けボロクソに書いているというケースがありますね。

でも相手が誰なのかということまでは分かりません。 分かるケースとしたら本名で出していく ケースぐらいしかないでしょう。 しかしこのようなケースはあまりまれには見ないと思いますが 私自身は本名でやっているので自分が誹謗中傷のレビューをしたらすぐにわかってしまいますのでまずそういうことはいたしません。 自分がやるべき事っていうのは公正公平にレビューをする それが一番の 大事なことではないかと思われます。 ですので大事なことは何かと言えば自分で前がしっかりとした レビューをすることが大事ではないかという風に思います。

 

まるで言論弾圧

 

 

あまりにひどいレビューだと みなされる場合はアマゾン側に通報するという方法もあります。 私も実際に 評価オタクの人間を通報したことがありますが 一度はレビューは消えたのですが また書かれているという現状です。 何か勘違いしていないのかという風に私自身が思いますがこう言った人は自分が正義だと思い込んでいる勘違いな人間だとしか思えません。 何を言ってもおそらくこのような人は 正義感ぶった生き方をしているだけの くすぶり続けている人間でしょうか。

ルールを守ってやっているのにあたかも ルールを守っていないなんて言われると たまったもんじゃないですが なぜか特定の人にレビューされるというのも嫌な話ですが私はこのような経験から一つだけ言えるのは このような人が言っていることなど信用しない方がいいと思います。 やっていることがでたらめなのに言っていることが矛盾するなんていうことは明らかにデタラメですから騙されないほうがいいと思います。

 

回避する方法はひとつだけ

 

 

回避する方法はいくらでもありますがたったひとつだけ ですね。 それは無視をする以外に方法はないと思います。 他のレビューを見ていてもそうですがまともなレビューならば問題はありませんがこういったクレームばかりをつけるデビューというのは基本無視してもいいです。 意見を聞く必要もありませんし無駄な意見を聞く暇があったら私は自分自身でもっと電子書籍を書きます。

無駄な時間を過ごす程度であれば 自分のスキルを磨くためにも電子書籍をどんどんと書いていく それが一番いいのかもしれません。 アマゾンのレビューには本当にもっと健全化してほしいのですが なかなかそこまではいかないと思います。 そうすると発言の場を奪われてしまうという風に 言われるのが嫌なんでしょう。 しかし私自身はこのようなレビューを受けて売り上げも多少は下がりましたし このような評価オタクの人間には呆れたなという風に思います。

 

人の噂も75日

 

 

人の噂も75日とは言いますが私自身は今は 評価オタクのレビューなんて気にしませんし全体的に自分の書きたいことを書くということをコンセプトに電子書籍を出しています。 今思えばこのようなレビューを書く 虚言癖のついた人間というのも珍しくはないですが本当に迷惑被ったと言う 経験がある以上は 関わらない方がいいと思います。 関わっていると必ずと言っていいほど邪魔をしてくるというのは言うまでもありませんか本当にこのような人間が一番たちが悪いのは偽善者ぶってるというところでしょうか。

何を書いても評価1 そのような人間ってどのような生き方をしてきたんでしょうね。 私はそういった人間が一番嫌いですはっきり言うと すぐしたいのかどうかわかりませんが このような人間には絶対にならないようにしたいと思います。

 

公正公平なレビューをしてこそ意味がある

 

アマゾンのレビューに限らず全てのレビューには公正公平が基本です。 偏ったデビューばかりをしている人間というのは必ずと言っていいほど人生で失敗している 人間でありなおかつ何をやっても失敗する他責思考の人間ではないかと思います。 他責思考の人間が人のやることをとやかく言われる筋合いはありませんし潰すということはまさに 他人の人権を踏みにじるようなことでありやっていいことなのかというふうに私は思います。

あなたの近くにこのような偽善者ぶった人間がいた場合非常に危険です。 私自身はいろいろな意味でも 公正公平なデビューというのはきちんとやっておくべきだと思っています。 一般常識として当たり前のことができない人間というのはネットビジネスをする必要なんてありません。 むしろやめていただきたいと思います。