タグ: YouTuber

稼げないと思いますといった人は終わっている

No Comments
PhotoMIX-Company / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

私はインスタグラムを動画共有サイトに力を入れていますがネットで調べてみると Instagram の動画共有サイトは終わっているとかメリットがないとかよく言いますがそんな人はもうとっくに終わっていると思います。なぜならば彼らは投稿する段階からもうそのようなことを言っているのでありなおかつ私自身はどんどんと使い倒して将来的にインス tagram が広告収入のシステムを作った時にどのようになるか分かりませんか YouTube よりも稼げるようになった時本当にいいものだなと感じれるように思いました。

まだ Instagram の動画共有サイトが始まってから2ヶ月程度しか経っていません。たったの2ヶ月で何がわかるのでしょうか。5年後想像してみてください。私は5年前 Amazon Kindle に参入しましたがその頃も Kindle は破産に全く普及しないと言った人がいましたがどうでしょうか。5年経った今 Amazon Kindle は参入者が本当に多くなっているんではないですか。つまり5年前と5年後を比較すると全く状況が変わっているということなのです。 Instagram の動画共有サイトが5年後どのようになっているか分かりませんただ期待することは広告収入がつくということです。

そうなれば女性のインフルエンサーが現れることでしょう。圧倒的インスタグラムは女性が多いので私自身も Instagram に力を入れています。まさにこれからの時代は Instagram の動画共有サイトに力を入れるべきですよ

 

Instagram の動画共有サイトの力を入れるべき理由

 

 

Instagram の動画共有サイトに力を入れるべき理由は二つあります。一つは参入者はまずいないことともう一つは否定的な意見が結構多いことです。また英語圏ではカナダのユーチューバーリリーシンが YouTube 側から引き止め工作を行われていることも知っています。このような動きから考えられることは Instagram の動画共有サイトが今後 YouTube にとって脅威になるからです。つまり私はインス tagram の動画共有サイトに今のうちから動画を投稿しておくことをお勧めしたいと思います。

先行者利益を入れる意味でもまだ広告収入は付いているわけではありませんが有益なコンテンツを配信していく意味では Instagram 動画共有サイトに今のうちから参入しておくとメリットは大きいでしょう。私自身もインス tagram を使いこなしていましたがやはりインスタグラムの動画共有サイトができてからは積極的に投資しています。 YouTube では言えないことをほとんど話していますので個人的に言うのであれば今のうちからやっておくことが一番大事です。

 

 

どんな内容を話せばいいのか

 

 

Instagram の動画共有サイトで話すことは役に立つの動画を作ることです。私は3分から5分ぐらいの動画を毎日発信していますがその中でネットビジネスに関する情報をコンパクトにまとめたものを作っています。このようにして動画を作れば作るほど本当にインス tagram の動画共有サイトは楽しいですまた Instagram も逆に言えば楽しいと思います。

ですのでこうやってインスタグラムが継続すればするほど Instagram 動画共有サイトが本当に面白くなってくるのは言うまでもありません。今のうちにやっておくということは先行者利益を得てこれは間違いないと思いますよ。だからこの大事なのは Instagram 動画共有サイトが今後収益化プログラムを発表した時にそのタイミングで YouTube を辞めることができるかどうかなのです。私はいつでもやめることができる人間なのでただアカウント停止になった場合の話ですけども。

 

新しいインフルエンサーマーケティングが進む

 

 

Instagram から新しいインフルエンサーマーケティングが進むでしょう。私もそれについては否定しませんがとにかく一つだけ言えるのは Instagram が間違いなしに今後 YouTube を抜く可能性というのはあります。ユーチューバーと言われる人のほとんどが現在の収益化に不満を持っているということは以前も書きましたが Instagram に期待することはもはや収益化の一つに過ぎません。私はインフルエンサーマーケティングが確立に進むとすれば Instagram でしょう。

このインスタグラムをフルに活用して動画共有サイトと通常の Instagram で色々なことができればいいと思います。もちろんライブもできるので Instagram はほとんど使い方を知らないなんて言う人はいないでしょうし私自身もインスタグラムをもっともっと使いこなせたらなあというふうに思います。

 

悩むより前へ進め

 

 

Instagram マーケティングをするのであれば今のうちにやることが大事です。何度も言いますが インスタグラムは年々進化していることは言うまでもなく今後は間違いなくネットビジネスの中でインスタグラムが成長していくのは言うまでもありません。そして YouTube のような巨大なプラットフォームを持ちユーチューバーの大半が Instagram に流れることでしょう。

私はユーチューバーが衰退していくというのは間違いなく見ていますが現在の YouTube の収益化を見ていると本当に不満だらけなのかユーチューバーを辞める覚悟で Instagram をやればいいと思います

YouTubeをどう活かすのかポイントはここにある

No Comments
StockSnap / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

今ではユーチューバーという言葉が流行してからもう3年ぐらいは立つのかもしれませんが私はユーチューバーという言葉が嫌いではありませんがやはり YouTube で稼ぐと言うと周りの人はこう言うでしょう。

「ユーチューバーなんてやめておきなさい」

確かにそうかもしれませんが中身は品性の悪いようなユーチューバーもいるかもしれないですが私はそうは思っていません。しかし YouTube で稼ぐということをまず考えていかなければならないのは一つの柱として考えた時に YouTube は確かに稼げます。しかしアカウント停止になる原因を作っている人ほどリスクが大きいということも知っておくべきでしょう。ユーチューバー=安定この勘違いしたようなユーチューバーの非常に多いですかルールを無視すればユーチューバーは容赦なしに削除してきます。

現在の傾向はチャンネル登録者の数なんて関係ありませんし個人的にはまず動画投稿をしっかりすれば問題ないでしょう。真面目にコツコツと動画を投稿するそうすれば収益化まで遅かれ早かれ実現するのではないかと思われます。

 

YouTube の活かし方検索エンジンとして使う

 

YouTube は巨大な検索エンジンとして考えたときまさにビデオの検索エンジンと言えるでしょう。ビデオの SEO 対策をすれば膨大なトラフィックが集められるということではないかと思われます。ここに気づくか気づかないかで作業がものすごく違ってくるのではないかと思われます。非常に以上のトラフィックというのは大きくなおかつ私自身も YouTube を活用してのトラフィック生成をやっています。

ビデオはなぜトラフィック生成に役に立つのかといえばそれは ディスクリプションの中にリンクを張っているからです。だからこそビデオが検索エンジンになるんではないかと思われます。ビデオの SEO 対策というのは非常に私自身も役に立っていますし正直日本でこれをやれば確実に検索エンジン対策にはなるでしょう。このビデオの検索エンジン対策をしっかりしておくことこそか一番大事ではないかと思われます

 

YouTube の活かし方その2コンテンツとして使う

 

YouTube =コンテンツ

私自身はこの考え方を捨てていません。理由は簡単です。 YouTube は常にコンテンツを作っているところでありなおかつ私自身もコンテンツを作っているからこそ色々な意味で役に立つ情報を発信をしているのではないかと思われますがほとんどの人はコンテンツを作ってるという概念がありません。自己満足な動画を作ったり人を嘲笑うような動画を作ったりとこれがコンテンツと言えるのかっていう風な動画を作っているので私から見ればユーチューバーの半分ぐらいがコンテンツビジネスをやっているというような感じとは思えないのです。

広告収入を受け取るのであればコンテンツをしっかりとしておかなければいけません。コンテンツビジネスで稼ぐということは前にコンテンツを作るそして人に感謝されるコンテンツを作らなければ当然ですが YouTube 側にメリットのないようなものを作っていればアカウントページはいつかくらうでしょう。ですから大事なことはコンテンツを作るという概念を持っておくことです。何でも作ればいいじゃんということではなく人のために役に立つコンテンツを作り続けることがユーチューバーとしての命題ではないでしょうか

 

YouTube の活かし方とその3ナレッジベースとして使う

 

 

YouTube の使い方三つ目の方法はまさにナレッジベースとして使うという風に私は持っているのですがなぜナレッジベースなのかといえば人は何かに悩んでいるとすればそれを動画で解決する方法がありますよね。私は常に動画で解決する方法があるのであれば自分のチャンネルをナレッジベースとして使う方法が一番いいのではないかと思っています。 YouTube で解決する方法ができたならばそれらをナレッジベースとして同じ悩みがあるのであればその動画を視聴すれば問題はないと思いますしまた違う視点から言わせてもらえればこれはの動画をベースにして色々な悩みを解決にする動画を作り続けるというのもありでしょう。

つまり YouTube を悪い言い方をすればお客様センターのように使いこなすというのも一つの方法ではないかと思われます。私はこの方法はあまり好きではありませんがしかし YouTube というのはある意味活用方法的に言うというような使い方をするのであればナレッジベースとして使うというのは悪くないと思います。人が悩んでいる動画を作ってアカウント停止になることはないでしょう。やはり人に役に立つ動画を作るというのが私のコンセプトなのでそんな人をいきなり追い出すということはまずありえませんね。このような動画を作ることが一番大事ではないかと私は思っています。

YouTube の活用方法が腐るほどありますが何より大切なことは人の役に立つようなことをすることではないかと思いますよ