アフィリエイト

他責思考の人と関わるな

更新日

 

他責思考の人と関わるな

こんにちは植田雅俊です。

ネットビジネスをやっていて色々な人を見てきましたが私は他責思考の人間とは絶対に関わりたくないというのはこれまでも書いてきました。他責思考とは文字通り人のせいにして その場しのぎにしてしまうような人間でとんでもない人のことを言いますが私はそのような人間とは絶対に関わりたくはありません。

例えば情報商材のレビューを見ていても思い出しましたが なぜ稼げない 情報商材のレビューをしている人が販売者を叩くのでしょうか。 あなたは情報商材アフィリエイターとして販売者から コミッションをもらうはずの立場にあるのになぜ販売者を叩くのでしょうか。 もぐらたたきのように販売者を叩いて都合のいい時だけはコミッション送りなんていうのはすごく虫が良すぎますね。 私はこういった人間には絶対にコミッションは あげませんしアフィリエイト自体も禁止させます。

ネットビジネスをやっていればこのような人間はいくらでもいますが他にもたくさんいます。 本当に質が悪いと言えば質が悪いです。

 

人のせいにしてどうする

 

ネットビジネスをやっていると人のせいにしたがるような人間が多いですが人のせいにしてもそもそも意味がありません。 私はアフィリエイトで稼いできましたがひとのせいには決してしませんでした。 もちろん自分の至らない部分があったかもしれませんがそれでも自分で頑張ってきました。

しかし多くのアフィリエイターは稼げないと言った途端に他力本願になって 人のせいにしたがるようなタイプが非常に多くなり 私も本当にこのような連中ははた迷惑だなという風に感じてきました。 結局のところ何が言いたいのかと言えば自分の力で稼げばいいのに稼げないからと言って情報商材のせいにしたり するのはいかがなものかなという風に思っています。 情報商材が悪いのではありません。 もちろん中にはとんでもないようなものもありますか詐欺まがいな情報商材があるのであればそもそも情報商材 ASP そのものが問題視されるでしょう。 しかし稼げないアフィリエイターが結局 悪口を叩いたりするのは愚かな話だと思います。

 

努力が足りないだけに過ぎない

 

人の何倍も努力をすればいいのに 楽をするからこそ行けないのであってアフィリエイトで稼ぎたいのであれば 作業をどんどんするべきであるということは何度も書きました。 本当に大事なことは何かと言えば私自身は自分の経験から言えることはとにかくあなたが稼げるまでどれくらいかかるか分かりませんが必死になって 作業をするそれは言うまでもありませんかあなたは今ネットビジネスで稼ぎたいですよね。 でも多くの人は挫折をしてしまうそれは仕方がありませんが 諦めては意味がないです。

アフィリエイトの中で一番タチの悪いのは カルト宗教化したものでしょうか。 自分の考えを押し付けて稼げるようにすると言ったいわゆるアフィリエイトの 宗教団体のようなものがあったりします。 個人の考えよりも セミナーや高額塾の考え というものもありますがもちろんセミナーや高額塾の悪口を言っているわけではありません。 個人個人が努力をしなければいけない時にこういうくだらないことに 騙されてはいけないということです。 ですから大事なことは何かといえばまずは努力が足りなければ努力をたくさんしましょうということです。

 

もっと努力すればいいだけ

 

私はもっと努力すればいいだけだと思っていますか本当に今の世代の人間というのは努力をしないでしょう。 なぜ努力をしないのか知りませんんがもっともっと努力をすればいいのにと思っているのにと思いますが基本的にはいろいろな想いがあります。やはり大事なことはなにかといえば 稼げるまで諦めないという根性論というのがやはり今の時代は必要なのかなという風に私は思います。

根性論と言うと悪いイメージがありますがネットビジネスの世界で根性論が悪いと言うのであれば 楽をしろというのかという風に私は逆に質問したいですが そんなことはまずはありえないでしょう。 ネットビジネスで成功したいのであればまずは稼ぐまで コツコツと努力をするということが基本だと思います。 ですのであなた自身が今後稼いで行きたいのであればまずは努力をすることをお勧めしたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です