レビュー

Amazonの低評価レビューは2つのパターンに分けられる

更新日

3dman_eu / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

なんでも評価したがる日本人の悪い癖ですが Amazon の低評価レビューに関してはこれまでも書いたように私はほとんどあてにしていません。しかし中には Amazon の低評価レビューで傷つく人もいるでしょう。私が電子書籍を出していることはご存知かと思いますが Amazon で電子書籍を出して低評価レビューがつく場合二つのケースがあります。

一つは明らかなるネットクレーマー
もう一つは建設的批判

この二つです。ではこの二つについて見ていきましょう。。

 

ネットクレーマーほどたちの悪いものはない。

 

 

ネットクレーマーとは文字通り何でもかんでもクレームをつけてくる人間のことです。内容を読まないでただ単に低評価をつけて誹謗中傷する人間のことを言います。私が違う電子書籍作家の書籍を購入したのですがその時低評価が続けられていたので本当にこれが低評価に値するかどうかというのを自分自身で購入していたしか見てみました。しかしその電子書籍は素晴らしいものであり私から見れば低評価に値するものでは全くありませんでした。

「なぜこのようなものが低評価に値するのだろうか」

自分自身でもこのような疑問が浮かびましたが恐らくは人間の価値観のせいでしょう。また Amazon のレビューのシステムにも問題があると思います。購入していない人間にレビューをさせないというのが私は一番望んでいるのですが基本的に購入した人間だけにレビューさせるというのが一番いいと思います。ここで気を付けなければいけないのはネットクレーマーの手口です。私はいつもお金で悪口を書いているのかっていうふうに揶揄しますが本当に Amazon の低評価レビューを見ているとお金でわざわざ時間を持て余している暇人なのかというふうに思ってしまいます。ネットクレーマーほどたちの悪いことはないというのはとにかくしつこいです。そのしつこさは半端なものじゃありません

 

ほとんど中身を理解するにはレビューしているだけ

 

 

ネットクレーマーのたちの悪い所はほとんどが中身を理解せずにデビューしているとしか思えないんです。きちんと中身を選んだのであれば実践をしてから2がデビューするとは思うんですがとにかくダラダラと時間をかけてレビューをする評価お宅のような人間というのが典型的なネットクレームはではないかと思われます。このようなネットクレーマーに引っかかってしまうと、お金で悪口を書くことが偕楽的になってしまいそこから一生抜けられないようないわゆるジャンキーのようなものになってしまうでしょう。

このような人に改善を求めてくれと言われても私はまず無理だと思います。一生懸命やったところでネットクレーマーは一生嫌がらせをする人間ですからたまったもんじゃないです。自分がするべきことはこのような類の人間を相手にしないということが一番いいと思います。このような類を相手にしていると必ずと言っていいほどかまてっちゃんのタイプだと言えるのではないでしょうか。。

 

建設的批判はまだマシ

 

 

いくら低評価をつけられたとしても建設的批判はまだマシです。それは改善してほしい点をきちんと指摘してくれるからです。ネットクレーマーの場合はただ批判や誹謗中傷を繰り返すゴロツキと大して変わりませんが建設的批判をする人はきちんとそれなりの改善点を指摘してくれます。それであるならばきちんとした改善点をすることにより売上アップにつながるのではないでしょうか。 Amazon の低評価レビューを見ていると本当に色々なことを書いている人がいますがそれは本当に逆の言い方をすればここまで努力したことふいにするようなことにはならないとは言えないのです。

ネットクレーマーの耳を貸す必要はありません。彼らの言うことなど信用していたら電子書籍を書くところか潰されるだけですから彼らの言うことはは聞かないようにしましょう。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です