レビュー

低評価レビューをつける人はなぜ多いのか

更新日

Tumisu / Pixabay

 

あなたが何かを出すたんびに低評価レビューをつけられるって言うことはありませんか。
楽天や Amazon で商品を出すたびに低評価レビューを付けられるということは避けられな
いと思いますですがあなたが低評価レビューをつけられたということは少なくともあなた
の商品を見ているまたは興味があるからレビューをつけているのではないでしょうか。

確かに低評価レビューをつけられると落ち込むことはありますけども私自身は Amazon Ki
ndle で電子書籍をこれまでたくさん出しましたがたくさん低評価レビューをつけられまし
た。こんなことを自慢しても意味がありません。

 

 

低評価レビューはコアなファンがついている証拠

 

 

低評価レビューをつけるということがあなたにコアなファンが確実についている証拠ではない
でしょうか。つけないよりつけられる方がまだマシですが誹謗中傷されるよりはマシです。た
だこれが誹謗中傷になってしまえばあなたのビジネスは完全にダメージを受けるでしょう。ア
フィリエイトもそうですねあの商材は詐欺だこの商材は詐欺だと言っている間に時間が過ぎてし
まうだけなので何の意味もありません。

ですのでここはあまり気にしないで自分のビジネスをどんどん邁進していくことが大事ではない
でしょうか。低評価なんて誰も見たくはありませんがそこから改善するという方法もあります。
しかしそんなに低評価を改善したとしてもまた低評価がつくものです。

 

 

いたちごっこになる可能性もある

 

 

悪意のある低評価っていうものはどんなものかと言うとやはりその人を貶めるようなことをや
っている人ではないでしょうか。もはやその人の人生なんてどうでもいい話ですけども私自身
はアフィリエイトで成功したいですし今はリセールライトで成功したいので本当にコツコツと
頑張っています。

どんなに頑張っても足を引っ張るようなレビューをする人もいます。それは仕方がないかもし
れません。私の中ではその人はもう真面目なレビューをやってくれないと思っていますし個人
的に悩む必要もなくなるでしょう。ですからあなたもレビューをする際はしっかりと改善点を
要望するという意味でメールをするべきではないでしょうか。

 

 

誹謗中傷と勘違いしているのか

 

 

最近のレビューに多いのは誹謗中傷と勘違いしている人が非常に多いということです。
レビューと誹謗中傷というのは全く言葉が違います。商品に対する評価をするのであれば
問題はありませんが個人攻撃をするためにレビューをするというのはこれはもはやお門違
いというものです。この辺りを勘違いしているとただ仕事を妨害しているだけに過ぎません。

ですので大事なことは何か先ほども話したようにレビューは慎重に行いましょう。あなた
が逆に訴えられる可能性だってあるのですから

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です