レビュー

アマゾンの低評価レビューは反面教師になるが中にはクレーマーもいる

更新日

Tumisu / Pixabay

 

Amazon のレビューは反面教師になる傍らクレーマーがいるということも間違いないで
すが、私自身は本当に電子書籍を出してからいろいろな低評価レビューをいただきました。
確かに私の至らない部分はあったとしてもクレーマーは質が悪いです。

低評価レビューも二つのタイプがあり、一つは改善してほしいという意味合いがある低評
価レビューともう一つは完全なるクレーマーのタイプ、このタイプはどちらも一見似てい
ると思いますが私は後者はタチの悪い方だと思ってます。

 

クレーマーはどんなに修正しても低評価1だけ

 

クレーマーは本当に質が悪いです。私で前もこういった電子書籍を出しているのでクレーマー
はさせられないでしょうがどのように対処すればいいかと言うとあえて相手しないことです。
相手するからろくでもないのです。クレーマーから何を学ぶことはありませんし所詮その人は
可哀想だなっていう風に思えばいいだけです。

どちらかといえば学ぶべきなのは何かを指摘してくれる人です。偉そうな評論家気取りのよう
な人間より書籍に対するレビューをしっかりとしてくれる方がまだマシです。

 

建設的批判は改善すればレビューが少しでも変わる

 

建設的批判は特にレビューが1だったのが家に帰るかもしれませんが極端な話をしても仕方が
ありませんね。一番大事なのはここでしっかりと指摘された部分を改善するということです。
もちろん気に入らないでしょうが作業と話したクレーマーよりはマシです。クレーマーはどんな
に改善したとしても 評価をつけるのは1です。なぜならばそれが楽しみだからです。

 

そんな人に悩まされるより自分の信じた道をどんどんと突き進むこれがビジネスにとっては大
事なのです。当たり前ですがネットビジネスで成功するためにはこのようなクレーマーとも対
峙しなければいけないのは間違いありません。

 

低評価レビュー=悪い書籍ではない

 

低評価レビューがつくと悪い書籍のイメージがつきますが確かにそれは人によって低評価をつ
けたがるアホがいますが、どんなに低評価をつけられても私はどんどんと這い上がってきます。
それは打たれ強いプロボクサーのように何度でもチャレンジしていくからです。

評論家気取りでは人は生きていけません。私はネットビジネスをやっているので評論家では
ありませんししとうのものを評論するのが仕事ではありません。 ですから自分は色々な意見は
あったとしてもしっかりとした電子書籍を出し続けてこそ意味があるのではないかなと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です