レビュー

どうして低評価レビューをつけたがるのか?

Tumisu / Pixabay

 

どうして日本人は低評価レビューをつけたがるのでしょうか?

私にもよく分かりませんが正直に言えることは アマゾンのレビューをよく見ていると分かりますが、 色々な商品に対して低評価レビューをつけている人達は特に多いと思いますがもちろん建設的な意
見もあってもいいと思います。 ただ 低評価をつけられた人は本当にたまったもんじゃありません
か 特にアマゾンの転売を やっている人は低評価が気になりますね。

自分自身も電子書籍を出しているので低評価をつけられていますが それにしても本当にこの低評
価が正しいかどうか私は分かりません。

 

 

評論家気取りは何も生まない

 

 

単なる評論家気取りであれば誰だってできます。 例えばあなたが買った商品に対してその企業に 文句は言えますか?

多くの方は言えないと思いますが個人であればネットでいくらでも低評価を付けられるというの
は弱者を攻撃することはできても強者には攻撃できないということなのです。 つまり書籍に例え
るならば 個人が出している電子書籍に対してはボロカスに書く人間に対して 大手の TSUTAYAや
ジュンク堂が売っている商品に 対しては何も言わない まあこんな感じでしょう。

少なくともこれが大手企業であればクレーム になってしまうのでクレームばかり言えばスラップ
訴訟をされる可能性は大きいと思います。 ネットだから自由に書けるかもしれませんが私は自分
が 購入したものに関しては安易にレビューというものはしません。かといって美人局のようなレ
ビューもしません。

 

 

無視したらいい

 

 

いくら改善したとしてもこのようなレビューは永遠に消えることはありません。 仮にアマゾン
に削除要請をしたとしてもどうでしょうか。 削除してくれるかどうかはアマゾン次第ですが、
削除されたとしてもまた書いてきます。 本当にゾンビのようなレビューをしてくる 輩が強い
ですね。

あなたがするべきことは無視して自分のコンテンツをどんどんと発信していくということが
大事です。 人の評価はそんなに簡単に変えられませんしコントロールなんてできません。
言うならば時間の無駄ですからそんなことをやる暇があったら あなたは結果を出して 行け
ばいいのです。 悲しい人生過ごしますか、 それとも人生を謳歌するようにして 頑張りますか
それはあなた次第です。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です