電子書籍

Amazonの低評価レビューに対して思うこと

更新日

geralt / Pixabay

 

Amazon の低評価レビューについて思うことですが私自身は低評価レビューというのは本当
に痛いものだと思いますが、よっぽど悪質なレビューでない限りは気にしない方がいいと思
ってます。低評価レビューをつける人ってどんな気持ちでつけてるのでしょうか。あなたに
対して何を期待しているのでしょうか。ただ自己満足のために低評価レビューをつけている
のでしょうかそれともナルシストのような人間でしょうか私は正直わかりません。

ただ一つだけ言えることがあります。どんなにあなたが真面目に電子書籍を出したとしても
このような低評価レビューが付く場合はもはやこの人はおそらく悪意があるとして仕方がな
いでしょう。

 

 

無駄な時間を過ごす必要はない

 

 

Amazon の低評価レビューに関してはいろいろな意見がありますがあなたは低評価レビュー
に振り回されますか。私は低評価レビューというのが一番嫌いな人間ですが誰しも低評価レ
ビューというのは受けたくありません。ですが、このような低評価レビューをつけてくる輩
というのは本当にいます。どうしてその人たちは低評価レビューをつけたがるのでしょうか。

低評価レビューをつけたがる人間に共通している点はかまってほしいからなのです。普通な
らば買わなきゃいいのにどうしても買わなきゃいけない本当にこのような低評価レビューを
つけたがる人間の心理というのは私には理解できません。

 

 

悪意があるかどうか

 

 

低評価レビューと言っても悪意があるかどうかがポイントになります。あなたが電子書籍
を出した場合悪意のあるレビューのは基本的にその人が改善点を求めているということはま
ずありえません。悪意に満ちたレビューにどこが改善点があると言えるのでしょうか。人間
誰しも完璧な人はいませんし100%という言葉はありません。コツコツと頑張っている人間を
見下す人間というのは本当に猿以下でしょう。そのようなレビューをして楽しいですか。

悪意に満ちたレビューというのは必ず自分にも返ってきます。これを因果応報と言いますが私
は因果応報という言葉は自分自身がよく知っているので自分がやったことは自分に返ってくる
という言葉の上でも悪意のあるレビューはあまりしない方がいいと思います。

 

 

建設的批判のレビュー

 

 

建設的批判のレビューはまだマシです。それは改善点があるからです。こちらに落ち度があ
るとしたら改善すればまたいいレビューがつくかもしれませんがそれでもレビューが悪い場
合は何が悪いのかということを考えるべきです。建設的批判というのはまだ改善の余地があ
ると思います。それは人間的に成長しますが口うるさいレビューというのは単なる害悪にす
ぎません。あなたはどちらを選びますか。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です