レビュー

低評価レビュー実はそんなことはなかった

更新日

PublicDomainPictures / Pixabay

 

こんばんは植田雅俊です。

今日は Amazon で電子書籍を購入しましたがその電子書籍は低評価だということだったのですが、私自身が見た限りでは全く低評価に値するものではありませんでした。

「なぜこの人は低評価をつけたのだろう」

というふうに思いましたがやはり Amazon の低評価というのはあてになりません。実際に購入してしっかりと読んで自分自身が思ったことをただ書くのですから私自身今日何も書けなかったので解決策としてとある電子書籍を購入しました。

 

低評価レビューなんてあてにならない

 

 

低評価レビューをつけたがる人間の特徴というのは本当に多いですが、私が低評価を嫌うひとつの理由は可能性を潰すことにあると思います。低評価をつけた人たちはネットビジネスを本当になっているのでしょうか。私はやっていないと思います。単なる評価オタクであり本当の意味で暇な人たちではないかというふうに思っています。自分自身が思っているのはこのような洋服と評価オタクが日本中に入ると困った話ですが、まともな評価どころかきちんとしたレビューともしないでしょう。

それに売上の結果を左右することが分かっていますので私はこのようなレビューに惑わされるなっていう風にいつも行っています。レビューはあくまでも人の価値観が関わってきますのでその価値観に騙されないようにしていただきたいと思います

 

あなたが書く側に回ったらどうなるか

 

 

あなたが書く側に回るとどうなるでしょうか。あなたが電子書籍を書く側に回ると当然ながらレビューされる場合もありますのであまりいい気はしないと思います。せっかく丹精込めて書いた電子書籍が評価オタクにレビューされたいと本当にムカつきますよね。

だからこそ大事なことは物事の本質を見抜けない評価レビューばかりしている人間の言うことを信用してはいけないということです。基本はあなたのレビューはしっかりとしておくべきです。そして実際に購入して本当に役に立つのが役に立たないのかを何度も読み返しネットビジネスで実践してみてからレビューを書くという方法もあります。

 

電子書籍はレビューで買うのではなく物事の本質を見抜いてから買うこと

 

 

電子書籍を購入する時レビューで購入するということはあんまり私はお勧めしません。レビューだけの善し悪しで購入するというのであればせっかく個人作家が電子書籍を始めたところで実績のある電子書籍作家がみんな独占してしまうということになります。ですから私自身は自分が何を言われようとも基本的に電子書籍作家としていろいろな電子書籍を出し続けますが、根本的な部分としてはまずは物事の本質を見抜いてから購入することが大事だと思います。

電子書籍は確かに善し悪しはあると思いますが、最初は誰でも不完全な状態からスタートしていきます。そしてそれで成功していくからこそ人は成功するのではないかと思います。

 

レビューすることの責任

 

 

電子書籍をレビューすることの責任は非常に大きいと思います。なぜならば人の売り上げを左右するようにな電子書籍を無責任なレビューアが結構多いのでそれでもし売り上げが下がった場合著者の中には裁判をしてくる人もいるのではないかなと思います。

当然ながらこんなリスクも考えなければいけないということです。私は基本的にレビューをするのはあまり好きではありません。ですがこういったことをしっかり考えないで他人の OK 蹴落とすようなレビューをしていた場合おそらくその人は訴えられるでしょう。そんなことも知らずにベイビーをするというのは非常に強いものだと私は思っています。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です