電子書籍

Amazonで低評価レビューを書く人間の心理

更新日

mcmurryjulie / Pixabay

(2018年10月11日更新)

こんばんは植田雅俊です。

 

Amazonのレビューは購入する基準ですが本当に低評価が目立つものもあります。それらは
何を基準にしているのでしょうか。私は電子書籍をAmazonキンドル出だしていますが勿論
低評価を頂いているものもあります。

しかし本当に単なる悪口なのかそれとも改善をしてほしいのかという意味なのかはわかりません
が個人的には改善をしています。しかし今はAmazonのレビューはアメリカ並みにきびしくなって
いるので私は迂闊なレビューはしないほうがいいと思います。

 

なぜ低評価ばかりを付けたがるのか

 

Amazonで低評価を付ける人はいろいろな理由があると思いますが何よりも私が言いたいのは
その商品を使いこなしてみて気に入らないからと言って作者の悪口をレビューに書くことですね
これははっきり言えば良くないです。殆どの場合商品内容とは関係ないものが多く誹謗中傷に近いものです。勿論建設的な批判ならばそれはそれでしっかりと受け止め改善はしますが私の場合を例にあげればもはや批判ばかりでないようとは関係ないものです。

最近Amazonはレビューに対してかなり削除をしていますが全うなレビューは残っているみたい
です。まぁ当たり前ですが悪口をAmazonで書くような人間は当然削除されるわけです。

 

僻み根性などがある

 

アマゾンのレビューをしていると本当にひがみ根性のある人間が低評価レビューばかりをつけてどこか嫉妬心の塊になっていますが私はこのようなれるよというのは一番世の中で嫌いだという風に思います。なぜ嫉妬心のある人間はこのようなレビューをつけたがるのでしょうか。それはその人が全く進歩していないのかネットビジネスに関して偏見を持っているのかわかりませんが基本的に我々はネットビジネスをやっているのです。だからこそ失敗もありますし成功もあります。 Amazon Kindle でこのようなひがみ根性のレビューを持たれても私は困ります。

もちろん建設的批判であれば問題はありません。それは互いに納得して改善すればレビューも少し変わってくると思いますがひがみ根性のレビューというのは絶対に変わることありません。別にその人に合わせて電子書籍を出しているわけではありませんので私は自分自身のペースで出しています。あなたはレビューが変わるたんびに電子書籍を出しますか。私はたとえ自分の電子書籍が低評価であっても自分の考えを変えずに信じた道をひたすら突き進むだけだという風に思っています。このような低評価はテロリストよりたち悪いという風に思います

 

 

だったらあなたもやればいいだけ

 

あなたはやればいいだけです

そんなに低評価ばかりつけるんであればあなたもやればいいだけの話であって私自身は電子書籍を量産しています。それは自分のやり方であり他の人のやり方は知りませんけども電子書籍というのは量産してこそ意味があるというふうに考えます。しかし多くの人は自分のやり方が間違ってると言ってもなかなか一筋縄ではいきません。この低評価レビューをつけている人間は本当にごろつきよりたち悪いですね。どういう人間性かよく分かりませんがとにかく一つだけ言えることは低評価をつける人間がもうピンポイントに私という風に決まっているからです。

Amazon のカスタマーレビューで低評価を取り下げていただいたんですが何度も何度も書きたがるまさに低評価のテロリストんのような人間であるということは間違いありません。こういう人を許してはいけないのです。一番肝心なことは何かといえばまずは自分自身がしっかりと稼ぐということを考えなければいけないということです。電子書籍作家もどきなんていう言葉を使うのですがこれは完全なる名誉毀損にあたります。嫉妬する暇があるんだったら電子書籍を書いて自分で成績を出せばいいのではないでしょうか。私だったらそうしますけども

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

2 thoughts on “Amazonで低評価レビューを書く人間の心理”

  1. こんばんは!
    そんな酷いレビューが沢山あるの初めて知りました。
    悲しいと言うか、寂しいですね。
    本とは、書きたくないでしょうに、伝えていただきありがとうございました。

    1. ぴーちゃんさんコメントありがとうございます。

      Amazonのレビューに関しては最近は購入者しかレビューできないようになっていますが
      酷いレビューはフィードバックをすればたいていは消えています。私もキンドル本を出して
      いますが誹謗中傷のレビューなどを経験したので個人的には購入したものだけをレビュー
      すれば大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です