YouTube

Youtubeアカウント停止祭りの中で思った事

更新日

Sekinin (1)

こんばんは植田雅俊です。

YouTube アカウント停止祭りが異常にまだ続いている中で私は今回これっきりに話したことが色々ありますがこの動画で言いたかったことは YouTube の動画を作ることの大切だというよりも原点に戻ろうということでした。カズヤチャンネルの和也がアカウント停止になってからまた復活したということは昨日も書いたようにこのこの現象は正直私も分かりません。

特別扱いしてんじゃないのかなどということもあるでしょうが基本的に YouTube がどのような考えでやっているのかは我々も想像がつきませんが一つだけ言えることは我々はためになる動画を作らなければいけないということです。人から感謝される動画を作るためには何よりも自分自身がその人が何に悩んでいるのかどのようにすれば解決するのかという点を考えていけば良いのです。 YouTube は情報発信ツールです。私はそのように考えるほうが正しいです週刊誌のような考え方で情報発信をしていればアカウント停止になってしまうことは言うまでもないでしょう。

 

人に感謝される動画とは何か

 

人に感謝される動画とは何かと言えば文字通り役に立つ動画のことを指します。例えばヤフー知恵袋でもいいのでブログの記事のネタがないと言った時にどのようにすればいいかということをあなたが動画で解決するようにすればいいのです。分かりやすく答えを出すには色々とあなたなりに検索をかけたりして納得いくような答えを出すべきですが私は60%の答えでいいと思います。

相手が60%以上の答えを求めているということはありませんがただひとつ言えることは質問していることと答えとの整合性がきちんとあるかどうかの問題です。人に感謝される動画というのはやはり役に立つ動画のことを犬にさすのです。レスから役に立たない動画をいくら作ったところでそれは人に感謝される動画ではなく逆に反感を買うような動画ではないでしょうか。最近のユーチューバーはこのように人に反感を買うような動画を作っても何とも思わない連中が多いでしょう。ですがこの動画が仇となり結局のところ名誉毀損などで裁判になったケースもあります。

本当に YouTube というところがくだらない動画の集まりということが最近何かひしひしと感じてきたので私自身は人に感謝される動画をひたすら作っています

 

政治家のアカウント動画が消される

 

まさに言論弾圧といってもおかしくはないでしょうが政治系のアカウントが動画が消されるというのはどういうことでしょうか。 YouTube で政治家の事を語ってはいけないのか色々な憶測が飛んでいますが言論表現の自由がある日本でなぜこのようなアカウント停止は頻繁にあったのか私も正直わかりませんでした。ただ一つだけ言えます。あまりにも物申す系のユーチューバーが増えすぎたこと。

 

 

 

彼らが増えたせいで YouTubeの ブランドが傷ついたことは言うまでもありません。 YouTube がヘイトスピーチを許しているのかそんなところに広告は出せないと言った広告主を激怒させたことは言うまでもないでしょうが私自身はこれらの政治系のユーチューバーのアカウントが削除されるというのは別に珍しくはないと思っていますし視聴者側の視点に立てばあなたは観たいですか

おそらく半数の人は見たくはないと観たくはないと思います。ユーチューバーがここまでアカウント停止を恐れているという現実もある以上は何が面白いのか自分達は何のために YouTube を使っているのか私は不思議でたまらないですね。ネットビジネスをやってる人間から見れば中途半端な情報発信をしているようにも見えますし色々な捉え方もあるのではないかと思います。

 

規約は変わるのか

 

規約やコミュニティガイドラインには YouTube が決めることなのでこのままひどい状態が続けば変わる可能性は十分あると言えるでしょう。おそらくそのようなことになってほしくはないですが YouTube 側も特定のユーチューバーだけを贔屓するようなことはやめてほしいです。アンフェアなことばかりしているとやはり YouTube はなれを起こすだけですし個人的にも反発を免れないでしょう。

やはり YouTube が何のためにあるのかということを考えてほしいですし動画を作るということをもう一度考えなければいけないっていうところに私は来ていると思います。本当に YouTube で収益化するというのは遠い話ではありませんが基本的に言うのであればあなたのやっていることが間違っている方向に走ってしまうという可能性はなきしもあらずです。ですので私自身は間違ったことはしたくありません少しずつ少しずつ頑張って動画投稿をしていきたいと思います。

 

まとめ

 

 

YouTube のアカウント停止に思ったことはいろいろありますが今はアカウント停止祭りはまだ続いているというのが不思議でたまりませんが一つだけ言えることはこのアカウント停止祭りに便乗して YouTube が確実にアカウント停止をやってきているということです。チャンネルの規模は関係ありません YouTube が気に食わない動画と見たら即刻削除するというのが YouTube の常套手段でしょう。そうなれば釜山の動画の作り方というのを考えなければいけないのは言うまでもないですが私は基本的に収益目的というよりも自分が役に立つ動画をきちんと作っているそれはもちろんそうですがなかなか理解されないということもあります。

それでも作り続けるということは自分自身にとってやらなければいけないということなのです。ですから大事なことは何かそれは辛い動画を作り続けることが自分にとっての最大のミッションというのではないでしょうか。あなたもぜひこの機会に考えてみる必要があると思いますね

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です