木下藤吉郎(豊臣秀吉)はなぜ足軽から天下をとったのか

 

(2018年10月21日)

こんばんは植田雅俊です。

あなたも聞いたことはあるでしょう豊臣秀吉という名前、なぜ豊臣秀吉が天下を獲ったのかご存知ですか?彼はもともと足軽の子供だったはずなのにいつのまにか立身出世をしたという風に言われていますがその豊臣秀吉がどうして天下を獲ったのかということはほとんど教科書には書かれていません。

結論から言うと豊臣秀吉は忍者だったんです。豊臣秀吉はなぜここまで立身出世をしたのかということについてビジネスの観点から話していこうと思います。

 

豊臣秀吉には忍者の才能があった

 

元々木下藤吉郎という名前で生まれた豊臣秀吉は忍者の才能があったということで足軽から天下人になったということはあなたもご存知でしょうが日本の教科書ではそのことは一切掲載されていません。今の時代で言うならば平社員から社長になったようなのです。 彼を有名にしたのは墨俣一夜城というのを作ったのですが文字通りだった1日で作ったのですがこれはまさに木曽川から木を伐採して1日で作り上げたということですがこれは蜂須賀小六が有名ですね。

蜂須賀小六というのは木下藤吉郎の部下でもあったことで有名であり当然ながら蜂須賀小六の力がなければ墨俣一夜城は完成しなかったという風に言われています。たったの一日で城を完成させるというこのような 離れ業を持っているのはまさに忍者だった証でしょう。何でもこなせる秀吉にとって織田信長が気にいらないということはないでしょう。ふたりが出会ったのは 生駒吉乃という織田信長が当時不倫していた贅沢で出会ったというところですこの生駒家というのは現在も存在して子孫の方がいらっしゃるそうですが、この生駒家そのものが忍者屋敷だったという風に言われています。つまり色々な情報があつまる間者屋敷だったということです。

 

清洲城を落とした非常識な作戦とは

 

当時織田信長ですら落とすすらできなかった清洲城ですがこの清州城を簡単に落としてしまったのが豊臣秀吉だという風に言われていますが豊臣秀吉は忍者だったので石垣から簡単に登ってこの清州城をに潜入したということです。たった7人でこの清洲城を落城させたというのはすごいと思いませんか。

忍者だった豊臣秀吉のことをほとんどをも子供は知りませんが天下を獲るまでの秀吉というのはまさに苦労人だったんです。だからこそ何でもこなすということができる忍者であり、なおかつ墨俣一夜城をたったの1日で作るですから織田信長らに認められて当然だと言えます。

 

穴太衆の棟梁でもある。

 

穴太衆というのは滋賀県の大津あたりにある石工集団のことを察しますが大津市にこの穴太衆の末裔がいると言われています。一般的な城の石積みとは全く違って穴太積みというものがありますが主な城は熊本城、松本城、丹波竹田上城跡などにこの穴太積みが使われています。豊臣秀吉はこの穴太衆の棟梁としても有名な話であり滋賀県辺りでは豊臣秀吉のことを穴太衆の棟梁として語られています。ここから言えることは三つですね

1 足軽から出世した
2 忍者という 才能を活かして墨俣一夜城などを完成させる能力
3 穴太衆の棟梁

豊臣秀吉を単なる天下泰平の人というのであれば誰だって言えますがもっと良く分析すればこれだけの才能を持った人間だということがお分かりでしょう。つまりマルチにこなしていたという風に今の時代では言えるかもしれません。常に織田信長の前先にたちそして即断即決で行動をして貢献するというように彼の実績はすごいものだと私はいえます。

豊臣秀吉のような万能な人間がこの時代にいたら

 

もしこの時代に豊臣秀吉のような万能な人間がいたらどうでしょうか。ただの足軽という嫉妬心だけで終わってしまっては意味がありませんよね。だからこそ大事なのは豊臣秀吉のように努力をするということです。足軽から天下人になるということは当時はできたかもしれませんが今の時代がもっと簡単に出来るでしょう。ネット社会がこれだけ発達した今、誰もが夢を見て成功するというのは当たり前です。

木下藤吉郎は優れた才能があったわけではありませんか神社という才能があったからこそ天下を獲ったのです。 ですから豊臣秀吉という名前で有名ですが、豊臣秀吉はどちらかといえば朝鮮出兵とかそういった部分でしか報道されていない部分がありますが本当の豊臣秀吉を知ることによりどれだけ歴史の偉人が今の時代に生きていれば優れていたかということをあなたも知るべきだと思います。

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です