ノートパソコン

ノートパソコンをお探しの方はぜひこの点にこだわるといいです。

更新日

Kodawari

こんばんは植田雅俊です。

今あなたはパソコンを探していますか。それはディスクトップでしょうかノートパソコンでしょうか。どちらも悩むべきところですかやはりスペースが限られている人はノートパソコンですよね。私自身も昨年にノートパソコンを購入しましたがこのノートパソコンは楽天で購入しました。オーダーメイドのパソコンだったので少し値段は張りましたが3万円ほどで購入しました。

購入したときにいろいろ感じたのですがオーダーメイドのパソコンとはいえ元々の基本価格は1万円でした。ではパソコンを選ぶ時にどのような点に気をつければいいかということを今回はお話ししていきます。。

 

国産のメーカーが海外のメーカー

 

パソコンを使うにあたり国産のメーカーか海外のメーカーこれはどちらでもいいと思います。私自身は国産のメーカーを使っているので自分自身では使い慣れたノートパソコンを選んだのですがここは人によって色々な考え方がありますのでパソコンの選び方としてはメーカーや型番にもよりますが、やはり価格帯が若干違ってきますのであなたが使う用途に合わせて選ぶことが大事ではないかと思われます。

初心者の方が選ぶ場合はやはり国産のメーカーが良いのではないかと思われます。なぜならば国産のメーカーであれば技適マークがきちんとついてあるので安心ではないでしょうか。個人的には技適マークのついているパソコンの方が日本国内で使用できるという観点から言うならば一応は安心できるので是非国産のメーカーのパソコンを使ってみると良いと思います。

 

メインのパソコンかサブパソコンか

 

あなたがこのパソコンをメインにする場合はデスクトップのパソコンでもいいかもしれませんが場所がない場合はノートパソコンでもいいでしょう。まだタブパソコンにする場合は Chrome OS などを選ぶといいかもしれません。個人的には私はメインパソコンにしているので場所がないのでノートパソコンを選びました。メインパソコンにしている以上は値段もかなり高いノートパソコンを購入したのですがやはりそれなりに長持ちさせるようにするためには使い方をしっかりとマスターしなければいけません。

もし外出などに使うのであればサブパソコンの方がいいと思います。 Chrome OS などが一番向いているかもしれません。私自身も日本エイサーから購入した Chrome OS を使っていますがバリバリ働いています。ですので Chrome OS などを使うという方法もあります。

 

CPU とメモリは重要

 

CPU はだいたいコアアイスリーを使うといいのではないでしょうか。もちろん CPU はパソコンによって違いますので一番早ければ早いほど処理能力が高いのですが現在は第5世代の CPU コアアイファイブを使っていますので CPU を早くすればそれなりに価格が高くなるというデメリットもあります。またメモリーに関しては最低4 GB は必要です。デフォルトで2 GB しかない場合は4 GB に増設しておきましょう。なぜ私が4 GB に増設しなきゃいけないかといえば今のノートパソコンは最低でも動画処理などの編集に2ギガでは全く使い物にならないからです。

ですからグラフィックなどのかなりメモリーを食う場合は2 GB よりも4 GB 以上最低搭載しておくべきというのは言うまでもありません。CPU はオーダーメイドができるので多少値段はかかるかもしれませんがメモリーと一緒に増設しておきましょう。

 

OS は Windows 10で十分

 

OS は Windows 10で十分だと思います。 Windows 10を最初からインストールしてあるケースは多いですが Windows 7と Windows 10のリンス両方を選択するというケースもありますが迷わずに Windows 10の方をインストールするを選びましょう。これからの時代は Windows 10が圧倒的に利用されるということは言うまでもないので OS は Windows 10にするべきです。

もちろんあなたがクリーンインストールができるのであればクリーンインストールすればいいのですがパソコンの会社によってはクリーンインストールを代行してくれるところもあります。ただしそのぶん費用が結構取られますのでオーダーメイドのパソコンの会社によってはどれくらい取られるかわかりませんが色々と情報収集をしながら OS を選びをしましょう。

 

ハードディスクはHDDかSSDか

 

このハードディスクに関しては私は通常のハードディスクでもいいと思いますが容量は最低320 GB 以上は入れておくべきだと思います。このハードディスクの増設も通常のハードディスクであれば5000円ぐらいで増設できますが SSD になるとやはり値段が結構高くなりますので128 GB でも大体12000円ほどするぐらいなので静かな音で消費電力を減らすのであれば SSD はとてもいいと思います。またコストを下げたいと言うのであれば通常のハードディスクを増設するだけでもいいと思います。

この二つはどちらを選んでもやはりコストがかかってくるのは SSD の方でしょう。しかし個人的に言うのであれば SSD はこれからのハードディスクの主流になってくるのではないでしょうか。もちろん既存のハードディスクを増設するというのはいいことです。この辺りにはあなたが購入するパソコンと合わせて考えてみましょう。

 

DVD ドライブがあるかどうか

 

最近のパソコンは DVD ドライブがオプションで付いているケースがあるそうですが私はこれはつけたほうがいいと思います。通常は DVD マルチドライブと書いてありますのですべての DVD の規格に合っているというふうに考えたほうがいいと思います。またはブルーレイなどが欲しいという方はブルーレイをオプションにつけるといいかもしれません。

DVD ドライブの有無は個人的にはあった方がいいと思いますがインターネットからダウンロードをするのでいらないよという方は特に不要ではないでしょうか。

 

オフィスソフト

 

Microsoft の Word などのオフィスソフトが付属しているものですが単純に購入すれば3万円ものお金がかかるので私自身は購入はしません。 WPS Office というソフトがあればいいと思いますが通常はこの WPS Office が標準装備しているパソコンが多いので迷わずにこれを選んでおけばいいと思います。これはライセンスが 永久ライセンスなので非常にメリットがあります。

ですから大事なことは無理にマイクロソフトのオフィスを購入する必要もなければ初めからついている WPS Office を使えば別にマイクロソフトのオフィスと同じ互換性で使えるので特に必要はないかと思われます。このあたりはあなたのお好みで決めていただければ良いのではないかと思います

 

下記店舗がおすすめです

 

BTOパソコン専門店のPC-MAX

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です