マーケティング

商売の鉄則1三方良しを理解するべき

更新日

geralt / Pixabay

 

アフィリエイトには様々なノウハウがありますが基本的に商売の鉄則といえば三方良し
の法則があります。これは近江商人の考え方でありインターネットビジネスにおける三方よ
しとは、購入者、アフィリエイター、販売者の関係です。あなたはどの部分に入るでしょうか。
いずれにしてもこの三方良しの精神がなければ意味がありません。

最近のネットビジネスは自分さえよければいいという人が多いと思いますがかっこいい論理で
やるよりも正攻法でやった方が成功します。つまり日本人ならば日本人らしいビジネスの方法
をやればいいのです。

 

 

近江商人たちは相手が求めるものは何かを追求してきた

近江商人たちはてんびんの詩という映画の中で商売とは何かということを近藤大作少年が
「原点編」の中で色々と演じていますが、商売の原点は相手の視点に立ってやることが大事
です。近江商人たちは常に相手が求めていることに対してどうすれば売れるのかではなく何
を求めているのかということを真剣に考えました。

そしてその答えに対して近江商人たちは何ができるかということを考えそして答えを出しビジ
ネスを成功させたのです。今の時代に当てはめるならば顧客が何を求めているのかどんな情報
が欲しいのかということになるでしょう。あなたの価値観ではなく相手の求めている情報を常
に書く、これが近江商人たちが描いた天秤の精神ではないでしょうか。

 

 

売り込みはしない

 

 

当たり前ですが売り込みなんてしても気分のいいものではありません。売り込みをされる
と逆になんだこいつという風に思いますが最近のやり方はどうも最後に買って買ってとい
う風な感じがしますね。これはやり方自体は間違いではないですが基本的に間違っている部
分もあります。

売り込みをしてしまうとどうしても信用を失ってしまいます。ビジネスにとって信用を失って
しまうということは命よりも大事なものを失うことに匹敵するのです。先ほども語った三方良
しと言う考えは別の言い方をすれあWIN=WIN=WINということになります。つまり販売者も
アフィリエイターも購入者もみんなハッピーになれればいいというわけです。

 

 

ひたすら情報発信

 

 

今あなたがするべきことはひたすら情報発信をすることです。まだあなたが信用のない時
点でアフィリエイトをやったとしてもあまり効果がありません。どうせアフィリエイトを
するのであればある程度アクセスが集まった段階でアフィリエイトをするのがいいでしょ
う。むやみやたらにアフィリエイトリンクを貼ったとしてもそのブログはただ売り込みを
しているのかという風に思われてしまうのでやめたほうがいいと思います。

ですからまず大事なことはひたすら情報発信をしていく、良いコンテンツを書き続ければ書
き続けるほどあなたのブログにもアクセスが来てそのタイミングでアフィリエイトをするな
り情報商材を販売すればいいのです。即金ビジネスのようなブログでは意味がありません。先
程も話したように商売の鉄則は三方よしです。この精神を忘れては何も始まりません。 焦らず
じっくり頑張りましょう

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です