YouTube

YouTubeでチャンネル登録者が減る理由

更新日

geralt / Pixabay

(2018年8月12日更新)

おはようございます植田雅俊です。

YouTube でチャンネル登録者がなかなか増えないという人はいると思いますが、なぜあなたのチャンネル登録者が増えないでしょうか。理由は様々ありますが、まず一つはチャンネル登録者の属性が違うということです。あなたはネットビジネスで動画配信をしているとしてもチャンネル登録者をしたい人はおそらくあなたのコアなファンだと思います。

ネットビジネスの動画ばかりを配信しているとどうしてもあなたの元からチャンネル登録者が激減するということがないというわけではありませんが、私もこれはかつて経験したことです。あなたの方向性が間違っていなければチャンネル登録者はコツコツと増えるはずですがどこかが間違っているからこそ見直すべきではないでしょうか。

 

 

チャンネルの運営を見直す

 

 

YouTube で大事なことはチャンネル運営を見直すことにあると思います。私も一度はチャンネル運営を見直して今のようなスタイルにしましたが昔は色々な動画を投稿していました。本当に好きなことを動画に投稿していましたがそれでは自己満足の動画ばかりが増えてしまったので誰も見てくれませんでした。

当然といえば当然です 。一方通行の動画ではなく 楽しい動画面白い動画または役に立つ動画などを作るということが一番大事だと思います。 YouTube に求められていることはそれらのコンテンツはいかに役に立つかということでしょう。私の場合はネットビジネスを中心に動画をアップしていますので毎日動画をアップするというのは非常に大変ですが編集なしでやっているのでもちろんこの辺りも考慮しなければいけません。

 

 

コメント欄を開けているか

 

 

私は以前コメント欄を開けていませんでした。コメント欄を閉鎖しているとチャンネル登録者はなかなか増えません。もちろん批判コメントが強いという人はコメント欄を閉鎖してもいいと思いますがコメント欄を解放することで色々な意見が聞けると思いますので、悪質なコメントがあればブロックや削除はどうすればいいですし基本的に私は承認制にしていますので悪質なコメントは即削除します。

これらもやるかやらないかで全く違ってきますので私の場合基本的にやるべきだと思っています。コメント欄に書かれることは確かに嫌だとは思いますが現実逃避しても意味ないでしょう。ですからここでは何が言いたいかと言うとコメント欄を開放して色々なユーチューバーのコメントを聞くというのも一つの手だと思います。

 

 

チャンネル登録者の増減はある

 

 

登録する権利もあれば解除する権利もあるのがチャンネル登録者の正当な理由だと思いますが私は動画を投稿するたんびにいつも思うのですが右肩上にチャンネル登録者が上がらない理由のひとつは何かが足りないということでしょうか、そうするのであればチャンネル登録者を増やす工夫をすればいいと思っています。もちろん嫌な人には観てもらわなくてもいいですしそれでも応援してくれるという人には観て欲しいと思っています。

YouTube で動画を投稿しているがこのようなことは避けられないですしチャンネル登録者の増減というのはいつでも起こりますのであまり気にしないことが一番いいのかなという風に思います。

 

 

他のユーチューバーから学ぶ

 

 

私は他のユーチューバーからどのようにしたらチャンネル登録が増えるかということを色々参考にしながら動画を作っています。もちろん丸パクリはダメですけどもどのような動画の方向性を考えればいいのか、内容はどのようにすればいいかなど細かい部分まで考えて動画を作っていますがそれでもチャンネル登録者が減るとなればかなりダメージが大きいでしょう。 それでも諦めないという工夫が大事です。

ユーチューバーである以上あなたは収益化に向かってチャンネル登録を増やしているはずです。収益化が6月以降に診察するということになったので色々と不満もあるでしょうが YouTube で稼ぎたいのであれば是非この点に注意して動画投稿しましょう。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です