YouTube

YouTubeと著作権を考える

更新日

Kenrisingai

 

おはよう御座います植田雅俊です。

YouTube と著作権というテーマで今日はお話しさせて頂きますが、ユーチューバーをやっているあなたは著作権について考えたことがあるでしょうか。著作権侵害というのはこの世でやってはいけない重大な犯罪行為です。しかし知らず知らずのうちに著作権侵害で割ってしまうケースというのもあります。何が著作権侵害になるのかは正直わかりませんが私自身で常に動画をチェックしながらアップロードしていますがこれはブログでも同じことが言えるのではないかと思います。

ネット社会になって著作権についてのことをしっかりと覚え覚えていないというのはこれは致命傷になる可能性があると言えるでしょう。カズヤチャンネルのカズヤが Twitter の凍結の理由が著作権侵害という風に言われましたがどうやら彼の発言から推測すると自分の動画をシェアしただけにすぎないのになぜ著作権侵害なのかという風に首をかしげているそうです。アメリカの DCIM つまりミレニアム著作権法を悪用したという風に言われますかこれはある弁護士になりすましてなったといういわゆる虚偽の申告をしたという風に言われています。

しかしあくどいですね本当に、このようなことから考えられることは著作権侵害をしていない人間に濡れ衣を着せるというような悪質な人間が夜中にいるということでしょう。しかし本当に意味のわからない濡れ衣でカズヤチャンネルのカズヤはいろんな意味でとんだとばっちりを食っているのは言うまでもありません。今回は YouTube と著作権について考えてみたいと思います。

 

著作権侵害は YouTube では平気で行われている

 

1日に1億訪問の動画がアップロードされる YouTube ですがとんでもない話に著作権侵害が行われている動画は色々あります。違法アップロードの動画は見るだけでは罪には問われませんがアップロードやダウンロードしたわけか罪に問われることがあります。しかしそれでも平気でやっているということはこの世の中はいったい著作権に対する考え方がどのようになっているのかということが考えられるのではないでしょうか。私自身は著作権侵害をやったことはありませんが著作権侵害に巻き込まれたことはあります。

その時は YouTube 側に申告して削除して頂きましたが警察などに行ったところで著作権侵害のことは一切門前払いでした。また弁護士に相談したとしても知的財産に詳しいような弁護士がいないというのも致命的でしたので本当に悔しいという言った一言しか言えなかったのです。それほど日本の著作権という考え方は甘すぎます。もっと権利ビジネスをやっている人間から見れば著作権侵害がどれだけ罪の重太鼓とかって言うのを知っていただきたいのです。

著作権侵害は絶対にやってはいけないという学校教育の段階から教えていかなければ当然ですか現在は ICT 教育が進んでいる中で私自身が思ったのはもはや著作権侵害を当たり前のように侵害する子供まで増えてきたということです。それがユーチューバーであるということでしょう。

 

ユーチューバーになるということ

 

子供が憧れている職業第6位にユーチューバーがあるということですがこれは以前にも書いたようにユーチューバーになるということは著作権侵害などのリスクを背負わなければいけないということです。現在はヨーロッパデータ保護規則による13歳以下のユーチューバーはおそらく禁止されているそうですがそれでもユーチューバーになりたいという子供はたくさんいるのではないでしょうか。しかし多くの場合知らず知らずの間に著作権侵害をしてしまうというケースがあります。

私自身も著作権侵害に巻き込まれた人間ですのでどこでどのように使われているのかなんてわかりません。自分の動画がまさかコピーされて使われているなんて思ったらこんな最悪なことはないでしょう。しかしそう考えるのであれば一番取るべき手段は相手を損害賠償請求で訴えることしかないのです。時間と労力がいるかもしれませんがそうしないと自分の権利を侵害されているということには違いないということなのです。ですから大切なことは何かといえば著作権侵害されたという事実というのが残りますが YouTube はにはこのようなリスクが必ず残るということを知っていただきたいと思います。

 

過去の動画も審査対象になっている

 

おそらく YouTube は過去の動画も審査対象にしていることは言うまでもありませんが過去の動画で少しでも著作権侵害というのがあったならばコンテンツ ID に引っかかっている可能性が非常に強いです。コンテンツ ID は最近人工知能が非常に進んでいるのでその制度はものすごく上がっているのではないかと思われます。1年前と比較にならないほどの人工知能がアップしているということはどんなに誤魔化しても無駄だということではないでしょうか。私自身はとにかく著作権侵害をしないためにはどのようにするべきかというのをしっかりと考えている動画を作っていますが何よりも大切なことは過去の動画を編集したり削除したりするという方法をとっています。

もちろん削除すれば一番安全なのですがアクセスが結構伸びている動画をいきなり削除するというのは非常にもったいないなという風に感じる時もあるのです。しかしこんな時こそ削除するかしないかはその人次第ですが私自身は削除するべきだと思っています。公園こんな時にアカウント停止になんかなったらたまったもんじゃありませんよね。だからこそ勇気を持って削除するそれでアカウント停止が免れずのであればそれはそれでいいじゃないですか。自分のアカウントをが守れるのであれば YouTube は続けられることができますしコミュニティガイドライン違反になるわけではないのでとにかく著作権侵害の数は気をつけるべきですね。

 

ヘイトスピーチの動画は作るな

 

ヘイトスピーチの動画を作るとアカウント停止になりますが言論の自由と言っても誰もヘイトスピーチの動画なんて見たくはないでしょう。最近のアカウント停止祭りはこのヘイトスピーチの動画から始まったという風に言っても過言ではないですが私はヘイトスピーチは基本的に嫌いです。特定の民族を差別したりする UR 差別動画が本当になくならないのはなぜでしょうか。 YouTube 常にこのような動画がある自体が本当に迷惑ですしいい加減にしてくれという風に言いたいぐらいですが個人的な話をするならば恐らくこのような動画がなくならない背景にはいろいろな理由があるでしょう。

どんなにヘイトスピーチが減らないとはいえ YouTube 側の規制というのは今後厳しくなるというのは間違いありません。下手すると何がヘイトスピーチなのかも分からないままペナルティを食らってしまう可能性だってあります。我々はそのようなことをきちんと考えなければいけませんし著作権侵害ももちろんですが全てのルールを守らなければ YouTube からアカウント停止を食らってしまうということになります。つまりこれは二度とアカウントを作成できないと言ってるようなものです。ですからあなたがやらなければいけないことは YouTube のルールを守る最低限これはやるべきでしょう。無料のプラットホームだからといってなめてはいけません。

 

まとめ

 

著作権侵害がいかに強いかというのをご存知ですか。一歩間違えればあなたの人生を台無しにしてしまうことだってあるんです。私はそのようにならないために今回の記事を執筆しましたが本当に大切なことは絶対に著作権侵害をしない、そして著作権とは何かということをしっかりと学んでオリジナル動画を作ること、何度も私が動画で言ってるように人から感謝されるような動画を作り続けることこそが著作権侵害にはならないですし YouTube にとって感謝されるような動画を作るということにつながるのです。

著作権侵害やヘイトスピーチ、物申す系のユーチューバーなんて人から感謝されるようにも権利侵害で訴えられるほうが当然ですがリスクはあります。そんなことまでしてあなたは訴えられたいでしょうか。著作権侵害と言っても肖像権侵害もありますので当然ですがユーチューバーのトラブルというのは年々増加していますので、警察も黙っていないのは言うまでもないでしょう。個人的な意見で言うのであれば著作権侵害をしなければ問題はないのでとにかく人に感謝されるような動画を作っていただきたいと思います。

 

YouTube投稿&集客 プロ技セレクション (今すぐ使えるかんたんEx) [ リンクアップ ]

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です