電子書籍

Amazonの低評価レビュー=売れないということはない

更新日

PublicDomainPictures / Pixabay

 

Amazon の低評価レビューといえばやはり売れないという意味でもあまりつけてほしくは
ないのですが、特に Kindle を出している人は低評価レビューをつけられてしまうと売れ
ないと言われていますがその因果関係は私には分かりません。しかし人はなぜ低評価レビ
ューをつけたがるのでしょうか。

レビューとは本来内容を読むそしてどのように改善して欲しいかということを要望するのが
デビューではないでしょうか。近年アマゾンのレビューはもはや誹謗中傷レベルのレビュー
が多くなること問題になってきました。 もちろん削除したとしてもまた書くといういたちご
っこが続いていればきりがありませんね。

 

 

低評価レビューがつくということはあなたの電子書籍は少なくても売れているということ。

 

 

なぜあなたに低評価レビューをつけたがるのか考えてみてください。その人たちが低評価レビ
ューをつけたがる最大の理由はその人が電子書籍をかけないからです。私は下手くそでもいい
のでとにかく電子書籍を量産していますが自分自身に完璧など求めていないのですから低評価
レビューをつけたがる人たちに多いのは完璧な電子書籍を出せと言っているのでしょうか。

紙の本の作家であれば完全にアウトでしょが電子書籍はそんなことはありません。個人出版が
可能になった時代紙の書籍と同じような考え方をするのはいかがなものかと思います。本当に
低評価レビューをつけたがる人間は努力してるのかというふうに私は思います。

 

 

うざいレビューほどを書いている長い文章

 

 

レビューするのは人の自由ですがレビューの内容がとにかく長い何が言いたいのか私も理解
できないときがあります。 結局低評価レビューをつけたがる人に多いのは出版妨害をしてい
るのかというふうに私は感じますがそれでも自分ににとっては厄介なものだなという風に思
います。

大して得られるものはないのに、なぜか右翼のようにレビューを書く人はとんでもないなと
いう風に私は思います 。

 

 

レビューばかりする暇があったら電子書籍の一冊ぐらい書けるはず

 

 

嫌味を込めたデビューをするぐらいだったら電子書籍を一冊書けばいいのです。私自身は電子
書籍を量産していますし失敗してもいいのでまたやり直せばいいかという気持ちであれば成功
をすることもできると思います。しかし多くの人は完璧を求めすぎていますし誹謗中傷なレビ
ューをする人もいます。

その人達は足を引っ張るだけの単なる暇な人たちでしょうね。本当に真面目なレビューをし
ている人はごくわずかです。 自分勝手な意見や妄想または自己主張が強い人は本当に電子書
籍を出すと何を言い出すか分からないぐらいですが基本こういう人たちは無視するといいで
しょう。

 

 

低評価ばかりをつける人に多いのは自分で努力をしていない人ばかり

 

何度も話しますが低評価をつける人が全て悪いとは言っていません。中には建設的な批判をす
る人もいます。 しかし多くの人は他人に嫌がらせなのかどうかは分からないですが建設的な批
判よりも中身が気に入らないとか全然関係のない人格否定の言葉で言ってくるくらいですから
Amazon に削除要請をしたとしてもまた変えてくるでしょう。

このような努力をしない人間だけにはならない方がいいです。評論家気取りの暇人なんかと一
緒にされては困りますし私自身は自分が目標にしている電子書籍作家としてしっかりとした活
動をしたいのですがこのような暇人が本当にいると迷惑千万ですので相手にしないことが大事
です。

 

シークレットウェビナーをやっています。YouTubeでは話せないことなどを配信
しています。詳細はこちらから

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です