電子書籍

電子書籍からどうやって売上をあげるのか

更新日

 

 

Javier-Rodriguez / Pixabay

(2018年10月11日更新)

こんばんは植田雅俊です。

 

今では電子書籍ブームと言われていますが電子書籍= Amazon Kindle と言うイメージがありますがもちろん Amazon Kindle が電子書籍の8割ぐらいのシェアを占めていますが電子書籍はこれからどんどん増えてくるでしょう。しかし日本のマーケットの現状を見ると電子書籍に参入している人はほとんどいないと言われています。アフィリエイトはするんだけども電子書籍には参入しないこれはなぜでしょうか。

電子書籍と言うと日本では情報商材のことを意味するのでしょうか。全く違いますが日本ではこれまで無料レポートからリストを取ってきたということがありますがもはやそのやり方が通用しなくなったということを私は言いたいと思います。今の時代は Amazon の Kindle に出してリストを獲得するという手法がアフィリエイターの中でもとっている人はいます。

 

電子書籍を書くことは難しいことではない

 

電子書籍を書くと言うとどうしてもハードルが高い Amazon に出すというイメージはどこかグローバル企業の中で自分の電子書籍を出せるのかという感じですが私は非常に電子書籍は気軽に出せるものだと感じました。5年前アフィリエイトは諦めようとした時に電子書籍と出会い今では不労所得のようにある程度電子書籍でも稼げるようになりましたが、個
人的にはまだまだ進歩しないといけないということで電子書籍で稼ぐためには何が必要かということを私自身も模索しています。

Amazon Kindle で出す電子書籍の価格は99円から2万円と言われていますが大体この価格でリストが取れるのであれば利益は度外視したとしてもかなり良いのではないかと思います。電子書籍からどのようにアフィリエイトに繋げるのか非常にここが難しいと思います。

 

電子書籍でどれくらい稼げるのかは人それぞれ

 

電子書籍でどれくらい稼げるのかは人それぞれだと思います。私の場合はせいぜい稼いでも5000円から1万円ぐらいというまあ本当にアフィリエイトじゃありえないことがありますがそれでも不労所得でこれぐらいですからもっと真剣にやれば稼げるのではないかという風に思います。

しかしあくまでも電子書籍を出すという目的の一つはリストを取るということです。リストをとると言うとどうしても無料レポートを出してリストを取るという時代がありましたが現在はこれが Amazon Kindle に電子書籍を出すという形にシフトしたというだけの話なので無料レポートが有料の電子書籍にただ変わったにすぎません。ですから電子書籍を出すということは誰だってできます。そして Amazon という巨大なプラットフォームに出している以上は半永久的に稼ぐということができます。ただしメンテナンスをしていればの話です。メンテナンスをしていない電子書籍は大抵売れないそうですが私は定期的にメンテナンスをするしないを見極めてからやるようにしています。

 

アフィリエイトにどのように結びつけるのか

 

アフィリエイトにどのように結びつけるのかは人それぞれやり方が違いますが、アフィリエイトを始めた当初はあなたのことを全く知らない人が多いですか電子書籍を出したということであればあなたもトップアフィリエイターの仲間入りです。もちろん電子書籍というプラットフォームであなたが成功していればの話ですがそれでも電子書籍を出している人と出していない人では他のビジネスに関しても「どのような仕事をなされてるのですか?」と聞かれる場合圧倒的Amazon Kindle で電子書籍を出しているということを言えばあなたにとってはプラスになることが多いでしょう。

ですから電子書籍を出版するということは非常にメリットが多いのです。今までは Amazon Kindle に電子書籍を出すと言うと税金関係のことがどうしても頭の中にありましたが今はほとんどその問題もクリアになっています。もはやその問題よりもあなたがしっかりと電子書籍を出すことが最も大事ではないかと私は思います。

 

フロントエンド商品としての電子書籍

 

電子書籍の活用の方法はいろいろありますがフロントエンド商品としての電子書籍ということを考えればあなたはきっと電子書籍の使い方を色々と模索しているのでしょう。ただしブログの記事をそのまま電子書籍に出す場合はこれは NG です。 Amazon Kindle は基本的にオリジナルコンテンツではないと出版できませんのであなたがオリジナルコンテンツをしっかりと書くことをまず考えなければいけないということですね。

オリジナルコンテンツを書くということは非常に難しいかもしれませんが1万文字以上で書けば大体紙のページ数にして40ページぐらいはあると言われています。ですからまずはフロントエンド商品として電子書籍を出すということをやってみると成功しますよ。電子書籍だけでは食べられないかもしれませんがあなたのビジネスに一つブランディングができるということは確かです。参入するかしないかはあなた次第ですよ

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です