YouTube

うるさいYouTuberのコメント欄を閉鎖しました

更新日

 

こんばんは植田雅俊です。

私自身がコメント欄を閉鎖したことはサブブログでも語りましたが本当にもう早い YouTube でコメント欄をオフにしているとろくなことはなかったです。 自分がネットビジネスに関する動画を発信していても違った意見違ったコメントは分かりますが 訳の分からないコメントが本当に多くて 中にはどうしようもないマウンティングタイプの人間のコメントもありました。 そんなコメントはっきり言っていらないです。

私が YouTube の収益化なんて興味がないと言ってるやったほうがいいという新しいコメントもありましたが それは 別の話に例えるのであれば あんたのやり方は間違っていると言われているようなものです。本当に迷惑の話ですか 人のやることにいちいち口出すんじゃねーよっていう風に思いますね。 もう個人的にはコメント欄を受け付けないようにしているという風に思いますがこれでも私自身は断腸の思いでやりました。

 

アンチ対策

 

一つはアンチ対策ですが個人的にはアンチがそれほど多くはないと思いますがろくでもないアンチばかりがいても仕方がないのでネットビジネスの話が全然進みません。 私のチャンネルはネットビジネスを中心に話しているので 関係のないことをすぐに話そうとしているユーチューバーもいました。 しかしこのようなアンチは本当に増え続けているということが私にとってははた迷惑な話だったのでとにかくブロックをしても どうしようもなかったので個人的にはもはや 色々な意味でアンチ対策をやりました。

今まではコメントを許していたけどもやはりもはやに限界が来たということでアンチに関してはブロックをしたり削除したりとしていましたが それでもストーカーまがいのコメントをするバカもいたので もはやコメント欄の閉鎖というふうに決めたのです。

 

コアなファンを増やせばいいだけ

 

今の時代はそんなユーチューバーに憧れることを私は暇じゃありません。 動画作りをやっている人間として 新しいステージ 進歩しなければいけないというのは言うまでもありませんが YouTube でチャンネル登録を増やすことが そんなに楽しいのかと私は思います。 私にとってはどうでもいい話なんですよね。

なぜかといえば 自分が渾身の思いを込めて作った動画でも見透かされるようなコメントをしてくるような人間が結構多かったからです。 収益化を辞めると言った途端に あれをやれこれをやれという風に言うマウンティングタイプの人間もいますが うるせーなーって言うふうに 思うのが一般的な考えです。 チャンネル登録者700人程度の人間が何を言ってんのかっていう風に思うかもしれませんが私はそれでも増えるか増えないかは自分の動画次第だと思っています。 もちろんコメント欄は閉鎖していますがそれでも観てくれる人に対してはありがたいなという風に思います。

 

痛くも痒くもない

 

 

コメント閉鎖が痛くも痒くもないのは言うまでもありませんが別に他のチャンネルに行けばっていう風に思っています。 他のチャンネルに行って自分が気に入るまでコメントすればいいだけの話です。 私のチャンネルは残念ながらコメントはできませんし 結局コメント欄を多くにしたことが仇となって色々と時間の無駄というものを作ってしまったのが最大の原因でした。

アンチコメントやくそコメントも本当にありましたが自分もこの点を反省して しっかりとした動画を作っていくということが一番大事ではないかなという風に思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です