YouTube

うるせぇユーチューバー

更新日

うるせぇユーチューバー

最近私はユーチューバーが非常に嫌いになった時がありましたが自分のビジネスにユーチューバーが必要かと言えば別に必要ないと思っているのですが、タイトルに過激な言葉を使ったのは少し甘すぎたかなという風に感じる部分がありました。 YouTube で情報発信をしていると本当にその人達にとって役に立つ情報かなという風に思えば茶化すような人間も出てくるということなので私自身はどんなに情報を書いたとしてもユーチューバーが結局のところ私の情報に対してコメント欄で茶化してくるのでもはや私自身は10月の31日で自分のブログを含めるすべてのビジネスに関してユーチューバーを排除しました。

「うるせーユーチューバー」

動画にこのタイトルをつけた理由は本当に YouTube で情報発信をしていると色々と思うのですが収益化することしか考えない彼らとブロガーの違いがよくわかったように思います。私は非常にこの辺りが彼らとの考え方の隔たりがあるということでやはり無理かなという風に思いました。色々とユーチューバーが身勝手な情報ばかりを突きつけたり押し付けたりという風にしてマウンティングタイプの人間もいましたがもううんざりしました。とにかくユーチューバーに関して今回は色々と私が経験したことを話していこうと思います。

 

 

とにかく身勝手

 

とにかくに勝手なことばかりを言うのが ユーチューバーですが、カレラを収益化することでしか考えていませんしマネタイズをすることによって自分の地位や名誉を守ろうとしているのではないでしょうか。私のようにチャンネル登録者が少ないと擦り寄ってくる人間も必ずいますしそういう人間がまずやるというのはチャンネル登録者の増やし方や色々なアドバイスをしてくるのですがこういう人間は人間嫌いと言うほどたちの悪いやつが必ずいます。

人間地雷は必ず手のひらを返しますし思い通りにいかないと小学生のクソガキのように何でも言ってくるんです。だからこそ私はユーチューバーにならないで良かったし自分自身が収益化まで持ってくるのにどれだけ時間がかかるか分かりませんが自分のチャンネルにものすごく内政干渉してくるいわゆるアホです。本当に余計なお世話だという風に思いますし別の言葉で言うならば老害という言葉も会うのではないでしょうか。自分のチャンネルを運営しているのであれば自分で管理する私の言葉で言うならばネットの老害というふうに考えた方がいいのではないでしょうか。

 

親切心に騙されてはいけない

 

もちろんユーチューバーの中には真面目な人間もいますが中には質の悪い人間地雷のようなにやつもいます。親切心を装って近づいてきて色々とアドバイスをして思い通りにいかなければキレるこのような人間地雷が本当にいるなんて私自身も思わなかったですしもはや自分の情報発信を否定されているように感じて「もうユーチューバーと関わり合いを持たない方がいいな」ということで自分は距離を置きました。

「勝手にバカ動画を作ってろ」

私はそのようにおもっていますが、それは言うまでもなくユーチューバーにどんな情報を発信しても彼らの頭の中にあるのは収益化して自分の確固たる地位や名誉など様々でしょう。要するにプラットフォーム型依存の典型的な例です。YouTube無しではいきていけないというものではないでしょうか。

 

自分のビジネスには絶対に入れさせない

 

ユーチューバーを自分のビジネスに絶対に入れさせないようにした理由は自分のビジネスにとってユーチューバーが本当に迷惑ではありますが、全ての人を指しているわけではありませんが本当に自分にとってネットビジネスで情報発信してもこのように茶化すようなユーチューバーは私は排除していきます。私のビジネスを応援してくれるユーチューバーであれば別に構いません。それはお互い同士が切磋琢磨していけばいいわけですから情報発信としても価値はあると思います。

しかし茶化す人間ややるやる詐欺もはやこういう人間は私にとって必要はありませんしどうせやらないんだったら YouTube で一生食べていけばあっていうふうに私自身は思っています。そんな人間とあなたがビジネスをやったとしても成功するわけはありません

 

 

どんなにあんたが頑張って作った動画もこのようにしてユーチューバーにとって否定されたりするのであれば何のためにあなたが必死になって頑張って作った動画でしょうか。否定されたいっちゃかされたり一体何のために情報発信をしているのかということが疑心暗鬼に取られますが結局のところこのようなユーチューバーにとって私自身は本当に迷惑千万だったという風に思われるかもしれませんが11月になって思ったのはおちょくられたのかなという風に感じてたまりません。もうこのような人間とは関わりたくないということで私は断固として排除して行こうと思っています。真面目にネットビジネスで情報発信をしているユーチューバーは大歓迎です。その辺りは勘違いしないでいただきたいと思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です