YouTube

物申す系ユーチューバーはうざい

更新日

 

(2018年10月20日更新)

こんにちは植田雅俊です。

 

以前から物申す系ユーチューバーというのは非常に鬱陶しいなという風に思っていましたがあなたはどうでしょうか。物申す系ユーチューバーといえば色々なタイプが最近は出てきましたがもはや私にとって物申す系ユーチューバーというのは鬱陶しい存在になったとしか言えないです。いわゆる炎上商法を使って相手をディスりそして再生回数を稼ぐというこのやり方ですが今でも通用するのかどうかはわかりませんがただ規約がかなり厳しくなっている YouTube ではアカウント停止になるのは間違いないでしょう。

そもそも私はこういった類の連中が一番嫌いなのはこういう連中がいるからこそくだらない動画を作りまくってアホランキングみたいなものを作るまあそういうことをやって何が楽しいのか知らないですけども他人の不幸は蜜の味といった感じで再生回数で稼ぎまくってるような俗に言うくそチューバーといったところでしょう。

ですがもう時代がこのような連中を排除する動きは間違いなく来ています。私はこの類のユーチューバーが一番嫌いな点は先ほども書いた通りですが来年あたりはものすごく YouTube のヘイトスピーチとかがさらに厳しくなるとすれば物申す系ユーチューバーの大半がヘイトスピーチとみなされる可能性がある動画に関しては過去動画も含めて削除される危険性はあるのではないでしょうか

 

このような動画が増える背景

 

ユーチューバーの中にもこのような動画を作る類の人間がたくさんいますが YouTube の規約を読んでいるのかと私は言いたいですね。おそらく読んでいないと思いますがきちんとした規約を読まなければこういったことを行っていいかどうかぐらいは分かるでしょう。今の YouTube が2年ぐらい前と変わったのはおそらく物申す系ユーチューバーの増えすぎたことと行き過ぎた行為がまさにもたらしたことであるということは間違いないです。

問題はこういったユーチューバーをどのようにするべきかということでしょうが私は排除してほしいですね。こういうユーチューバーは本当に迷惑ですし本気で YouTube は健全化をしたいのであれば徹底的に排除するべきだというふうに考えるのが一般的でしょう。しかし YouTube 側の考えもどこかふらふらしているので私には理解できません。ですから基本的に YouTube があが最終的に決断するのであり我々は何とも言えないというところが情けないところです。

 

子供をユーチューバーにさせたいというのは幻想

 

子供をユーチューバーにするというのは別に自由ですがそれだけ責任を親が負えるかどうかが問題です。最近の子供はユーチューバーになりたいという風にありますがこのような物申す系ユーチューバーに誰がなりたいでしょうか。あなたの子供が物申す系ユーチューバーになれば誰かを傷つけてお金儲けをすると言った DQN 的な発想になるでしょう。ネット上でくだらない情報に振り回されて何かを言わなければ気が済まない 所謂勧善懲悪な人間になってしまうのです。

これだけは避けなければいけないですね。ネット上であなたが正義を振りかざしているのであればおかしな人間になってしまうということは言うまでもなく常にあなたがユーチューバーというよりも誰かから恨みを買うということもあるのではないでしょうか。チャンネル登録者が少ないうちはまだいいかもしれませんがチャンネル登録者が1000人以上になるとどうしても恨みを買ってしまうようなことだってあるのです。それは収益化ができるということですから収益化のできない人間から見れば本当に羨ましいとしか言えないですね。ですので子供がユーチューバーになるのは私は幻想的だという風に思います。

 

年々増えるユーチューバーの過激な動画

 

最近のユーチューバーを観てください。どれだけ過激な動画を作っているでしょうか。あなたは子供にそのような動画を観せたいですか。私ならそのような動画は死んでも観ないです。そんな動画を視聴したところで何の意味があるのでしょうか。子供に不良になれとでも言いたいのかという風に思いますが YouTube 側もヘイトスピーチなどの規制をしていることは間違いありませんがどこか甘いんですよ。

なぜかそういった感じが私はしますが本当に平等に行っているのかという風にうたが痛くなるのは言うまでもありませんがあくまでも YouTube 側の裁量であり我々は口出すことはできません。ですのでこのあたりに関しては何も言えないというのが現状ではないかと思います。ただ過激な動画に関しては、今後厳しくなることは間違いありません。こんな動画に収益化なんてバカじゃねえかっていう風に思いますが私はこういう動画に収益化をするべきではないと思います。

 

アカウント停止を含めた厳正な措置を

 

既に YouTube がやっているのであれば問題はないですがなかなか追いつかないでしょう。人工知能を含めたコンテンツ ID システムを入れているとはいえやはり人間が最終的に確認しなければいけない部分もあるので YouTube が全て完璧にできるということはまずありえないです。普通の動画がアカウント停止になってしまったという風になれば異議申し立てをしたとしても通らないケースもあります。こういったミスを YouTube 側が知らん顔するでしょうか。もし知らん顔をしたのであればもはや YouTube を使うべきではないですね。

物申す系ユーチューバーがなぜこのように増えたのかは言うまでもなく薬物中毒者よりもタチの悪い連中ですので私は非常にこういった連中が減ってくれれば収益化プログラムを少しは変わってくるのではないかと思いますがおそらく減らないでしょう。こんな連中が増えるからこそ規制が厳しくなりそのとばっちりが誰に帰ってくるのがわかっているのかと言いたいぐらいです。

 

YouTube は嫌われている

 

YouTube で依存症になるということがよく言われますが私の生活の中にもあなたの生活の中にも YouTube というのは必ず存在します。つまり YouTube がなければ生活ができないという風になっているということはもはや依存症になっていてもおかしくはないですね。そんな場合は私は基本的に YouTube を視聴しないようにしています。今日本も依存症対策というのはいろいろとやっている中でも子供のネット依存というのが非常に多いです。馬鹿な物申す系ユーチューバーの真似をしているやつも結構いますがそれは YouTube を通じての話です。

ですから社会問題にまで発展してもまだやるのかという風に逆に言いたいぐらいですけどもそろそろ対策を打たなければいけないのではないでしょうか。YouTube は確かに便利ですが使い方を間違えればとんでもない方向に行きますが私は物申す系ユーチューバーが嫌いです。さっさとアカウント停止しやがれという風に思います

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です