Pinterest

Pinterestをやってきて思ったこと

更新日

 

おはようございます植田雅俊です。

あなたはピンタレストをご存知でしょうか。 ピンタレストは英語圏では SNS というよりも画像の検索エンジンとして使われているということは当ブログでもお話をしてきました。当ブログではピンタレストについて色々と情報を発信していますが、当ブログのピンタレストを使っています。これまではピンタレストの基礎的な使い方の部分を説明してきましたが、今ではピンタレストは SEO 対策として色々と使えるということがわかりました。

日本ではこのピンタレストの SEO 対策といえばほとんどやっていないという風に私自身は感じていますが、ローソンをはじめとする大手企業がピンタレストを使っていると言われています
。なぜだと思いますか。それは画像だからです。ピンタレストは画像の検索エンジンだからこそ Instagram とよく比較されますが、私自身はピンタレストにいろいろとはまっているのでど
ういうことがわかったのか今日はシェアしていきたいと思います。

 

ピンタレストはクラウドとしても使える

 

ピンタレストは通常ベーシックアカウントつまり個人アカウントとして使うのであればあなた自身の写真、動画などを Google ドライブと同じクラウド上で使うという方法があります。もちろんこれには異論があると思いますが私自身が色々とテストをしてきた結果このような使い方がありますよっというのは自分自身が感じたことなので他の使い方があるとするならばピンタレストを使えばわざわざ Google ドライブなのに年会費を払う必要もないので写真の保存などはピンタレストにアップロードすればいいだけの話なのでこれはこれでいいのではないかと思います。

他にもピンタレストとは法人登録をすればアクセス解析などが使えますので WordPress のプラグインなどとうまく連携をすれば良いのではないかと思っています。

 

検索エンジン対策としてのピンタレスト

 

検索エンジン対策としてのピンタレストはやはり画像が中心でしょう。 Instagram のように画像をあなた自身が撮影してピンタレストにアップロードする、そうすることであなたの画像がフォルダーごと区分けしてそこにリンクを飛ばすという方法をやればピンタレストからのトラフィックが見込めるということなのです。

これはインス tagram にはできないことなので私自身はピンタレストで色々やってきた結果個人的にはこの方法が一番アクセスが集まるのではないかと思っています。

もちろんソーシャルシェアをやってくれればピンタレストにアクセスが集まりますので個人的にはいいのかなという風には思っていますがまだまだ実験段階中なので何とも言えません。しかしはっきり言えることはピンタレストで色々なことができるということが分かってきました。

日本では写真の著作権侵害とか色々なことが言われていますが確かにそれも問題かもしれないでしょう。ですがその場合自分の写真を使えばピンタレストでアップロードしたとしても全く問題はないと思います。

 

Amazon などのお気に入りをピンタレストに保存する

 

Amazon にはお気に入りを保存する時ピンタレストに保存するという機能があります。というよりシェアボタンですね。ピンタレストにはそれがありますので Amazon ではお気に入りリストのようなものがありますが、ピンタレストにもお気に入りリストを作って保存できますのでこれは正直メリットがあると思います。

私は時々欲しいものがあればピンタレストにお気に入りリストを作って色々と保存しますが Amazon はピンタレストのボタンがありますので個人的には使い倒しておいても問題はないでしょう。ですので Amazon を使いこなす人にはピンタレストは必須ですね。私の場合は Amazon を使いこなすので基本的にはピンタレストがあれば非常に便利かなという風に感じました。

 

あなたの YouTube などをピンタレスト保存する。

 

これは以前にも書いたようにピンタレストは YouTube などの動画も保存することができるということで本当に色々なやり方があります。 YouTube にはピンタレストのシェアボタンがありませんがピンタレストの公式サイトにはボタンがありますのでそれをつければピンタレストあなたが作った YouTube の動画をピンタレストに保存することができます。

つまりこれはどういうことかといえばバイラルマーケティングをする人にとってはピンタレストで動画を保存するということはそれらをシェアしてくれる人がいればいいのではないかというふうに思っていますがなかなかそうもいないでしょう、

以上がピンタレストの活用方法でしたがまだまだピンタレストにはない色々な使い方があります。私自身が実践してきた中でもこのピンタレストは日本に馴染まないというのが本当に不思議でたまりません。しかしあなたはこの分野に参入することでチャンスが生まれるということなのです。 Instagram をやっている反対でピンタレストをやる、もしそれで成功したらどうでしょうか。あなたはこの分野の第一任者だと言えますね。

 

英語圏のマーケッターのブログが参考になる

 

これはピンタレストを通じてですが私自身はピンタレストを通じて英語圏のマーケッターのブログを参考にしながらブログの構成などをよく考えて記事を書いたりリライトをしたりと していますがピンタレスとはまさに色々な情報が集まっている情報の宝庫といってもいいでしょう。もちろん画像の検索エンジンと言っても過言ではありませんが私自身は画像の検索エンジンの向こうにどのような情報があるかということを探しているのでアイデアを探すついでに情報を探すといった意味でも Pinterest は非常に役に立つと思います。

テキストの情報よりも画像の情報や英語圏のマーケターの情報が非常に役に立つので色々と役に立っているような情報があるならばピンをします。ですので個人的には Pinterest の使い方というのはいろいろありますが英語圏のマーケッターのブログを見てどのように自分のブログを構成していくのかという意味ではアイデアとしての Pinterest という風な位置づけになるのではないでしょうか。

 

Pinterest からのトラフィックがどのようにしてあるかを検証中

 

ピンタレストからのトラフィックがどのようにしてあるかということを現在検証中ですが、多かれ少なかれ言えることはピンタレストピンをしなければ話になりませんし正直どのようなところからアクセスが来るかということは現在 Pinterest のアクセス解析を見ながら色々と自分自身のピンタレストの部分がどのようになっているかを検証しています。

ですから個人的に言うのであればピンタレストのアクセスがブログのアクセスアップに繋がるかどうかは現在検証中ですので今のところははっきりとした答えは出せませんがただひとつ言えることは Google だけに SEO 対策を依存するのではなくピンタレストからの SEO 対策も結構期待できるのではないかなという風に私は感じています。ですからピンタレストは画像の検索エンジンですのでピンタレストを使ったトラフィック量が結構上がってくるとかなり期待できるのではないかという風に思います。

 

ピンタレストやってよかったことのまとめ

 

ピンタレストをやってよかったことはまとめというのは非常に単純ですがまず私自身は日本でほとんど行っていないということがチャンスでした。ほとんどの大物マーケッターがピンタレストをやっていないということはここにチャンスありという風に見ていいでしょう。 Pinterest を使った色々なマーケティングというのは非常に私自身も興味がありますしどのようにやればいいのかこれは非常に難しいですが少なくとも言えることはあなたが探している情報というのがある見つかるツールとして使うピンタレストは私は非常に良いと思います。

要するに使い方です。ピンタレストは使い方を間違えない限りはあなたにとってすごいツールになるという風に思ってもいいでしょう。繰り返しますがピンタレスとは SNS ではなく未来を創造するディスカバリーエンジンという風に思っていただければ結構だと思います。

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です