YouTube

いい動画を作ればチャンネル登録は自然に増える

更新日

Yoidouga

こんばんは植田雅俊です。

ユーチューバーは常にチャンネル登録を増やすことばかりを考えていますがそれはそれで大事かもしれません。しかし根本的なことを忘れてはいませんか。それは動画を作るためには何が必要かということです。そうです視聴者目線です。

しかし最近のユーチューバーは視聴者目線を忘れているのに私はがっかりしました。この視聴者目線こそが一番 YouTube で大事なことでありなおかつ人に感謝される動画を作る上では非常に大切なことだと思うのです。人に感謝される動画を作るためには何が必要か、それは数をこなしていかなければ分かりません。私もそうですしあなたもそうでしょう。

YouTube は無限の可能性を秘めています。単に収益化だけに特化した動画を作れば物申す系のユーチューバーばかりが出てきて不愉快な動画ばかりが増えてきます。そんな動画を誰が観たいと言うのでしょうか。おそらく誰も観たいという風には思わないでしょう。では YouTube で一番大切なチャンネル登録者を増やすための重要なことを今回はお話ししていきたいと思いますのでぜひこの記事を参考にしていただいてあなたもいい動画を作っていただきたいと思います。

 

視聴者目線に立って作っているか

 

これは私自身もきちんと入っていますが視聴者目線で YouTube 動画を作っているかということですが大抵のユーチューバーは自分勝手な動画を作り続けていますね。そうすれば反発の動画なんていくらでもオウム返しのようにいますし反論のコメントなんて山ほど来ます。アンチを作っているのは自業自得です。またどんなにに動画を作ったとしてもアンチができるケースもありますが婦長さん目線で動画を作っているということは常に大切なことなのです。

私自身は動画を作り続けても早5年になりますがその実績から言うと今までは自分勝手な動画を作り続けてきたというような経験がありますがチャンネル登録者はほとんど伸びませんでした。しかしどのようにすればいいのかということをずっと研究してきた時視聴者目線で考えてみようということにたどり着きました。

そうです視聴者目線が大事だということですね。こういう時こそ視聴者目線に立って何がその人にとって大事な動画なのか、何が解決できる動画なのかということを一人一人が真剣に考えて動画を作らなければいけないということになります。動画の作り方のテクニックよりも動画を歌に感動させるかということに集中した方が良いのではないかと思われます。妻に感動できない動画をいくら作ったところでむなしいものです。だからこそ私自身は動画を作り続けることでとにかく頑張っています。

 

人に感謝される動画かどうか

 

私は YouTube で何度もお話ししている通り人に感謝される動画かどうかということは一番のポイントにあげていますが、人に感謝されない動画をいくら作ったところであなたの周りにはアンチばかりがいるでしょう。1日に何本も動画を投稿してその動画を観てあなたはどう思いますか。正直うざいと思うのが普通の人間の答えではないかと思います。アンチを自分で増やしておきながら何も反省がない人っていうのは最悪ですよね。

それは人に感謝されるというより自分で自己満足な動画を単に作っているだけにすぎないのです。そんな人絶対にチャンネル登録者が仮に増えたとしてもアンチを逆に増やしていると言う逆転現象にすぎないのではないでしょうか。アンチは本当に知らず知らずの間に増えていくということは言うまでもありません。 いい動画を作っていればアンチはそれほど増えることはありませんが自己満足な動画を作っていればチャンネル登録者が仮に増えたとしても逆にアンチも増えるという情けない現象になるということです。

では良い動画を作るためには何をすればいいのでしょうか。というよりも人に感謝される動画を作るためのノウハウです。人に感謝をされるということは困ってる人を助けるような動画を作るということですが前に私自身は言っているように Yahoo 知恵袋や教えて グーにある 本当に悩んでいる人の解決策を動画にしてコンパクトにまとめると言ったことをすればいいのです。これだけでも全く違うのではないでしょうか。

童顔作りの基本というのはお客様目線です。私は動画=コンテンツビジネスと言いました。だからこそコンテンツをしっかりと作り上げて一本一本の動画にきちんと精魂を込めて作り上げるということこそが大事ではないかと思います

 

アカウント停止されるケースは様々

 

アカウント停止されるケースは様々ですが一つだけ共通している点があります。それは人に不愉快な動画を作っているという点です。もちろん YouTube 側の作業なのではっきりとしたことは言えませんがアカウント停止をされるケースとして考えられるのは物申す系のユーチューバーとか人に不愉快な動画を作ったりするユーチューバーなど常識外れのユーチューバーが必ずと言っていいほどアカウント停止を食らっているということは間違いありません。

今年はアカウント停止祭りというのがあったぐらいですから今でも続いているでしょう。しかしこの流れがずっと続くのであれば私自身は本当にこの先どうなるのかという風に気になるので自分自身でもユーチューバーとしてせっかく頑張っているのである以上は方向性をしっかりと見据えてコツコツと動画を作っていくという方向で考えていますがあなたが間違った方向へ行けば必ずと言っていいほどアカウント停止は容赦なく行ってきます。これが YouTube の怖いところです。私自身もアカウント停止寸前までいったことは何度かありましたがそれでも何とか自分の方向性を変えて今までコツコツと頑張ってきましたが今でも収益化のプログラムが変わったりしてなぜかと言っていいほど厳しくなっている現場はあります。

YouTube は年々厳しくなるといいますが来年はさらに厳しくなるでしょう。これを踏まえて言えることはこの厳しさを乗り越えるためにもいい動画を作り続けるということをしなければいけません。これが根本的に大事ではないでしょうか。

 

収益化は大事だけども

 

YouTube で収益化はもちろん大事なことですが肝心要の部分があります。それはいい動画を作り続けるということです。収益化のために動画を何でも作っていいということではなくまずはあなたがするべきことは人のために役に立つ動画を作るということではないでしょうか。人は役に立つ動画を作り続ければ必ずチャンネル登録者というのも自然に増えてきますか今のユーチューバーの大半が自分の利益ばかりを追いかけているというところが問題でしょう。

そうなると私自身はチャンネル登録者を増やすことばかりを考えているユーチューバーにとって収益化というのが一つの目標になってしまっているというのは別に悪いことではありませんがそこばかりにフォーカスしてしまうという動画が作れなくなり結局のところはろくでもない動画ばかりが残ってしまうということになります。人に感謝される動画とは何か徹底的に追求していくべきではないでしょうか。人に憎まれ口の動画をいくらで作ったところで誰も感謝なんてしません。人から感謝される動画とは何かを追求しながら収益化を目指してもいいのではないでしょうか

 

まとめ

 

人に感謝をされる動画であればあるほどチャンネル登録者というのは自然に増えていくのですが人をバカにするような動画を作ったりする人間は逆に反感や恨みを買うでしょう。ユーチューバーであれこのようなことをやっている人間はさっさとやめるべきです。子供がなりたい職業というよりもお金のため家に名誉や地位といったどうでもいいことにしがみつくようなユーチューバーは私にとっては迷惑な話ですし昨年のようなバリュー騒動を起こしたヒカルのようにはなりたくないのでやはり健全なユーチューバーとしてコツコツと頑張りたいと思っています。

あなたも健全なユーチューバーとして人から好かれるようなユーチューバーになってください。そうすれば人はあなたにチャンネル登録を自然に促すでしょうし自分自身もモチベーションが非常に上がるのではないかと思われますのでぜひ頑張ってください。

 

 

【中古】 YouTube成功の実践法則53 稼げる「動画作成テクニック」と「実践ノウハウ」 /木村博史(著者) 【中古】afb

Related Post

この記事を書いた人:植田雅俊

著述家、アフィリエイター、情報販売者

当サイトでは主にリセールライトビジネスを中心にアフィリエイトや電子書籍に関するネットビジネスに関する情報発信をしています。夢を叶えるネットビジネスライフのコンセプトは努力は絶対に裏切らないということです。努力の向こうにある成功を掴むまで諦めないというのが私のコンセプトです。その他にもサイトをマネージメントしています。AmazonKindleで電子書籍も数多く出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です